胸の大きさに遺伝も関係していますが後天的な問題も影響していると言われています


胸の大きさに対する遺伝の影響は30~40%ほどと言われています。
ほかにも後天的な原因によって、胸の大きさが変わる可能性もあるでしょう。
とくに気をつけたいのが、不規則な生活や食生活、さらにストレスが挙げられます。

そのため胸を大きくしたいのであれば、遺伝以外の後天的な問題に対しても注目した方がよいでしょう。
遺伝の影響があったとしても後天的要因を改善することで、バストアップが期待できます。

胸の大きさは遺伝が関係すると言われています

胸の大きさには遺伝が大きく関係すると考えられています。
およそ30~40%が遺伝的な要素で大きさが決まると言われているのです。

遺伝によって影響するのは、骨や筋肉だけではなく、太りやすさまで影響を与えていると考えられています。
胸の大きさは、皮下脂肪の量によって左右されます。
つまり遺伝的に太りやすい体質の人は、胸が大きくなりやすい傾向にあるでしょう。

また筋肉のつきかたも関係し、とくに胸を支える部位の一つである大胸筋の存在は無視できません。
大胸筋が発達しなければ胸が垂れやすくなるため、小さく見えてしまうことがあるでしょう。

このような遺伝的な原因で胸が小さい場合、自己流では解決が見込めません。
ただ胸の大きさは、遺伝以外にも後天的な原因により生じることもあるため、対策をすることで胸を大きくできるケースがあるのです。

後天的な要因としては、加齢・不規則な生活・乱れた食生活やストレスなど、胸の発育を阻害するさまざまなものが挙げられます。
このような後天的な原因に対して注意すれば、胸も大きくなる可能性が出て来ます。

ホルモンバランスが乱れない生活を心がけましょう


胸の発育を阻害する後天的な原因は、ホルモンバランスの分泌に影響を与えることも多いのです。
女性ホルモンのエストロゲンが胸を大きくするために必要と言われています。

しかしこのホルモンバランスはさまざまな原因により減少するのです。
そのため胸を大きくしたいのであれば、女性ホルモンが減少することへの対策を考えるとよいでしょう。

たとえば不規則な生活や睡眠不足にはとくに注意が必要です。
不規則な生活や睡眠不足によって、ホルモン分泌の指令を行う視床下部や、体のさまざまな器官をコントロールしている自律神経に影響を与えます。

結果として女性ホルモンが乱れることにつながれば、分泌量も減少する可能性があり胸が大きくなるための材料が不足するというわけです。

視床下部や自律神経の乱れはストレスの影響も強く受けると考えられています。
そのため胸を大きくしたいなら、まずは規則正しい生活を心がけ、溜まったストレスも発散していきましょう。

また食生活にも注意が必要です。
とくに過剰に絶食するなどのダイエットは、胸を育てる栄養素が圧倒的に不足します。

胸を大きくするための対策は健康的な生活ということに対しても通じます。
バストアップなどを考えるのであれば、まずはこの点に注目して対策をしましょう。

胸周辺の血流やリンパの流れを良くしましょう

後天的な原因を考えた場合、胸への直接的な改善策としてはバストマッサージなども挙げられます。
血流やリンパの流れに対してアプローチをし、胸を育てていこうという方法です。

胸を育てる女性ホルモンや栄養素も、血流がスムーズでなければ、胸に届きづらくなります。
またリンパの流れが悪い状態だと、老廃物が胸周辺に蓄積されることにつながります。
そうなれば血流にも悪影響が出てくるだけではなく、胸に老廃物が溜まることで硬くなるとも言われているのです。

胸周辺の血流やリンパのスムーズな流れを維持するためには、バストマッサージはよいと考えられています。
またバストマッサージとともに大胸筋を鍛えるエクササイズなども対策の一つになるでしょう。

大胸筋を鍛えれば血流が良くなるだけではなく、胸を育てるために必要な土台を強固にします。
また鍛えられた大胸筋によって胸が大きくなっても安定するために垂れ下がらず、形を安定させることも期待できるのです。

しかしバストマッサージをしたくても、うまく行う自信がない人もいるでしょう。
そのような人は、バストマッサージを専門に行うサロンもあるため、利用してはいかがでしょうか。

(まとめ)胸の大きさと遺伝は関係ある?

1.胸の大きさに遺伝も関係していますが後天的な問題も影響していると言われています

胸の大きさは遺伝によって大きな影響を受けると言われています。

しかし後天的な要因によって大きさも変わるので油断しないように気をつけましょう。
後天的な要因への対策をすることで、遺伝に関係なく育乳の期待ができるからです。

2.胸の大きさは遺伝が関係すると言われています

胸の大きさについて、遺伝の影響があると考えられています。

しかし胸の大きさ自体は、遺伝以外にも後天的な原因による影響も大きいことも忘れてはいけません。
胸を大きくしたいのであれば、後天的な原因への対策が重要になってくるでしょう。

3.ホルモンバランスが乱れない生活を心がけましょう

後天的な原因の多くは、胸を発達させるためのホルモンに悪影響を与えやすいものが多いです。

たとえば不規則な生活や食生活、ストレスなども、ホルモンバランスの乱れを引き起こすと言われています。
生活を見直してホルモンバランスや自律神経を整えましょう。

4.胸周辺の血流やリンパの流れを良くしましょう

バストマッサージも対策の一つになります。

胸に女性ホルモンや栄養を届けるには、血流がスムーズにする必要があるでしょう。
バストマッサージは、その流れにアプローチをすることができるからです