胸の大きさが生まれつき遺伝する確率は30%程度と言われています


胸の大きさを作る要因の30%程度が遺伝と言われており、70%はそれ以外の予想にあると言えるでしょう。

たとえば、食事や運動、規則正しい生活などの生活習慣によっても女性ホルモンの分泌、バストケアによる影響などで胸の大きさが変わるとされています。

親子で顔が似ることはよくありますが、胸の大きさが親子揃って大きいという場合には、遺伝だけでなく胸の発育によい生活習慣も関係していると言えます。

胸の大きさは遺伝よりも生活習慣で決まると言えます

女性の胸の大きさは70%が遺伝以外の原因から決まると言われています。
遺伝のために生まれつき胸が大きくなる、また胸が小さくなるという可能性よりも毎日の食事や生活習慣で胸の大きさが決まる可能性の方が高いとされています。

そのため、家族に胸の大きい方がいないという場合でも努力することによって充分に胸は大きくできると言えるでしょう。

身長が伸びる10代の成長期頃に女性の胸も大きく成長します。
成長ホルモンの分泌によって成長期に身長が伸びるように、女性ホルモンの分泌が促進されることで胸が成長すると言われています。

成長期に女性ホルモンのエストロゲンによって乳腺が作り出されると徐々に胸が大きくなり始め、その乳腺を守るように周りに脂肪がついて胸が大きくなると言われているのです。

成長期に乳腺の発達を促すエストロゲンは、それ以外にも肌や髪にハリとツヤを与える働きや女性らしい身体つきを作る働きをするとも言われる重要な女性ホルモンです。

育乳効果と健康的な美しさのためには、エストロゲンの分泌を促すためにたんぱく質が多く含まれた食事や睡眠を充分にとり、ストレスを溜めない生活を送ることがよいとされています。

胸は成人してからでも大きくすることが可能と言えます


胸が大きくなる時期に個人差はありますが大体初潮のくる1年前位からと言われています。
初潮がきてから3年間かけて徐々に乳腺が発達していき、まだ胸がかたい状態で大きくなっていくのです。

それから少しずつ胸に脂肪がつき始めることで、やわらかく大きくなり大人の女性の胸へと変わります。
また10代の成長期が過ぎても女性ホルモンの分泌は増え続けていて、20歳頃が分泌量のピークになると言われています。

この女性ホルモンには胸を大きくする働きがあるため、じつは成長期をすぎてからでもまだ胸が大きくなる可能性があるのです。

個人差はありますが人によっては30代以降でも、胸が大きくなる方もいると言われています。
年齢に関係なく女性ホルモンの分泌を促すように生活習慣に気をつけることで、育乳が期待できるといいます。

乳腺を発達させる働きをするエストロゲンに良く似た働きをすると言われているのが大豆製品に含まれるイソフラボンです。

女性ホルモンの分泌量を補うために納豆や豆腐を食生活へ取り入れたり、女性ホルモンや身体の細胞をつくる元になるたんぱく質をしっかり摂取したりなど、日々の食事に気をつけることで成人してからでも胸を育てることができると言えます。

美しい胸を維持できるようなバストケアも大切です

乳腺は乳腺マッサージなどで滞りがちなリンパの流れを改善することでも発育が促されます。

血行やリンパの流れが促進されると自律神経が安定して、女性ホルモンがバランスよく分泌されるようになるのです。
この女性ホルモンの働きで胸が大きくなると言われているので、胸のマッサージは時期などに関係なく胸に直接働きかけることができるケア方法と言えます。

またマッサージでは胸からはみ出ていた脂肪を適度に移動させることによって、胸のサイズアップを期待することもできるでしょう。
また、マッサージ以外にも美しい胸を保つためには気をつけておきたい点があります。

それはクーパー靭帯についてです。
胸は乳腺とその周りにある脂肪をクーパー靭帯が支えているため、美しく上向きの形が保たれています。

クーパー靭帯は胸の重さや走ったときの胸の揺れなどでかかる負担から靭帯が伸びてしまうことがあり、加齢によっても伸びが生じることがあるのです。
もしクーパー靭帯が伸びて胸を支える力がなくなると下垂して胸が小さく見えるようになります。

クーパー靭帯は、一度伸びるともとに戻ることができないので、胸の大きさや形を保つためにはクーパー靭帯を守りバストの形が崩れないようにすることが大切と言えます。

そのため、育乳ブラなどの胸に合ったブラジャーをつけることなども意識してみてよいかもしれません。

(まとめ)胸の大きさは生まれつき決まっているの?

1.胸の大きさが生まれつき遺伝する確率は30%程度と言われています

胸の大きさを作る要因は30%が遺伝と言われています。
胸の大きさには食事や運動などの生活習慣や女性ホルモンの分泌などが影響しているため、遺伝はそれほど大きく影響していないとも言えます。

2.胸の大きさは遺伝よりも生活習慣で決まると言えます

胸の大きさは70%が遺伝以外の原因で決まると言われているので、家族に胸の大きい方がいなくても胸を大きくすることが可能です。

女性ホルモンのエストロゲンが胸を大きくするため、エストロゲンの分泌が促されるような生活を送るといいとされています。

3.胸は成人してからでも大きくすることが可能と言えます

胸が大きくなる時期は成長期の初潮のくる1年前位から4年間がピークと言われています。

ただ成長期が過ぎても胸を大きくする働きをする女性ホルモンの分泌は20代位まで増加し続けるため、成長期のあとにも胸が大きくなる可能性があるのです。

4.美しい胸を維持できるようなバストケアも大切です

乳腺は乳腺マッサージなどでリンパの流れを改善したり胸からはみ出ている脂肪を移動させたりすることで、サイズアップが期待できると言えます。

胸の大きさや形を維持、改善するためには育乳ブラなどをつけることもおすすめです。