女性の胸の大きさを決定つけるのは女性ホルモンの分泌量です


実は、遺伝的要素以外で胸の大きさを決定つけるのは女性ホルモンの分泌量だと言われています。

そのため、胸の大きさは主に女性ホルモンの分泌が増える思春期から成人期に成長するとされているのです。

しかし、胸を大きくすることは、この期間でなくても行うことが可能だと言われています。

胸の大きさは年齢に関係なく、女性ホルモンの分泌をいかに促すかにかかっていると言えるでしょう。

女性ホルモンの分泌を促すケアで理想的な胸を育みましょう

成人期以降も女性ホルモンの分泌を促すケアを行うことで、理想的な美しい胸を育むことは可能だと言われています。

一般的に、女性ホルモンの分泌は18歳から20歳でピークを迎え、そこで成人期も終了します。

しかし、女性ホルモンの分泌を促すと言われているマッサージやエクササイズ、食事などを日常生活に取り入れることで、成人期以降にバストアップできた女性は少なくありません。

たとえば、バストアップする上でポイントとなる乳腺の発達を促すマッサージで胸が大きくなった方やバストアップに効果的だと言われるイソフラボンやボロンといった栄養素を積極的に摂取することで胸が大きくなった方もいらっしゃいます。

もちろん、質のよい睡眠や適度な運動、バランスのよい食事、ストレスのない生活など女性ホルモンの分泌を促す上で基本となる生活習慣も普段から意識しなければなりません。

このように、バストアップはどのような年齢であっても、女性ホルモンの分泌を促すことが大切なのです。

ただ、どの方法も偏りすぎると逆効果になりますから、適切な方法で行うように心がけるようにしましょう。

余分な脂肪を胸に流すマッサージで効率よくバストアップします


二の腕や背中についた皮下脂肪を胸に戻すマッサージで、理想的な胸を手に入れましょう。

実は、二の腕や背中の皮下脂肪は、本来なら胸にあったはずのものが流れ出したことにより定着したものだと言われています。

また、定着した脂肪の特徴として、固く凝り固まっていることが挙げられます。

しかし、これらの頑固な皮下脂肪をうまく胸に戻すことができれば、弛んだ二の腕や背中は引き締めながら、効率よくバストアップすることができるのです。

マッサージする際は、つまみ出すようにほぐしながら、胸へと流します。

皮下脂肪が固くなっている場合、痛みを伴うことがありますが、定着した脂肪を移動させるには念入りに行う必要があります。

なお、このマッサージには適度な圧力が必要ではありますが、過度になると逆効果になることがあるということを忘れてはいけません。

効率よく安全にバストアップしたいと考えるなら、専門的な知識や技術を持ち合わせたプロに依頼するというのも一つの方法です。

リンパの流れを促すことがバストアップに繋がります

リンパの流れを促すことでバストアップに必要な女性ホルモンや栄養素をしっかり胸に行き渡らせましょう。

なぜなら、女性ホルモンの分泌が正常に行われていても、リンパの流れや血流が滞っていては胸まで届けられず、せっかくの努力がムダになってしまいます。

また、リンパの流れを促すマッサージは、女性ホルモンの分泌を促すことにも繋がり、相乗的な効果が期待できます。

リンパマッサージをする際は、胸の代謝と深く関係している腋窩リンパ節の流れを促すことが大切です。

腋窩リンパ節の流れがスムーズになると、胸の細胞の新陳代謝が活発になることから、乳腺も発達しやすくなると言われています。

しかしながら、この腋窩リンパ節には姿勢や運動不足など普段の生活習慣の影響により流れが滞りやすいという問題があります。

だからこそ、日常的なケアが必要なのです。

マッサージする際は、少し痛みを感じる程度の心地よさを意識しながらマッサージすることが大切です。

リンパマッサージは基本的な知識や技術が必要になりますので、リンパの流れなどをしっかり把握した上で行いましょう。

(まとめ)女性の胸の大きさと女性ホルモンの関係性とは?

1.女性の胸の大きさを決定つけるのは女性ホルモンの分泌量です

胸の大きさは女性ホルモンの分泌量が大きく関係しているとされています。

思春期から成人期までの女性ホルモンの分泌によって、胸は大きく成長しますが、この期間ではなくとも胸のサイズアップが期待できるでしょう。

2.女性ホルモンの分泌を促すケアで理想的な胸は育みましょう

バストアップのカギを握るのは女性ホルモンの分泌量です。

女性ホルモンの分泌を阻害しないように基本となる生活習慣を送りながら、マッサージや食事、エクササイズなどで、女性ホルモンの分泌を促すように心がけることが大切です。

3.余分な脂肪を胸に流すマッサージで効率よくバストアップします

二の腕や背中についた余分な皮下脂肪を胸に戻すというやり方には、弛んだ二の腕や背中を引き締めながら、理想的な胸を手に入れることが期待できます。

ただ、マッサージする際は安全性を考慮して行う必要があり、専門的な知識や技術が必要です。

4.リンパの流れを促すことがバストアップに繋がります

バストアップに必要な栄養素や、女性ホルモンをしっかりと胸に届けるためにはリンパの流れを促すことが大切です。

また、マッサージする際は、乳腺の発達を促す効果も期待できることから、腋窩リンパ節の流れをスムーズにすることを優先するとよいでしょう。