日本人女性の胸の平均的な大きさはBカップと言われています


女性の胸の平均値はBカップと言われています。
これはBカップのブラジャーが良く売れているという話から推測できるのです。

ただこれは日本国内だけの話ともいえ、外国ではFカップが平均値のところもあります。

平均よりも胸を大きくしたいと考える場合は、食生活などに注意しましょう。
たとえば暴飲暴食を止めて乳腺の発達を意識することなどが大切です。

海外と比べると日本平均的な胸のサイズはやや小さめです

日本人の胸の平均的な大きさは、Bカップであると言われています。

根拠はBカップぐらいのブラジャーが良く売れているというデータがあるからです。しかしあくまで日本国内の話に過ぎず、外国も含めれば平均のカップ数は大きくなります。

たとえば北欧諸国では平均のカップ数がFというデータもあります。
また南米やヨーロッパではDカップと出ているのです。

一般的に日本人女性の胸のカップ数は外国と比較をしても大きいとは言えません。また理想のカップ数は個人個人で異なる傾向にあります。

日本の女性が理想とするのはC~Dカップが多いというデータが存在しているのです。
この理想のカップ数については年齢差や個人差があると言われています。
20代~30代だとDカップという女性が多い傾向にあるのです。

しかし年齢が高くなると、胸が大きい場合、下垂が生じやすくなるため、カップ数は小さい方がよいと考える人が増えるのです。

また平均より大きすぎると周囲から奇異の目で見られることにコンプレックスを持っている女性もいます。
このような理由でカップ数は小さい方がよいと考える女性もいるのです。

ただBカップのような平均値より少しでも大きくしたいと考える女性もいるでしょう。
そう考えるなら胸を大きくする対策を考える必要があります。

食生活や生活環境も胸の大きさに影響を与えます


日本人と外国人の胸の平均カップ数が異なる理由の1つに体格の違いが考えられます。

また北欧諸国など気温が低い国の場合、体温を保持するために脂肪を溜め込む傾向にあるため、胸も大きくなると言われています。

ただ胸も大きいですが、全体的にふくよかな体格をした女性も少なくありません。

これには食生活も関係していると言われています。
外国では肉料理や油をたくさん使う料理も多く高カロリーな料理が多いため、体に脂肪がつきやすくて胸も大きくなると言われているのです。

だからといって自分も高カロリーの食生活にするのはおすすめできません。
太れば胸が平均より必ず大きくなるとは限らないからです。

胸を大きくするには脂肪を蓄えるだけではなく、乳房にある乳腺の発達が必要不可欠なのです。
乳腺が発達しなければ胸も大きくならず、単純に肥満になる可能性があります。

そのため暴飲暴食を繰り返していると、胸はBカップのままなのにお腹には脂肪がたっぷりついているということも考えられるのです。
胸を平均より大きくしたい女性は、まず乳腺の発達を意識しましょう。

規則正しい生活と食生活を心がけることが大切です

乳腺の発達には女性ホルモンの分泌を活性化させることが大切です。

ただし女性ホルモンの分泌は簡単に乱れてしまいます。
女性ホルモンの分泌は不規則な生活をすることだけでも起きると考えられています。

具体的には昼夜逆転の生活を続けていると、女性ホルモンの分泌にも悪影響が出てくるのです。

また栄養素の偏った食生活やダイエットなどの過剰な食事制限もホルモンバランスを崩す一因になるでしょう。
とくに過剰なダイエットをすると胸の脂肪も減る傾向にあるため、結局、平均値以下になるだけではなく、垂れてしまう可能性もあります。

バストを平均より大きくしたい女性は規則正しい生活を心がけましょう。
ただそれは基本中の基本であり、ほかにも胸を大きくするために必要なことはたくさんあります。

まず胸に栄養や女性ホルモンをたくさん届けるには血行がスムーズにすることが挙げられるのです。
良好な血行のためには運動も効果的で、バストアップマッサージなどもよいと言われています。

バストアップマッサージに関しては、プロの手を借りることもおすすめです。
専門のサロンで行われるオールハンド育乳マッサージであれば、より高い効果を望むことができるでしょう。

(まとめ)女性の胸の平均的な大きさってどれぐらい?

1.日本人女性の胸の平均的な大きさはBカップと言われています

日本人女性の胸の平均値はBカップと言われており、これは、ブラジャーの販売数によって推測することができます。

ただ外国ではFカップが平均値という国もあります。
平均値より大きくしたいのであれば、生活習慣や食生活に気をつかう必要があるでしょう。

2.海外と比べると日本平均的な胸のサイズはやや小さめです

日本人の胸の大きさについて平均はBカップと考えられています。

これはブラジャーの販売数から推測できるからです。
ただ外国人になるとFカップが平均という国もあります。
平均値であるBカップよりも大きくしたいのであれば対策が必要となるでしょう。

3.食生活や生活環境も胸の大きさに影響を与えます

外国人のバストの平均値はもっと大きいというデータがあります。

これはそれぞれの国の気候や食文化が関係していると考えられるのです。
かといって日本人が同じ食生活をしても胸が大きくなるとは限らないため、まず乳腺の発達を意識しましょう。

4.規則正しい生活と食生活を心がけることが大切です

胸を大きくしたいのであれば女性ホルモンの分泌を活性化させましょう。

しかし女性ホルモンの分泌は乱れやすいため、不規則な生活や食生活には注意が必要です。
ほかにも運動やマッサージなどで血行やリンパを改善するのも効果的でしょう。