サポート力の足りないノンワイヤーブラでは胸の形が崩れる場合もあります


胸は年齢とともにエイジングが始まり、胸の形が徐々に下がり始めます。

基本的にノンワイヤーブラはバストの下垂を防止するためのサポート力が足りないといえます。

ノンワイヤーブラはワイヤーが入っているブラよりも締め付けがなくゆったりとしたつけ心地が魅力ですが、とくに胸を支える機能がついていない場合には胸の形が崩れる可能性があるといえます。

胸の形は一度崩れるともとには戻りにくいといわれています

胸の形は一度崩れるともう戻りにくいと考えられています。

その胸の形が崩れる原因の1つが胸に合っていないブラジャーをつけているためといわれているのです。
胸は乳腺の周りに脂肪がつくことで丸みのある形が作られて、その丸みのある胸の形をクーパー靭帯という靭帯が支えています。

そしてこの胸を支えているクーパー靭帯が、加齢などによって伸びてくると徐々に胸の形が崩れていくことになります。

バストそのものには筋肉がないため筋肉を鍛えて胸の形をもとに戻すということが難しく、胸の形を維持するためにはクーパー靭帯が伸びないようにすることが大切です。

クーパー靭帯は加齢のほかに胸の揺れなどの負担でも伸びることがあるため、胸の揺れなどから守るために胸をしっかりとホールドしてくれるブラジャーをつけると安心といえるでしょう。

ノンワイヤーブラはワイヤーブラの締め付け感が苦しくて苦手という方でもムリなくつけることができ、家でくつろぐときに楽に過ごせるという理由から支持されています。

ただそのゆったり感だけを重視してノンワイヤーブラを着用し続けると、胸の形が崩れやすくなる可能性があるのです。

胸の形を崩さない機能性ノンワイヤーブラも販売されています


胸の形を崩さないためには胸の重さを支えることと、胸が揺れないようにぴったりフィットしておさえることが大切です。

胸に負担をかけないように美しい形のままでキープし続けることができれば、胸の形が崩れる可能性が減ってアンチエイジングにつながるでしょう。

ノンワイヤーブラはそのためにはサポート力が足りないブラといわれていますが、中には機能性ノンワイヤーブラというサポート力を強化したタイプの商品も販売されています。

機能性ノンワイヤーブラは胸を締め付けないようにしながら、胸が垂れて脇に流れるなど胸の形が崩れないようにフィットして、理想的な状態でキープすることで形を崩さない効果が期待できます。

締め付けの少ないノンワイヤーブラを使いたいけれど胸の形が崩れるのが心配という方もいるかもしれません。
しかしサポート機能があるノンワイヤーブラを選ぶようにすることで、胸の形が崩れる可能性が低くなるでしょう。

機能性ブラのように胸へのフィット感やサポート力がしっかりしているブラであれば、胸の形を維持することができるといわれています。

胸の形を崩さないためには正しいバストケアをしましょう

胸の形が崩れる原因には胸にかかる重力や激しい運動などをしたときの揺れが考えられます。

バストにかかる重力や揺れなどの負担は、機能性が高く、自分の胸に合った正しい下着をつけることである程度カバーができるでしょう。

ただ胸の形が崩れる原因には加齢などによるホルモンバランスの乱れなどもあり、日常生活を見直してさらにバストケアも行うとよいです。

バストは乳腺と乳腺の周りに集まった脂肪でできています。
乳腺は女性ホルモンの影響を受けて発達するため、女性ホルモンの分泌を促すような生活を送ることで乳腺の衰えが防がれ胸のサイズの維持が期待できるでしょう。

胸のサイズが減少しないよう形を維持するためには、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを含む大豆製品を摂取するとよいと考えられています。

これに加えて、バストアップのためのマッサージなども効果的です。
マッサージは胸の周りの血流やリンパの流れを良くすることにアプローチするため、乳腺に栄養やホルモンが行き渡りやすくなります。

また正しい胸のマッサージは、顔のマッサージのように肌のハリを保つことにも効果的なため胸の形を崩れにくくなるでしょう。

マッサージのときには、やりすぎるなどムリをするとクーパー靭帯に負担がかかるため、気をつけて正しい方法で行う必要があります。

もし自分で行うことが不安という人は、専門サロンでプロのバストマッサージを受けてみてもよいでしょう。

(まとめ)ノンワイヤーブラは胸の形が崩れるって本当?

1.サポート力の足りないノンワイヤーブラでは胸の形が崩れる場合もあります

ノンワイヤーブラには基本的に胸のエイジングによる形崩れを防止するためのサポート力が足りないといえます。

ワイヤーブラよりも締め付けがない楽なつけ心地というメリットがあるのですが、種類によっては胸の形が崩れる可能性があるといえます。

2.胸の形は一度崩れるともとには戻りにくいといわれています

胸は乳腺と脂肪で形作られていて、その形をクーパー靭帯という靭帯が支えています。

クーパー靭帯が伸びて胸の形が崩れることがないようにするには胸を支える機能を持っているブラジャーをつける必要があるといえるでしょう。

3.胸の形を崩さない機能性ノンワイヤーブラも販売されています

胸に負担をかけないように美しい形をキープしていれば胸の形は崩れにくいといわれています。

ノンワイヤーブラには胸の負担を減らせる機能性ブラがあります。
胸にフィットしてしっかり支えるノンワイヤーブラなら胸の形を維持することが可能といえるでしょう。

4.胸の形を崩さないためには正しいバストケアをしましょう

胸の形が崩れる原因にはさまざまなものがあり、胸の形を維持するためには日常生活やバストケアなどに気をつけましょう。

女性ホルモンに似た働きをする大豆製品の摂取や、胸のハリを保つための正しいマッサージで、美しい胸を維持しやすくなるといえます。