睡眠時間は胸の大きさに関係します


睡眠時間が不足をすると、胸の発達に関わる成長ホルモンや女性ホルモンの分泌に悪影響が出ると言われています。

胸の発達に関係するホルモンの分泌のためには、まず早寝早起きを心がけることが大切です。

また、理想はゴールデンタイムと呼ばれる時間に眠るとよいと言われています。

しかしその時間帯に眠れなければ、入眠から最初の3時間を質のよい眠りにすることが大切と言われているのです。

睡眠は胸を大きくするホルモン分泌が大きく関係すると言われています

胸を大きくしたいのであれば、睡眠時間には注意を払いましょう。

なぜなら、睡眠時間が胸に与える影響は大きいと言われているからです。

それは胸を育てるために必要な女性ホルモンや成長ホルモンに関係することが理由の1つです。

女性ホルモンや成長ホルモンは乳腺の発達に関係があると言われています。

ただし、この2つのホルモンは睡眠に影響を受けると考えられており、質のよい眠りでなければ、乱れたり分泌量が減ったりなどの問題が生じる可能性が考えられるでしょう。

夜の22時~2時は睡眠のゴールデンタイムとも呼ばれており、女性ホルモンや成長ホルモンが活発に分泌される時間帯と言われています。

ただ、ゴールデンタイムに関しては異なる指摘もあり、違う時間帯であっても質のよい睡眠であればよいと言われていることも知っておきましょう。

どういうことかというと、睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠という、浅い眠りと深い眠りが交互に繰り返すと言われています。

そして成長ホルモンなどが活発に分泌されるのは、最初の3時間のノンレム睡眠時と考えられているのです。

そのため、最初の3時間で質のよい眠りになればゴールデンタイムにそれほどこだわる必要はないという考え方なのです。

しかし、22時~2時に眠るというのは、早寝早起きという観点で言えば決して悪いとは言えないでしょう。

どちらにしても、胸を大きく育てたいのでしたら睡眠時間は重要なポイントになると考えておいた方がよいのです。

質のよい睡眠のためにはお風呂の入り方が大切です


質のよい眠りをして、十分な睡眠時間を取るために体温にも意識をしましょう。

これは睡眠のメカニズムが関係しています。

なぜなら人間は体温が下がらないと、眠りに入れないと考えられているからです。

このメカニズムを踏まえた上で対策を考えるのであれば、まずお風呂による方法があります。

お風呂に入ると体は温まるのですが、それから徐々に体温が下がっていくことを利用するのです。

そのためスムーズに眠りたいのであれば、入眠の1時間前くらいまでに入っておくとよいでしょう。

ただし、お風呂の温度が42度以上になると刺激が高まり、活動的な時に優位となる交感神経が優位となるのは注意したいところです。

交感神経とは自律神経の1つで、一方はリラックス時に優位となる副交感神経があります。

適度な温度のお風呂に入ると副交感神経が優位になるため、リラックスして眠りに入りやすいと考えられています。

また、寝室の環境も睡眠時間に影響を与えるので注意しましょう。

なぜなら汚れた部屋や、洗濯も干してもいない布団は不衛生なため、気持ちよく眠れない可能性が高くなるからです。

ほかにも音や光などは眠りを邪魔し、睡眠時間を短くする要因となります。

このように睡眠にとってよりよい環境づくりは、質のよい十分な睡眠時間を確保するために必要な対策と言えるでしょう。

規則正しい生活をすると体内リズムが整います

質のよい睡眠と睡眠時間は女性ホルモンや成長ホルモンの分泌に影響するのですが、なかなか眠れないという人も中に入るでしょう。

その場合、不規則な生活が原因の1つになっている可能性があります。

不規則な生活をすることで、体内リズムが狂ってしまい、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌に悪影響を与えるだけではなく、寝付きを悪くする原因になるのです。

それを改善する方法として、朝に太陽の光を浴びることをおすすめします。

太陽の光を浴びると、体内時計に影響を与えて体内リズムをリセットすると考えられているからです。

人間は古来より光を浴びることで朝を感じて活動的になり、太陽が沈むと眠りに入るというリズムで1日を過ごしていました。

その体内リズムは現代人にもあり、眠りを誘発させるメラトニンというホルモンの分泌が関係していると言われています。

メラトニンは目覚めてから14~16時間後に体内リズムに合わせて分泌されると考えられています。

このメラトニンも体温を下げて、眠りに入りやすい状態にする働きがあると考えられているのです。

そのため不規則な生活をしていれば、メラトニンの分泌にも影響が現れることがあります。

今の状態をリセットして、よりよい眠りのリズムを作ることが大切と言えるでしょう。

(まとめ)胸の大きさと睡眠時間は関係する?

1.睡眠時間は胸の大きさに関係します

女性ホルモンや成長ホルモンの分泌に大きな影響を与えるのが、睡眠です。

そのため質のよい睡眠を心がけることが重要です。

早寝早起きや、眠りに入ってから3時間の睡眠の質が大事になります。

2. 睡眠は胸を大きくするホルモン分泌に大きく関係すると言われています

睡眠は胸の発達に大きく関係して来ます。

それは胸を発達させる女性ホルモンなどに睡眠不足などが悪影響を与えることが考えられるからです。

基本的にはゴールデンタイムや、眠り始めの3時間の睡眠を大事にしましょう。

3.質のよい睡眠のためにはお風呂の入り方が大切です

質のよい睡眠をするためには、体温にも注意したいところです。

睡眠前の1時間前くらいまでにはお風呂へ入ること、高すぎる温度で入浴することをしないように注意しましょう。

ほかにも寝室の環境も眠りやすいものにした方がよいのです。

4.規則正しい生活をすると体内リズムが整います

眠れないのであれば不規則な生活になっている可能性があります。

規則正しい生活をすることで、体内リズムや睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンの分泌によい影響を与えることが期待できるのです。