胸の大きさはストレスによって左右することがあると言われています。


ストレスの有無は胸の大きさに影響を与えるとされています。

一般的に、胸の大きさを決定つける遺伝以外の要素には、冷えや生活習慣、ストレスなどが挙げられるでしょう。

これらの要素は女性ホルモンに大きな影響を与えると言われており、これが胸の大きさに影響を与えているとされているのです。

生活習慣を整え、健康的でストレスの少ない日々を過ごすことが、胸にとっては大切と言えるでしょう。

理想的な胸を育むにはストレスを軽減することが大切です

ストレスは胸の発育に影響を及ぼすと言われているため、理想的な胸を育むにはできる限りストレスのない生活を送ることが大切です。

では、このストレスがどのように胸の大きさに影響を及ぼしているでしょうか。

まず、ムリなダイエットや不規則な生活、睡眠不足、イライラなどの精神的ストレスは脳の司令塔である視床下部の障害となり女性ホルモンの分泌を阻害します。

次に、女性ホルモンの分泌が停滞すると、身体が冷える、血流が滞るなどの不調が全身に起こります。

そして、これらの不調がバストアップに必要な女性ホルモンや栄養の運搬を滞らせ、その結果、胸の発育が阻害されるというメカニズムになっているのです。

このようにストレスは直接的に胸へ作用するというわけではありません、
しかし、日常生活におけるストレスが女性ホルモンに影響することによって、胸の大きさに影響を及ぼしてしまうのです。

理想的な胸を育む上でストレスは大敵となります。

ストレスをできる限り取り除くことを意識しながら、理想的な胸を育みましょう。

女性ホルモンの働きを促すことがバストアップの基本です


胸の発育には女性ホルモンが大きく影響することから、バストアップする上で女性ホルモンのバランスを整えることは大切です。

女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える上で大切なのが、バランスのとれた食事や質のよい睡眠、適度な運動といった日々の心がけです。

女性ホルモンはデリケートなものということは、忘れてはいけません。

さらに、現代を生きる女性を取り巻く環境にはストレスも多く、日常生活や食生活も乱れがちです。

そこで、日常生活に女性ホルモンの分泌を促す習慣を取り入れることで、バストアップしやすい身体作りを心がけてみては如何でしょうか。

たとえば、リラックスできる時間を作ったり、身体を温めたりするといったことでもよいでしょう。

また、胸自体を運動させることでも女性ホルモンの分泌を促すことが可能です。

まずは、ストレスを溜めすぎないように注意しながら、食生活や睡眠といった日常生活を見なおすことから始めてみるとよいでしょう。

このような日々の心がけがバストアップしやすい身体を育むのです。

マッサージがストレスを緩和し、女性ホルモンの分泌を促します

筋肉をほぐすマッサージは血流を向上し、リンパの流れを促すことから女性ホルモンの分泌を高める効果が期待できます。

また、マッサージは自分以外の人からして貰うことで、リラックス効果が高まります。

ただ、過度なマッサージは逆効果になるため、リラックスできるマッサージというのがポイントです。

一般的に、ゆっくり呼吸できる程度の力加減でマッサージを行うのがよいと言われています。

実は、胸をマッサージするということは女性ホルモンの活性化とストレス緩和の両方の効果が期待できます。

とくにプロから受けるマッサージであれば、リラックス効果はより高まり、バストアップしやすい胸を育むことが可能です。

マッサージする際は、血流が滞ったことで溜まった老廃物を排出し、新陳代謝を高めるために脇の下やデコルテ、首すじ、背中など広範囲にわたってマッサージを行います。

また、乳腺を刺激することでも女性ホルモンが分泌されます。

リラックス効果でストレスを緩和しながら、女性ホルモンを活性するマッサージはバストアップを望む女性にとって、おすすめの方法だと言えるでしょう。

(まとめ)ストレスで胸の大きさが変わるというのは本当?

1.胸の大きさはストレスによって左右することがあると言われています。

胸の大きさを決定つける要素には、遺伝子、冷え、生活習慣、ストレスなどがあります。

そして、遺伝子以外の要素は女性ホルモンと相互に作用し合っているのです。

中でも、ストレスは女性ホルモンと密接に関係しており、そのことが胸の大きさに影響しています。

2.理想的な胸を育むにはストレスを軽減することが大切です

ストレスが女性ホルモンの分泌を阻害することによって、血流の低下や冷えといった不調が起こり、間接的に胸の大きさに影響を及ぼします。

理想的な胸を育むにはストレスを取り除くことが大切です。

3.女性ホルモンの働きを促すことがバストアップの基本です

女性ホルモンはストレスや睡眠不足など日常生活で起こり得る些細なことに左右されるほどデリケートです。

だからこそ、日常生活を見直しながら、日々の生活に女性ホルモンを活性させるような習慣を取り入れることが大切となってきます。

4.マッサージがストレスを緩和し、女性ホルモンの分泌を促します

筋肉をほぐし、リンパの流れを促すマッサージには女性ホルモンの分泌を高める効果やリラックス効果があると言われています。

また、プロの手による施術を利用してより効率的にバストアップを目指すというのも一つの方法でしょう。