胸の大きさは予想できませんが、胸を大きくするためにできることはあります


最終的な胸の大きさがどのくらいのサイズになるかは、予想することができません。
しかし成人となった以降でも、胸を大きくするために出来ることはあります。

ポイントとして生活習慣や食生活が挙げられます。
共通しているのは、女性ホルモンの分泌を活性化させるという点です。
生活習慣や食生活について、改善することでバストアップが期待できます。

遺伝や生活習慣などに胸の発達を阻害する原因があります

胸の大きさが最終的にどれくらいになるのか気になるという方は少なくないでしょう。

しかし胸の大きさを予想することは、基本的に難しいとされています。
たとえば胸の成長などは、親からの遺伝などといった要素も関係していると言われているのですが、その影響は少ないと考えられています。

それよりも大きな要因としては、年齢によるもの、血行の状態、妊娠などといった体の状態などが関係しているのです。

ほかにもこれまでの生活習慣や食生活、睡眠などが挙げられます。
そしてこれらは、女性ホルモンの分泌や全身に必要なものを届けることにつながっているのです。

胸の発達には、女性ホルモンや必要な栄養分が欠かせません。
そのため女性ホルモンの分泌が悪くなったり乱れたりすれば、将来的に胸が発達しないことは予想できるのです。

ただし女性ホルモンの分泌や乱れ、栄養分の不足という原因に対しては対策ができるとも言えます。
胸が大きくならないような生活習慣や食生活を送っているのであれば、それを改善することで、これからバストを発達させられる可能性が高まるでしょう。

女性ホルモンの分泌を活性化させることが鍵になります


もし今、不規則な生活や偏った食事をしているの心当たりがあるのであれば、積極的に改善をしましょう。

女性ホルモンは加齢によって分泌が減ったり乱れたりすることも少なくありません。
しかしその問題は生活習慣の改善によって最小限に抑えられることが期待できるのです。

女性ホルモンは女性らしい体つきにとくに関係するエストロゲンと、妊娠についてとくに関係するプロゲステロンの2つがあります。

胸の大きさに大きく関与するのはとくにエストロゲンの方ですが、スムーズな分泌を維持したいならばまず睡眠に気をつけることが大切です。
とくに睡眠不足は女性ホルモンの分泌に悪影響を与えると考えられています。

このような不規則な生活は、体の成長やダメージの修復に関係する成長ホルモンの分泌にも悪影響を与えると言われているのです。

そのため睡眠不足になるような生活習慣は、胸の大きさにも悪影響を与えてしまいます。
また食生活に関しても偏った栄養バランスでは胸の発達だけではなく健康を害することにもつながります。

暴飲暴食をすれば肥満になることも予想できることに加え、血液がドロドロになれば、栄養が胸に届きづらくなる能性や深刻な生活習慣病につながる可能性もあるのです。
そのため生活習慣や食生活が乱れているならば、将来的に胸が大きく発達しない予想ができるため、日常的に注意をする必要があります。

普段の生活に加えてバストアップマッサージも行いましょう

バストアップマッサージなどを行うことも将来的な胸の発達が期待できます。

なぜならバストアップマッサージや育乳マッサージは、血流やリンパの流れへのよい影響を与えると考えられているからです。
血流が良くなることで女性ホルモンも栄養分も、血液で運ばれて胸に届きやすくなります。

逆に血流れが悪ければ、十分量が胸に届かない可能性が出てくるでしょう。
そうなると胸が発達しないという結果が考えられます。

またリンパの流れも無視できません。
リンパは体にとって老廃物を送り出す役わりがあります。
その流れが悪くなり胸周辺で停滞すれば胸の発達にも大きな悪影響を与えることが考えられるのです。

胸に老廃物が溜まって硬くなるのは成長だけではなく美しい形を作るためにも良くありません。
さらに血液が停滞すれば血管を圧迫してしまうため、血流にも悪影響を与えることが考えられます。

このようにバストアップマッサージなどを行うことで、血液やリンパの流れをサポートすることが期待できるのです。
より効果を大きくしたい場合は、専門のサロンでバストアップマッサージを受けてみてもよいでしょう。
プロの手によるマッサージで血流やリンパの流れを良くすることで育乳の効果も期待できるのです。

(まとめ)将来の胸の大きさは予想できる?

1.胸の大きさは予想できませんが、胸を大きくするためにできることはあります

胸の大きさを予想することはできませんが、生活習慣や食生活などによってバストアップを目指すことはできます。

そのポイントとなるは女性ホルモンの分泌です。
そのため胸を大きくするには、女性ホルモンを活性化させることが大切なのです。

2.遺伝や生活習慣などに胸の発達を阻害する原因があります

バストアップを阻害する要因はいくつか挙げられます。

遺伝以外にも、血行不良や生活習慣、食生活など身近なものです。
これらはすべて女性ホルモンの分泌や栄養分を届けることに関係していると考えられます。

3.女性ホルモンの分泌を活性化させることが鍵になります

今乱れた生活リズムや食生活をしていると実感しているのであれば、まず改善することが大切です。

意識したいのは女性ホルモンの分泌を活性化させることです。
ため規則正しい生活や食生活などに注意しましょう。

4.普段の生活に加えてバストアップマッサージも行いましょう

生活習慣や食生活を適切なものにしても、完璧ではありません。

血行を良くするためのバストアップマッサージなどを行ってみるのもよいでしょう。
胸を発達させる材料がスムーズに届く助けになるからです。