胸の大きさが生理後に変化するのは女性ホルモンの働きが影響しているからと考えられます


生理前は女性ホルモンのプロゲステロンの影響により水分を体に溜め込むようになります。

しかし生理後もプロゲステロンの過剰分泌などによって、大きなままで胸が張ってしまうこともあるのです。
この問題を解決したいなら、女性ホルモンの乱れを整える必要があります。

ただ生理後はエストロゲンの分泌もあるため、胸を大きくするチャンスでもあります。
タイミング良くバストアップマッサージを行えば、胸を大きくすることが期待できるのです。

女性ホルモンが乱れている可能性が考えられます

生理前は胸が大きくなり張ることは珍しくありません。
ただ生理後も胸の大きさがもとに戻らない場合は、何かしらの原因が隠れているのです。

生理前に胸が張って大きくなる原因の1つに、プロゲステロンの影響が考えられています。
プロゲステロンは女性ホルモンの1つであり、妊娠ができるような体つきにする働きがあるのです。

その働きの中に水分を体に溜め込むというものがあります。
それが生理中のむくみですが、プロゲステロンは胸にある乳腺にも同様に働きかけて水分を溜め込むのです。

つまり生理前に胸が大きくなるのは、水分によるむくみによる影響でしょう。
しかし生理後になってもバストが張って大きさが戻らない場合、ホルモンバランスが乱れてプロゲステロンの過剰分泌が起こっている可能性が考えられるのです。

また妊娠をしている場合も初期症状として胸が張って大きくなることがあります。

さらに血行不良や疾患が隠されている場合もあります。
生理後に胸の大きさが戻らずに痛みや張りが長く続くならば、早めに病院を受診しましょう。

エクササイズなどでストレスを発散させましょう


生理後に胸が張って大きくなる原因がプロゲステロンの過剰分泌ならば、ホルモンバランスが乱れないように対策をしましょう。

女性ホルモンのバランスが崩れる主な原因の1つにストレスが考えられます。
まずはストレス解消を意識するとよいでしょう。
ストレス解消の方法は、個人によって好みもあるため自分に合った方法を行うのがポイントです。

ただあえて一般的な対策を考えるのであれば、ストレスの原因から離れることはもちろん、カラオケなどで大声を出すことや軽い運動などがおすすめです。

もし同時にバストアップをしたいと考えるのであれば、大胸筋などを鍛えられるようなエクササイズやヨガを行うのもよいでしょう。

なぜなら大胸筋は胸の土台となる筋肉のため、鍛えることでバストの下垂の予防に役立つからです。
軽い運動をすることで胸を大きくする助けとなりストレス解消も期待できるため一石二鳥と言えるでしょう。

またウォーキングなどはスムーズな血行を維持することに期待が持てます。
ほかにも規則正しい生活をすることはストレスだけではなく女性ホルモンの分泌へのよい影響が期待できます。
このような対策を行って生理後も胸が張り続けてしまうことへの対策をしましょう。

生理後にバストアップマッサージをすることもおすすめです

生理後に胸が張って痛いかもしれませんが、実は胸を大きくするチャンスでもあるのです。
その理由は生理が終わった時に、女性ホルモンのエストロゲンが増加するからです。

エストロゲンはとくに胸を大きくするために必要不可欠な女性ホルモンです。
胸を大きくするには乳房にある乳腺を発達させなければならないのですが、そのためにはエストロゲンが必要なのです。

またエストロゲンは血流をスムーズにし、皮下脂肪を増やす働きを持っていると言われています。
生理後、エストロゲンが分泌されるタイミングにバストアップマッサージをすることで胸を大きくする可能性が高くなるのです。

バストアップマッサージをすればスムーズな血行につながるので、エストロゲンが乳腺に届きやすくなることも期待できます。

注意点としては、生理中に行わないようにすることです。
生理中にバストアップマッサージを行うと、生理による出血量が増えてしまうことがあるからです。
また本格的な施術を求める場合は、専門店へ行くこともおすすめの方法と言えます。

自分で行うよりプロの施術によって効率的にスムーズな血行へのアプローチが期待できます。
生理後にバストアップを目指すのであれば、バストアップマッサージも考えてみましょう。

(まとめ)胸の大きさが生理後で変わるのはなぜ?

1.胸の大きさが生理後に変化するのは女性ホルモンの働きが影響しているからと考えられます

生理前に胸が張り大きくなるのは水分を溜め込んでしまうことが理由の1つと考えられます。

しかし生理後まで大きいままなのは、女性ホルモンの乱れが起きている可能性があります。
ただ生理後はエストロゲンが増えるため胸を大きくするチャンスなのです。

2.女性ホルモンが乱れている可能性が考えられます

生理前は女性ホルモンの影響で胸が水分を溜め込み、むくみが生じることで大きくなると考えられています。

しかし生理後でももとに戻らないのは女性ホルモンの乱れが関係している可能性があるのです。
生理後、もとに戻らず痛みもある場合は病院を受診しましょう。

3.エクササイズなどでストレスを発散させましょう

女性ホルモンのバランスを乱さないためには、ストレスを溜めないようにするとよいです。

自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。
おすすめはエクササイズやヨガなどの軽い運動で、ストレス発散だけではなく血行にもよいと言われています。

4.生理後にバストアップマッサージをすることもおすすめです

生理後はエストロゲンの分泌が多くなると言われています。

そのため胸を大きくするチャンスという考え方もできるのです。
生理後にバストアップマッサージを受けるのもよいでしょう。