胸の大きさは何で決まる、と断言はできず、さまざまな要因が考えられます


胸の大きさが決まる要因はいくつか考えられます。

そのうちの一つとして、乳腺が小さい、脂肪が少ないなどの遺伝が関係している先天的な理由が考えられます。

もう一つが、ホルモンバランスが不安定になってしまうことです。

とくにバストが発育する成長期にホルモンバランスが乱れていた場合、成長に影響が出てしまっていた可能性があります。

ホルモンバランスが乱れる原因を知っておきましょう

女性ホルモンは非常にデリケートで、日常生活の影響を受けやすいため、安定させるには健康的で規則正しい生活が大切になります。

反対に、どういった生活が女性ホルモンの乱れを生んでしまうのでしょうか。

栄養の偏った食事

忙しさやダイエットを理由に、バランスの悪い食事を摂っている場合、栄養が偏っていると女性ホルモンの分泌量が減り、バランスの乱れに繋がってしまうでしょう。

栄養バランスの取れた食事を一日三食、決まった時間に取るようにすることで、バランスの安定を図ることが期待できます。

睡眠不足

毎日忙しく過ごしていて、まとまった睡眠時間が確保できないという方もいるでしょう。

しかし睡眠の質を上げることで、短い時間で熟睡し、翌朝すっきりと目覚めることが見込めます。

また、睡眠の質を上げる方法として、以下のようなものが挙げられます。

  • 就寝前に入浴やカフェインが入っていない飲み物で体を温める
  • 部屋を真っ暗にして休む
  • 就寝前にパソコン、スマートフォンを見ない
ストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れることにより、それに影響されて女性ホルモンにも乱れが生じるでしょう。

また、ストレスを感じると男性ホルモンが刺激されやすくなり、肌荒れなど美容面の不調が現れやすくなります。

ストレスを受けないようにするというのはなかなか難しいことですが、我慢せずに発散するようにしましょう。

ホルモンバランスを整える習慣を始めましょう


ホルモンバランスが整っていると、むやみにイライラしたりすることがなくなり、肌も綺麗になったりと、あらゆる面でよい効果が現れるでしょう。

またホルモンバランスを整えるためには規則正しい生活が効果的ですが、ここでは普段の生活に取り入れたい方法を紹介します。

適度な運動

運動を行うとストレスから解放され、自律神経とホルモンバランスを整えることに役立ちます。

ハードな運動を行う必要はないため、ウォーキングやストレッチなど手軽にできることから始めてみましょう。

また、運動を行うことで疲労が体に蓄積されるため、就寝時にスムーズに入眠することができ、睡眠の質の向上にも繋がります。

禁煙

タバコには女性ホルモンの分泌量を減少させ、しばしば「美のホルモン」と呼ばれるエストロゲンをにぶらせる成分が含まれています。

エストロゲンは肌や髪を美しくする効果がありますが、失活してしまうと当然その効果が薄くなり、肌にシミができたり髪がパサパサになったりといった悪影響が考えられるのです。

喫煙している方の中でバストを大きくしたいと考えている場合は、すぐにでも禁煙を始めましょう。

30代頃からはとくにホルモンバランスに注意が必要です

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、バストの発育に関わるのがエストロゲンです。

個人差がありますが、エストロゲンの分泌量は30代頃から減少すると言われており、その頃からホルモンバランスの乱れによる症状が現れやすくなると言えるでしょう。

30代頃からはよりいっそうホルモンバランスを安定させるための生活を心がけましょう。

食事に大豆製食品を取り入れる

大豆に含まれているイソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることから、ホルモンバランスを整える効果や美肌の効果を期待できます。

毎食に一品、納豆や豆腐などの大豆製食品を加えるだけで十分な量を摂取することができるので、ぜひ取り入れるようにしましょう。

腸内環境を整える

腸内環境を整えると栄養が効率的に吸収されるようになり、効果が現れやすくなります。

そのためにも、腸内細菌を増やす発酵食品と、腸内細菌の餌となる食物繊維を摂取するようにしましょう。

腸内環境を整えると、代謝が良くなりやすく、肌も綺麗にすることに役立ちます。

(まとめ)胸の大きさは何で決まる?

1.胸の大きさは何で決まる、と断言はできず、さまざまな要因が考えられます

胸の大きさが決まる要因には、遺伝によるものと、ホルモンバランスが考えられます。

とくにバストが発達する成長期にホルモンバランスが不安定だった場合は、成長に影響を与えていた可能性があります。

2.ホルモンバランスが乱れる原因を知っておきましょう

女性ホルモンは日常生活の影響を受けやすく、安定させるには健康的で規則正しい生活が大切です。

栄養バランスの取れた食事を1日3食に良質な睡眠、ストレスの発散を心がけましょう。

3.ホルモンバランスを整える習慣を始めましょう

適度な運動の習慣は、自律神経とホルモンバランスを整えることに役立つため取り入れていきたい習慣です。

タバコには女性ホルモンの分泌量を減少させる作用があるため、バストを大きくしたいと考えている喫煙者の方はすぐに禁煙を始めましょう。

4.30代頃からはとくにホルモンバランスに注意が必要です

バストの発育に関わるエストロゲンは、30代頃から分泌量が減少すると言われています。

毎食に一品大豆製食品を加え、日頃から腸内環境を整えておくなど、30代からはいっそうホルモンバランスの安定を心がけた生活を送りましょう。