授乳期で左右の胸の大きさが違うのは授乳による胸の乳腺の発達に関係があります


授乳をすることで左右の胸の大きさが変わるのは、片方ばかりで母乳をあげていることが原因の一つとして挙げられるでしょう。
なぜなら授乳によって乳腺が刺激され、乳腺を発達させるプロラクチンというホルモンが分泌されるからです。

そのため一方ばかりで授乳をしていると吸わせている方ばかりが大きくなることが考えられます。
この偏りについての対策として、一方ばかりではなく左右同じ程度にバランス良く授乳するとよいでしょう。

一方の胸ばかりで授乳しても胸の大きさは変わるとされています

授乳をスタートさせて少し経過すると、左右の胸の大きさが変わる人もいると言います。
これはとくに珍しい変化ではありません。

基本的に女性の体は妊娠をすることで、ホルモン分泌の影響を受けて変化が生じます。
その中に胸の大きさについての変化もあり、一般的には大きくなることが知られています。

ただ出産後、授乳がスタートしてから胸の片方だけが大きくなることがあるのです。
とくに出産前から左右の大きさや形がもともと異なっている場合、授乳をしてからその違いが顕著に出ることもあります。

この原因の一つとして考えられるのが、授乳の仕方です。
一方の胸ばかりで赤ちゃんに母乳を飲ませることで起きる場合が多いと言われています。
授乳させている方の胸は大きくなり、一方飲ませない方は、形が変わらないため大きさに差が出るのです。

この理由の一つは、乳腺を発達させて母乳を作るプロラクチンというホルモンの影響と考えられています。
赤ちゃんに母乳をあげることで刺激を受け、プロラクチンが分泌されます。
このプロラクチンは母乳を分泌するために重要な働きを持っているため、乳腺を発達させる働きがあると言われているのです。

乳腺が発達すれば、バストが大きくなりやすくなります。
そのため授乳期に胸の左右で大きさを変えないようにするには、この点を考えて注意する必要があるでしょう。

片方に偏って授乳をしないようにしましょう


授乳の結果、胸の左右で大きさを変えたくないのであれば、一方ばかりで飲ませないようにすることがポイントです。
そのためバランスを取りたいなら小さいと感じる胸の方で、時には授乳することを心がけましょう。

片方ばかりで授乳したくなる理由の一つとして、母乳の出が悪いことが挙げられるのです。
そのため出が悪い方を避けたいと考える人もいるかもしれませんが、授乳をすることで乳腺を発達させれば母乳の出が良くなる場合もあります。
胸の大きさについてバランスを取りたいならば左右両方で授乳させることを心がけましょう。

また左右の違いが出て4ヶ月以上経過すると、その差が戻らないというケースもあるため注意が必要です。
2ヶ月までであれば、その差を埋められる可能性は高く、左右差を感じたら、早めに小さい方でも授乳をするようにした方がよいでしょう。

ほかにも妊娠前から左右の胸で大きさが違い、授乳によってさらに差ができてしまったというケースもあると言います。
授乳によるバストのサイズの変化が気になる場合は、両方の胸で授乳することを心がけましょう。
しかし授乳期にもっとも大切なことが育児であることについては、くれぐれも忘れてはいけません。

ブラジャーの大きさや授乳期後のケアにも気をつけましょう

胸を大きくするためには授乳以外でも注意したいことがあります。

一番注意したいのは、ブラジャーのサイズです。
ブラジャーを選ぶ際、胸が小さい方のサイズに合わせると、もう一方の胸が潰されることになります。
潰されてしまうと血流が悪くなり、乳腺を発達させるための女性ホルモンが届きづらくなる可能性があるので注意しましょう。

また老廃物を排出するためのリンパにも悪影響が出てくる恐れもあります。
こうした悪影響を予防するため、妊娠や授乳とは関係なくブラジャーのサイズは大きな胸の方に合わせ、小さい方にはパッドを入れて調整するとよいでしょう。

また授乳が終わった後のケアも忘れないようにしましょう。
授乳が終わった後は、垂れたりハリがなくなったりすることもあります。

その場合は専門サロンで育乳マッサージを行うとよいでしょう。
知識と経験豊富なプロによる育乳マッサージで、形を整えられることが期待できます。
再び胸を大きくしたいという人は検討してもよいかもしれません。

(まとめ)左右の胸の大きさが違うのと授乳期は関係があるの?

1.授乳期で左右の胸の大きさが違うのは授乳による胸の乳腺の発達に関係があります

授乳をすることでプロラクチンというホルモンが分泌されます。

これは乳腺の発達や母乳の分泌に関係するホルモンです。
乳腺が発達すると胸は大きくなるので、飲ませている側だけ大きくなることが考えられるでしょう。

2.一方の胸ばかりで授乳しても胸の大きさは変わるとされています

授乳で左右の胸の大きさが変わってくるのは、ホルモンの影響だと考えられています。

たとえば片方ばかりで授乳させられると乳腺が刺激されて、プロラクチンというホルモンが分泌されて発達するため、左右差が出ると言われているのです。

3.片方に偏って授乳をしないようにしましょう

授乳で胸の大きさに左右差を出したくないなら、片方ばかりで飲ませないことが大切です。

左右差を感じたら、小さい方の胸でも授乳させるようにしましょう。
ただ4ヶ月以上だと左右差が戻らない可能性があるため、早めの対策が必要です。

4.ブラジャーの大きさや授乳期後のケアにも気をつけましょう

授乳以外で注意したいのは、ブラジャーの大きさです。

サイズは大きい方に合わせ、小さい方にはパッドを入れるなどして調整すると胸のリンパへの悪影響を防ぐことにつながります。
また対策としては育乳マッサージを行うのもよいでしょう。