男性の心理に女性の胸の大きさは関係ないと言われています


胸の大きな女性の方が男性は好むに違いないというのは思い込みの可能性があります。

実際、男性が好む胸のサイズは、女性がイメージしている胸のサイズよりも小さかったという研究データも残されているのです。

また、恋愛に関しても胸より性格などの要因が大きいという話もあります。

そのため胸が小さいことを過剰に気にする必要はないでしょう。

しかし、自分のために大きくしたいという女性は、バストアップを目指しても損はありません。

男性の理想とするバストサイズは女性のイメージより小さいと言われています

胸の大きさについて、男性がどのような心理で見ているのかについては個人差が大きいです。

女性の中には、男性は胸の大きな女性に好感を持っていると考える人もいるかもしれませんが、それは思い込みであることも多いでしょう。

男性が好意を持つ胸のサイズと、女性がイメージする男性が好むと思われる胸のサイズには差があると言われています。

女性としては胸が大きければ男性が喜ぶと考えられていましたが、その理想像と比べて男性が好む胸のサイズは小さい傾向にあるのです

また、男性が自分の思い描く理想のバストカップではない女性と、恋愛関係になることも珍しくありません。

胸のサイズというより、その他の容姿や性格、価値観の一致などさまざまな要素が関係することが多いと言われているのです。

そのため胸のサイズが小さいことを過剰に気にする必要はないと言えるでしょう。

このような男性の心理を踏まえて考えれば、魅力的になろうと胸をムリやり大きくするというのは考えなくてもよいかもしれません。

しかしそれでは納得できないという場合や、コンプレックスを払拭できないというのであれば、胸を大きくするための方法を知って損はないでしょう。

バストアップのために女性ホルモンの分泌を活発化させましょう


胸を大きくしたいのであれば、女性ホルモンの分泌を活性化させることを考えましょう。

女性で胸の大きさに差があるのはどうしてなのか不思議に感じる人もいるかもしれません。

そもそも胸を大きくしたいのであれば、乳腺の発達を無視することはできないでしょう。

乳腺とは母乳を作る器官であり、発達することで徐々に脂肪が集まって来ると考えられています。

つまり、乳腺を発達させることでそれを守るための脂肪を増やし、バストアップにつながるのです。

胸を大きくしようとした時、単純に太れば胸に脂肪がつくと考え、暴飲暴食をすればよいというものではありません。

脂肪が都合よく胸に集まれば大きくなる可能性はあるでしょう。

しかし、思ったところに脂肪がつかない可能性や、健康を害する恐れがあるため、太ることによるバストアップは難しいです。

そのため胸を大きくしたいのであればまず、乳腺を発達させることを考える必要があるのです。

乳腺は、女性ホルモンが乳腺に届いて発達します。

そして乳腺を守るために脂肪が集まってくると考えられるのです。

胸を大きくしたいのであれば、どのようなメカニズムによって胸が発達するのかを理解しておきましょう。

育乳マッサージをすることもおすすめです

胸を大きくするには、女性ホルモンが必要不可欠です。

ただし、20代の頃は女性ホルモンの分泌が活発ですが、30代後半から徐々にその分泌量が減っていくと言われています。

また、分泌量があったとしても、乳腺へスムーズに運ばれなければ発達しない可能性が出てきます。

女性ホルモンの分泌量が減らないようにする対策を考える場合、その1つとして生活習慣を見なおすことが挙げられるでしょう。

不規則な生活や栄養バランスの悪い食生活では、女性ホルモンの分泌に悪影響が出る可能性が高いからです。

たとえば、不規則な生活の代表格である睡眠不足では、女性ホルモンの分泌を司る視床下部へ負担を与えることになります。

また、血管の拡張や縮小の働きを調整している自律神経の乱れるにもつながると言われているのです。

血行が悪ければどんなに女性ホルモンが分泌されていてもスムーズに乳腺へ運ばれない可能性があります。

このような理由から、規則正しい生活や血行は胸の大きさにも影響を与えてしまうので気をつけましょう。

また、セルフケア以上か、もしくはもっと大きな効果を得たいという人には専門サロンの育乳マッサージもおすすめです。

育乳マッサージであれば、バストアップだけでなく、バストの形を整える効果が期待されます。

ほかにも背中を中心にこりをほぐすため、血行を良くすることもできるでしょう。

(まとめ)女性の胸の大きさを男性はどんな心理で見ている?

1.男性の心理に女性の胸の大きさは関係ないと言われています

男性は女性の胸の大きさにこだわってはいないと言われています。

また、恋愛関係になる場合も胸より性格などが大きな要因になる可能性が高いです。

それでもバストに対して理想を持っている人はバストアップの方法を知っておいてもよいでしょう。

2.男性の理想とするバストサイズは女性のイメージより小さいと言われています

男性心理では胸の大きさが女性の魅力とイコールで結ばれるということはないと考えられます。

そのためバストが小さいことを過度に気にかける必要はないと言えるのです。

しかしコンプレックスがある人はバストアップを目指すことを検討してみてもよいでしょう。

3.バストアップのために女性ホルモンの分泌を活発化させましょう

胸を大きくしたいのであれば女性ホルモンがポイントになります。

女性ホルモンによってバストが大きくなるために必要不可欠な乳腺の発達につながるからです。

単純に太るだけではうまく胸が大きくならない可能性もあるでしょう。

4.育乳マッサージをすることもおすすめです

30代になると女性ホルモンの分泌量が低下する傾向にあります。

そのため女性ホルモンの分泌が減ったり乱れたりしないようにする対策が必要になるでしょう。

日頃の生活リズムを整えることのほかに育乳マッサージなどを利用することもおすすめです。