胸が左右で全然違う大きさになる原因は日頃の姿勢など習慣の影響が考えられます


胸の大きさが左右で全然違う時は、日頃の悪い姿勢や運動不足など生活の仕方が関係していると考えられます。

そのため立つ姿勢や座る姿勢を見直し、正しい状態を維持するように努めましょう。

そして運動不足解消し筋力アップするためには、普段から壁腕立て伏せのようなムリのない運動を継続することもおすすめです。

また、プロの施術でバストの大きさの違いを改善する方法もあり、セルフケアと合わせて受けておくと変化がわかりやすく続けるモチベーションアップにもなるでしょう。

胸の大きさの違いを引き起こす原因はさまざまなものがあります

バストの大きさは体に関することのため、母親の胸が小さければ同じように自分も小さくなると思いがちですが、実は原因は遺伝だけではありません。

日頃の生活の中で次のようなことがあれば、胸の大きさの違いを引き起こしている可能性があります。

悪い姿勢

立つ姿勢、座る姿勢など毎日何気なく行っている動作の積み重ねにより、バストサイズが左右で全然違う状態を引き起こしやすくなると言われています。

  • 猫背
    背中を丸くすると体全面が圧迫され筋肉が動かしにくくなり、次第に硬くなっていくでしょう。
  • 長時間のデスクワークやスマホの使用などによる影響で起こることが増えています。

  • 片側の腕ばかり使う
    バッグをいつも右手で持つ、スポーツをする時片手だけよく使うのように、筋力の差によって胸の大きさの左右差が現れることもあります。
  • 足を組む
    骨盤の歪みにつながり、それが上半身の歪みになってバストの差になると考えられているのです。
運動不足

デスクワークや車の使用が増えたことで体を動かす機会が減り、筋力が落ちてしまうとバストのたるみにもつながります。

すると胸の維持がしづらくなり左右の大きさの差が出やすくなるでしょう。

生活習慣を改善し大きさの差を整えてバストアップを目指しましょう


毎日の生活の中で、胸の大きさが全然違う状態にさせている要因である姿勢と筋力不足を解消しましょう。

まず、立つ時の正しい姿勢の作り方です。

壁に頭、背中、かかとをつけて立ち、この時腰と壁の間に手のひらが入るくらいの隙間があることがポイントです。

ただし隙間が大きければよいわけではなく、手のひらの厚み程度の隙間にし、腰が反ってしまうと悪い姿勢となってしまいます。

そして座った時の姿勢は骨盤が前後に倒れないようにし、その上にストンと上半身が載った状態が理想的です。

また、あごを前へ突きだすと背筋が丸くなりやすいので軽く引くことも心がけましょう。

次に筋力アップ法をご紹介します。

左右のバストを支える筋力を高めるためには、土台となる大胸筋のエクササイズがおすすめです。

あまり筋力がなくても行いやすいトレーニングに壁腕立て伏せがあります。

やり方はまず足を肩幅に開いて壁に向かって立ち、手を伸ばして壁につけます。

そして背中を曲げないようにしながら腕の曲げ伸ばしをし、これを1回10~15回、1日3セットを目標にしましょう。

プロによる施術で全然大きさの違う胸を整える方法があります

セルフケアで左右の胸の大きさが全然違う状態を少しずつ改善する方法もありますが、時にはプロの力を借りて集中的に改善を目指してはいかがでしょうか。

オールハンド育乳マッサージとは

育乳マッサージの中でもオールハンド育乳マッサージは、女性スタッフが手のひらを使ってバストやその周辺を丁寧に揉みほぐしていく施術です。

そのため、猫背など生活習慣の原因からこり固まってしまった筋肉を柔らかくほぐして動かしやすくし、バストの左右差を整えることにつながります。

即効性が期待できる

オールハンド育乳マッサージのメリットのひとつに、施術のもつ即効性があります。

プロの適切な施術であれば、バストの変化や胸の大きさについても速やかな改善が期待できるでしょう。

そのため、定期的に育乳マッサージを受けることで普段の胸の大きさを整えるためのセルフケアを継続する励みにもなります。

またセルフケアも施術効果の維持を長持ちさせるために役立つため、継続して行いましょう。

(まとめ)胸の大きさが左右全然違うのはなぜ?

1.胸が左右で全然違う大きさになる原因は日頃の姿勢など習慣の影響が考えられます

普段の生活の仕方が胸の大きさが左右全然違う状態を引き起こすため、正しい姿勢の維持や筋力アップによって運動不足解消をしましょう。

またプロの育乳マッサージで大きさの差を改善する方法もあります。

2.胸の大きさの違いを引き起こす原因はさまざまなものがあります

胸の大きさが左右で全然違う場合、遺伝よりも生活習慣が関わっていることが多い傾向にあるのです。

たとえば、猫背や片方の手ばかり使う、足を組む、筋力が衰えているなどの要因があれば、左右差を引き起こしている可能性があります。

3.生活習慣を改善し大きさの差を整えてバストアップを目指しましょう

胸の大きさが左右で全然違う時、まずは生活習慣の見直しから始めましょう。

日頃の立つ姿勢や座る姿勢が正しいかどうかチェックし、筋力アップのためには取り組みやすい壁腕立て伏せなどにチャレンジするとよいです。

4.プロによる施術で全然大きさの違う胸を整える方法があります

プロの手で胸の大きさが全然違うことを改善する方法もあり、その場合オールハンド育乳マッサージはいかがでしょうか。

手のひらでバストやその周りをほぐすため、悪い姿勢でこり固まった筋肉が柔らかくなり左右の大きさの違いも改善しやすくなります。