胸の大きさについて人気のカップ数はありますが個人によってばらつきがあります


一般的に人気のある大きさや形はあるのですが、そこまで完璧にこだわる必要はないかもしれません。

なぜなら人気の大きさも、その人の年齢や現状のカップ数に大きく左右されるからです。

一般的に人気のカップ数はCですが、これは15~30代ぐらいの人はDカップの割合が多く、もっと年齢が上の人や、Dより大きな人は小さいカップ数がよいという人もいると言われています。

ただ、理想のカップ数や形を目指すのであれば、バストアップマッサージなどで調整が期待できるでしょう。

一般的にはCカップと言われています

理想とする胸の大きさは個人個人で異なりますが、一般的に人気と言われる胸の大きさはCカップです。

しかしこれは年齢や、現状の胸の大きさに左右されやすい傾向にあります。

胸の大きさについて、15~30代前半の若い女性はDカップを理想とする人が多いと言われています。

しかし50代などになると理想はCカップという人が多くなる傾向が強いのです。

また、Dより大きなカップ数の女性は小さな胸を理想としている人も少なくありません。

つまり一般的な人気のカップ数はCの傾向にありますが、圧倒的に多いというものではないのです。

たとえば、年齢が高い女性の場合、理想のバストにCカップが多くなるのは垂れることが理由の1つとして考えられます。

若い頃は豊かな胸が良かったとしても、垂れるとなればもっと小さな方が良かったと考える人もいるかもしれません。

胸が大きな人は奇異の目で見られる可能性もあり、コンプレックスになっていることも考えられるでしょう。

反対に、胸が小さい人にとってはやはり胸が大きいことにあこがれることはあるかもしれません。

しかし、バストアップをするにせよ、維持するにせよ、セルフケアは行っておくとよいでしょう。

エストロゲンの分泌を活発化させましょう


一般的に人気のカップ数まで胸を大きくしたいのであれば、まず女性ホルモンのことを知りましょう。

女性ホルモンの、とくにエストロゲンは、女性らしい体つきを作るために必要なホルモンです。

このエストロゲンが乳腺に届くことで胸に脂肪が増えると考えられています。

胸の90%は脂肪で作られているためなのですが、そこを勘違いして太ればよいと考え、暴飲暴食をするような人もいます。

しかしその方法では失敗する恐れがあるでしょう。

乳腺が発達しなければ脂肪は胸に行かず、お腹や二の腕や太ももなど、ついて欲しくない部位に集まる可能性があります。

加えて胸のカップ数は変わらず、健康を害することも考えられるため、実践しない方が無難です。

そのため人気のカップ数にしたいのであれば、女性ホルモンの分泌を活発化させる必要があるでしょう。

女性ホルモンの活発化には、今までの生活習慣を見なおすことが大切です。

夜更かしをして睡眠不足になれば、女性ホルモンを分泌する器官に負担をかけ、自律神経が乱れてストレスも溜まり、血行悪化につながることも考えられます。

食生活も胸によい栄養素が含まれた食べ物ばかりを食べるのではなく、栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。

バストケアは血行を良くすることもポイントです

バストアップや形の維持を考えるのであれば、ブラジャーにも気をつけましょう。

胸のカップ数に適したブラジャーを着用しなければ、育乳だけではなく形が崩れるなど悪影響を与えてしまう可能性があるからです。

それは胸のカップ数よりも小さくても大きくても同じです。

実際のカップ数より小さいブラジャーを使用すると、胸が締め付けられることで血行不良につながる可能性が考えられます。

反対に、カップ数よりも大きなブラジャーを使用すれば、下に垂れ下がりやすくなるため胸を支えるクーパー靭帯への負担が大きくなるでしょう。

クーパー靭帯は強靭な部位ではなく、負担が継続すると伸びたり切れたりする恐れがあるのです。

もしクーパー靭帯が伸びたり切れたりすれば、下垂が生じてしまう可能性があるでしょう。

とくに胸を大きくすることを目指す場合、クーパー靭帯や大胸筋などの支える部位についても意識を向けるとよいです。

また、胸の形が気になるという方は専門サロンのバストアップマッサージの利用を検討してみてもよいかもしれません。

ただ、バストアップのほかにバストの形を整える効果も期待できるため、おすすめです。

(まとめ)一般的な人気の胸の大きさってあるの?

1.胸の大きさについて人気のカップ数はありますが個人によってばらつきがあります

一般的な人気の胸のカップ数や形はありますが、個人によって大きく異なるのは知っておいた方がよいでしょう。

それでも人気がある、理想のカップ数や形を目指すのであれば専門家によるバストアップマッサージを試すこともおすすめします。

2.一般的にはCカップと言われています

胸の大きさについては個人個人の好みや感覚も関係しますが、一般的にはCカップぐらいがよいという傾向があります。

しかしバストアップを目指すにしても、維持するにしてもケアは欠かせないでしょう。

3.エストロゲンの分泌を活発化させましょう

現状で胸が小さく上のカップまでバストアップしたい場合、女性ホルモンのエストロゲンの活発化が重要です。

太ればよいと考えて単純に暴飲暴食をすると、胸が小さいままで太ってしまう可能性も考えられるため注意しましょう。

4.バストケアは血行を良くすることもポイントです

ブラジャーが小さいと血行が悪くなり、栄養が胸に届かない可能性があります。

また、クーパー靭帯などに負担をかけて形が崩れる恐れも出てくるため注意しましょう。

バストの形が気になる方はバストアップマッサージの専門店を利用することもおすすめします。