胸の大きさの原因は生活習慣から推測できます


胸が小さい場合、まずその原因を考えましょう。
なぜなら原因を知り対策をすることで、理想の大きさを手にいられる可能性が高くなるからです。

日常生活がどんな状態か振り返ることである程度バストアップに対して悪い生活習慣の推測が可能でしょう。
たとえば、ダイエットによる栄養不足や睡眠不足などの不規則な生活リズムなどが挙げられます。
胸が大きくないという人は、まず生活習慣から原因を推測してみましょう。

胸が小さい原因を生活習慣から推測しましょう

小さい胸の原因は共通していることが多いため、ある程度であれば推測することができるでしょう
たとえば、胸の大きさは遺伝が大きく関係していると言われています。

しかし遺伝がバストの発育に関して与える影響は約30%と言われているため、胸が小さい原因とは言い切れないでしょう。
その場合、別の要因として生活習慣から探ることができるでしょう。

なぜなら胸の発達には女性ホルモンや栄養素が大きく関係しているからです。
必要な栄養素などが足りていなければ、女性ホルモンの分泌は少なくなり、バストも発達しにくくなるでしょう。

生活習慣で胸が発達しない原因を推測する場合、不規則な生活やストレス、食事制限による過剰なダイエットをしていないかチェックしてみましょう。

なぜかというと、不規則な生活やストレスは、女性ホルモンの分泌をコントロールする器官に負担を与えることが理由の1つとして挙げられるからです。
また、過剰なダイエットをしていると栄養不足になり、胸を育てる材料を得ることが難しくなります。

このように胸が小さいと悩んでいるのであれば、生活習慣を見直して原因を推測してみましょう。

原因が判明した後は適切な対策を行いましょう


生活習慣を振り返り、原因を推測することは、自分に合った適切な対策をするためにも必要なことと言えます。
とにかく育乳によいという対策をしても、なかなか変化が見られない場合、間違ったケアを行っている可能性も考えられるからです。

たとえば、不規則な生活をしているのであれば、夜更かしをやめて早寝早起きを行い、睡眠不足を減らすなどの努力が必要です。
胸によいと言ってエクササイズを一生懸命していたとしても、過剰な食事制限まで行っていたら胸が発達する可能性は低いと言えるでしょう。

過度な食事制限をすれば、胸の脂肪も減りますし、バストアップのための材料が不足していくため、小さくなっても不思議ではないでしょう。

食事に関しては胸を作るための栄養素であるたんぱく質やビタミン類など、あるいは女性ホルモンに似た働きを持つと言われる大豆イソフラボンが含まれた食べ物を食べることでバストアップが期待できます。

ただし、胸によい栄養素が含まれた食べ物ばかり食べていても、栄養バランスが崩れる可能性があります。
そのため、食事はあらゆる栄養素をバランス良く摂り入れることが肝心でしょう。

このように原因から推測して適切な改善策を行うことで、胸が大きくなる可能性が高まるでしょう。
そのため自分の原因を考えて、適切な対策をすることが肝心なのです。

運動やエクササイズ、バストアップマッサージもおすすめです

運動不足なども、胸が大きくならない原因の1つとして推測ができます。
なぜなら、運動不足になると血行が悪くなってしまい、胸に必要な栄養分が届かない可能性も考えられるからです。

胸を大きくするということだけではなく、血行が悪いと健康全般に悪影響が出てしまう恐れがあります。
もし運動が苦手という人はウォーキングやエクササイズなどの軽い運動を行うこともよいでしょう。
また、エクササイズの中には、胸の大きさだけではなくバストが下垂することへの予防にもよいと言われています。

簡単に実践できる方法としては、大胸筋を鍛えるエクササイズで、両手を胸の前で合わせて押し合うというものがあります。
背筋を伸ばし、肘を真横に伸ばしてから、両手を胸の辺りで合わせましょう。
合わせた両手を10秒程度、強めに押し合うのです。

目安としては1日10セットぐらいを考えて行いましょう。
このエクササイズによって、胸を支える大胸筋などを鍛えることが期待できます。

また、バストアップマッサージをすることもバストアップを目指すうえでおすすめです。

バストアップマッサージを行う専門サロンなどでは、プロによって血流やリンパの流れ、あるいは形を整える施術を行います。
専門サロンのカウンセリングでバストアップに対するアドバイスを受けてもよいでしょう。

(まとめ)胸の大きさが十分ではない原因って推測できる?

1.胸の大きさの原因は生活習慣から推測できます

胸が大きくならない原因については、ある程度、推測が可能でしょう。

具体的には、生活の中に体を悪くする要因はないかと、推測を立てます。
この点をしっかり理解して要因を推測すれば、どんな対策ができるかが見えてくるでしょう。

2.胸が小さい原因を生活習慣から推測しましょう

胸が小さい原因を推測することはある程度、できるでしょう。
遺伝の影響が考えられますが、その割合は30%ほどと言われています。

ただ、遺伝以外にも原因はあるため、生活習慣から原因を推測することも大切なのです。

3.原因が判明した後は適切な対策を行いましょう

生活習慣から原因を推測した後は、生活の改善を行いましょう。
ただし、原因を推測しても改善方法が間違っていた場合結果は出ません。

生活リズムや食生活の見直しなど適切な方法を選んで実践することが大事なのです。

4.運動やエクササイズ、バストアップマッサージもおすすめです

運動不足が原因として推測できるなら、軽いウォーキングから始めるのもよいでしょう。

ほかにもエクササイズなどをすることもおすすめです。
また、バストアップマッサージもプロの施術により、状況の改善が期待できるでしょう。