胸の大きさの理想は一般的にCと言われますが個人差は大きいとされています


一般的な理想の胸の大きさはCカップと言われています。

ただ、この理想のバストの大きさは個人差が非常に大きく、年齢でも変わっていく傾向があるのです。

自分が思う理想のカップ数をより小さいのであれば、対策をきちんと行う必要があります。

ポイントは乳腺の発達であり、対策を行うことで胸のカップ数を大きくできる期待が持てます。

理想の胸の大きさは人それぞれです

胸の大きさについて、一般的な理想のカップを出すのは難しいでしょう。

一般的な理想のサイズとしてCカップという人は少なくありません。

しかしこのサイズは個人差によって大きく変わると言われているのです。

たとえば年齢によっても大きく変わります。

たとえば、15~30歳程度になると、Dカップを理想のサイズと答える人が多いという傾向にあるのです。

すでにDカップ以上ですと、DやEが理想となり、それ以上大きな人では、現時点より小さなカップ数を理想とする人も出てきます。

また、年齢が30代以上になるとCカップ以下を理想にする人が多くなります。

ほかにも周囲の友達が大きければ、一般的な理想と言われるCカップだとしても、もう少し大きな胸にしたいと考える人も出てくるでしょう。

胸の大きさについて共通する絶対的な理想はないと言えるのです。

しかし、小さな人の場合はどうにかして大きくしたいと考える人もいるでしょう。

では、どうすれば理想の大きな胸に近づけられるのでしょうか。

胸を大きくする対策をすれば自分が考えている理想の胸の大きさにすることも期待できます。

大豆イソフラボンや栄養素をバランス良く摂取しましょう


胸を理想のカップ数まで大きくしたいのであれば、女性ホルモンを意識しましょう。

胸を大きくするには、単純に太って脂肪を増やすのではなく、乳腺を発達させる必要があるからです。

その乳腺を発達させるには、女性ホルモンが大切になります。

単純に太って胸を大きくしようとして暴飲暴食をするだけでは乳腺が発達せず、脂肪が胸ではなくお腹や足などについてしまうでしょう。

効率的に胸だけを大きくしたいなら、まずは乳腺を発達させることに意識を向けましょう。

そのためには女性ホルモンの分泌が活性化されるような食べ物を意識して摂ることがおすすめです。

たとえば、たんぱく質やビタミン類など胸を作るための栄養分も必要になります。

女性ホルモンの分泌をサポートする栄養素として、大豆イソフラボンがよいと言われています。

また、スムーズな血流やリンパの流れも必要でしょう。

なぜなら、女性ホルモンや栄養分は血液に乗って乳腺に運ばれるからです。

リンパも胸周辺で停滞することで血流にも影響を与えると言われています。

このような血流やリンパの問題については、バストアップマッサージが対策の1つとして期待できるのです。

バストアップマッサージで血流などにアプローチしましょう

バストアップマッサージは自分でも行うことができます。

まず、脇の下からバストの谷間、デコルテという流れでマッサージしましょう。

右の脇なら左の手を使い、左の脇は右の手でマッサージを行います。

さらに乳房の周囲に対して円を描くようにゆっくりマッサージをします。

このバストアップマッサージは1日10回を目安に行うとよいでしょう。

しかし自分だけでバストアップマッサージを行う際に注意したいのは、力を入れすぎないことです。

胸を支えるクーパー靭帯という靭帯があります。

このクーパー靭帯は頑強でないため力を入れ過ぎれば、伸びたり切れたりする可能性があるからです。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりすれば胸が垂れる場合もあるので気をつけましょう。

このようにバストアップマッサージをすることで、女性ホルモンや栄養素が乳腺に届きやすくなることが期待できます。

しかし自分で行うにはちょっと不安だという人もいるかもしれません。

また、理想の胸という面で言えば、大きさだけではなく形を気にする人もいるでしょう。

そんな人はバストアップマッサージを専門に行うサロンでの施術を検討してはいかがでしょうか。

(まとめ)胸の大きさの理想ってどれぐらい?

1.胸の大きさの理想は一般的にCと言われますが個人差は大きいとされています

一般的に胸の大きさについての理想カップは、Cが多いと言われています。

ただ、個人差が大きく、年齢や、自分のカップ数にも左右されるのです。

それでも理想のカップ数よりも小さい場合は、胸を大きくするための対策を行いましょう。

2.理想の胸の大きさは人それぞれです

胸は一般的にCカップが理想の大きさだと言われていますが、個人差で大きく違います。

年齢によっても変わりますし、自分がCカップより大き過ぎれば、もう少し小さい方が理想となる場合もあるのです。

3.大豆イソフラボンや栄養素をバランス良く摂取しましょう

理想のカップ数まで大きくしたいのであれば、乳腺を発達させることがポイントです。

その乳腺を発達させるには、女性ホルモンが重要となってくるので、分泌を活性化させるようにしましょう。

女性ホルモンの活発化に期待できるのが、大豆イソフラボンと言われています。

4.バストアップマッサージで血流などにアプローチしましょう

女性ホルモンや栄養分も乳腺に届ける必要があります。

その場合、バストアップマッサージなども、直接的なアプローチで効果的な方法です。

自分1人でもできますが、より大きな効果を期待したいならプロに行ってもらうこともよいでしょう。