ホルモンバランスが崩れていると胸の大きさや生理痛に影響がでる場合があります


生理痛には下腹部の痛みだけでなく腰痛や頭痛、胸の痛みなどさまざまなものがあります。
生理時には女性ホルモンなどのホルモンバランスが大きく変わると言われていて、ホルモンバランスが崩れることで、生理痛がひどくなることもあります。

また胸が大きくなるためには女性ホルモンの働きが影響しているともいわれ、ホルモンバランスの崩れは胸の大きさにも影響するといえるでしょう。

生理痛にはプロスタグランジンというホルモンも影響しています

生理中だけでなく生理の前に胸などに痛みを感じるという場合があります。
また生理前には情緒不安定になりやすいと言われますが、このような心身の変化には女性ホルモンのプロゲステロンが影響しています。

プロゲステロンは排卵後に分泌量が増え、子宮内膜や乳腺の周りに水分を溜めて妊娠しやすい身体をつくるホルモンです。

生理前に身体に水分を溜め込む働きで胸がはって大きくなると、そのときに胸に痛みが生じたり身体がだるくなったりすることもあると言われます。

生理が始まると今度は子宮内膜から経血を出すために子宮を収縮する働きのあるプロスタグランジンというホルモンが分泌されます、
このプロスタグランジンの分泌量が多くなりすぎると子宮の収縮が強すぎて下腹部や腰に強い痛みが生じたり、吐き気や冷えなどが生じたりすることもあります。

生理時に日常生活に支障がでるほどの痛みや不調が生じている場合には、ストレスなどによる自律神経の乱れや血行不良が原因で生じる「月経困難症」の可能性があるでしょう。

その場合は、早めに医師に相談して鎮痛剤や低用量ピルなどの薬を処方してもらうと安心でしょう。
また、辛くならないように改善するためには、規則正しい生活でホルモンバランスを整えるようにする必要があります。

胸の大きさには女性ホルモンが大きく関係しています


胸が大きくなるためには女性ホルモンの働きが重要と言えます。

生理前に女性ホルモンのプロゲステロンが分泌されることで胸が大きくなるのは一時的なむくみと言えますが、生理が終わってからは女性ホルモンの中のエストロゲンが分泌されてプロゲステロンとは異なる働きをするのです。

エストロゲンは通称「美人ホルモン」とも呼ばれる、美しい肌や髪の毛、女性らしい身体をつくる働きをするホルモンです。

またエストロゲンは胸を構成する大切な組織「乳腺」を刺激して発達を促す働きをするので、エストロゲンの分泌が活発なときにはその働きで乳腺が発達して乳腺を囲む脂肪も増加するため胸が大きくなると言えます。

ストレスが溜まる生活や不規則な生活を送っていると、自律神経が乱れてホルモンバランスが乱れるようになるため、エストロゲンの分泌が抑制されて胸の発達が妨げられる可能性があります。
ホルモンバランスの崩れは、生理痛の症状を重くするだけでなく胸があまり大きくならない原因にもなるでしょう。

ホルモンバランスを整えることで体調が改善され胸が大きくなると言えます

ホルモンバランスの乱れはツライ生理痛を引き起こすことになり、とくに女性ホルモンの分泌に乱れが生じている場合には胸が大きく発育できない状態にもなると言えるでしょう。

さまざまな問題の原因となるホルモンバランスの乱れは毎日の生活習慣によって生じると言われています。
ホルモンバランスを崩さないようにするためには運動不足や逆に過度の運動、睡眠不足や栄養不良、ストレスを溜め込まないような生活がおすすめです。

生理痛がひどい月経困難症の改善のためには甘いものやインスタント食品、アルコール類などを避けることが効果的とされています。

また、月経前症候群(PMS)を改善するためにはタバコやアルコール、カフェインを多く含む飲み物を避けて、大豆製品やカルシウムを含む食品を摂取することがよいとも言われているのです。

そして、胸を大きくする働きをするエストロゲンの分泌を改善するためにはたんぱく質を多く含む肉や魚、大豆製品、卵やレバーなど、また「ボロン」という成分を多く含んでいるりんごやキャベツを食べるのがよいと言われています。

さらに生理後に正しい育乳マッサージを受けることで、エストロゲンの働きがUPして育乳が期待できます。

(まとめ)胸の大きさと生理痛には関係がある?

1.ホルモンバランスが崩れていると胸の大きさや生理痛に影響がでる場合があります

生理痛には下腹部の痛みに腰痛や頭痛、胸の痛みなどがあります。

生理時には女性ホルモンなどのホルモンバランスが大きく変わりますが、ホルモンバランスが崩れてしまうと生理痛がひどくなり胸の大きさに影響が出るでしょう。

2.生理痛にはプロスタグランジンというホルモンも影響しています

生理前の痛みや不調にはプロゲステロンというホルモンが影響しています。
そして生理が始まるとプロスタグランジンというホルモンが分泌されて生理痛の原因になるのです。

このホルモン分泌のバランスが乱れると生理痛がひどくなる可能性があります。

3.胸の大きさには女性ホルモンが大きく関係しています

胸が大きくなるためにはエストロゲンが乳腺を刺激して発達を促す働きが大切な役割を果たします。

ホルモンバランスが崩れるとエストロゲンの分泌が抑制されて胸が大きくなれない場合もあるのです。

4.ホルモンバランスを整えることで体調が改善され胸が大きくなると言えます

ホルモンバランスの乱れはツライ生理痛の原因になります。

とくに女性ホルモンの分泌に乱れが生じていると胸の発育に問題が生じるので、日常生活を見直してホルモンバランスを整えることが大切と言えます。