妊娠中に胸の大きさなどの変化が起こる原因は女性ホルモンにあります


妊娠中の胸は女性ホルモンの影響により、約1~2カップもサイズアップし、その後1年位かけて元の大きさに戻ります。

妊娠中に大きさや形、容量などが大きく変化する胸は、妊娠中とその後のケアが重要です。

なぜならその間、酷使された胸の皮膚やクーパー靭帯は伸びやすくなっているため、産前よりサイズが小さくなったり、ハリ感がなくなったりなどといった悩みが生じやすいのです。

妊娠中大きく変化した胸にはその後のケアが大切です

産後、変貌した自分のバストに落胆して悩まれているという方は多くいらっしゃいます。

もともと、産後の胸はさまざまな理由により下垂などの悩みが生じやすいのですが、女性ホルモンが急激に減少することも悩みを引き起こす理由の一つだと言われています。

また、子育て中は何かと前かがみの姿勢をとることが多いため、リンパや血流が悪くなり、それが胸の悩みを助長していることも考えられるのです。

このことから、さまざまな理由によりダメージを受けている産後の胸には、新陳代謝を高めながらバストアップに必要な女性ホルモンや栄養の分泌を促す効果の期待できるマッサージが必要なのです。

実際、産後適切なケアを施した方と何もせずに放置されていた方では、その後の胸の状態に雲泥の差があります。

また、下垂などが酷くなった場合、元の状態に戻すのが難しくなります。

だからこそ、産後のケアは適切に行う必要があるのです。

ただ、産後の胸は傷つきやすいため、マッサージは刺激にならない程度に優しく行うことが大切です。

授乳中でも使用可能なバスト用のマッサージクリームなどを使って、毎日の継続したケアでハリ感のあるバストを育みましょう。

プロのマッサージでハリ感のある胸を取り戻します


産後の胸を以前のような豊かなバストに戻すのには継続した細やかなケアが必要になります。

しかしながら、産後は子育てに多くの時間をとられ、自分のケアに要する時間はほとんどありません。

そんな時はバストアップの専門家によるマッサージを受けることも一つの方法でしょう。

胸に関する専門的な知識を持ち合わせているプロであれば、産後に適したマッサージを受けることができるため安心です。

実際、産後サイズダウンした、ハリが失われた、左右差ができたなど深刻な胸の悩みをお持ちの女性がプロのマッサージを利用して、以前のようなハリ感のある豊かな胸を取り戻すことができたというケースもあります。

また、プロによる施術であれば、二の腕や背中に蓄積された余計な脂肪をバストに戻すことも可能です。

産前から産後にかけて急激な変化を遂げる胸には想像以上の負担がかかっているため、ある程度の影響を受けるのは仕方のないことではあります。

しかし、適切なケアを施すことで、美しい胸は取り戻すことができると言えるでしょう。

ダメージが大きい産後のバストは、プロの技術によってしっかりとしたケアを受けることがおすすめです。

産後のダメージを最小限にするためには妊娠中のケアも重要です

産後、妊娠前との違いに愕然とすることがないように、妊娠中のバストケアも怠らないよう心がけることが大切です。

妊娠中はバストサイズや形、容量が急激に変化します。

マタニティ専用のブラジャーで、乳腺が活発に成長し、敏感になっている胸を優しく支えてあげる必要があります。

また、妊娠中は胸の皮下脂肪が急激に増加してくるのです。

これにより、真皮層は断裂し、放射線状に傷のような授乳線ができます。

この授乳線は一旦できてしまうと、消すことが難しいと言われていますので、できないように保湿やマッサージを行うことが大切です。

なお、これらのケアは産後の胸を左右する重要なポイントになります。

マタニティ専用のブラジャーでクーパー靭帯を守り、マッサージや保湿によって皮膚を守ることで、産後の胸のダメージをできる限り最小限に食い止めることができるのです。

ただ、妊娠中の胸は刺激に敏感です。

必要なケアは最低限に留め、産後しっかり元の状態に戻せるように、ダメージを抑えることに重点を置いたケアを心がけましょう。

(まとめ)妊娠中、胸の形や大きさなどの変化はなぜ起こる?

1.妊娠中に胸の大きさなどの変化が起こる原因は女性ホルモンにあります

妊娠中に女性ホルモンの影響で大きさや形などが大きく変わった胸は、皮膚やクーパー靭帯が伸びてしまっている状態にあります。

その結果、産後機能を果たした胸は下垂し、形も崩れやすくなっているのです。

2.妊娠中大きく変化した胸にはその後のケアが大切です

妊娠中急激に変化した胸は産後、女性ホルモンの減少や前かがみの姿勢により、さらに胸の形状に問題が生じる場合があります。

新陳代謝を高めながら女性ホルモンや栄養の分泌を促すことができるマッサージは、ハリ感のある豊かな胸を取り戻すのに効果的となります。

3.プロのマッサージでハリ感のある胸を取り戻します

ダメージが大きいことからある程度のテクニックや継続が必要となる産後のバストケアは、出産後の女性にとって負担となるケースが多いです。

効率的かつ安全にバストアップしたいと考える方には、専門的な知識と技術を持ったプロのマッサージがおすすめです。

4.産後のダメージを最小限にするためには妊娠中のケアも重要です

産後の胸は妊娠中どれだけダメージを抑えられたかに懸かっています。

だからこそ、以前よりサイズや容量が大きくなる妊娠中の胸は優しく支えながら、皮膚を守ることが大切です。

元の状態に戻りやすいように、急激な変化から胸を守るよう心がけましょう。