生理中は女性ホルモンの影響で胸の大きさが変わることがあります


生理中は女性ホルモンの影響を強く受けるため胸の大きさが変わることもあります。

生理前に増加するプロゲステロンは乳腺の発達を促して母乳を出やすく働きがあるのです。
胸が張って痛みを感じたり、精神的に不安定になったりするなどの症状は月経前症候群で現れる症状とも考えられます。
ストレスを避けて身体を休めることで症状を緩和させましょう。

生理中に胸の大きさが変わるのは女性ホルモンの影響と考えられます

体質や体型は千差万別です。

とくに生理前や生理中に現れる症状や人によってまったく違うでしょう。
生理前に胸が大きくなるという話も聞くのではないでしょうか。

生理で胸が大きくなるのは女性ホルモンの影響と考えられます。
女性ホルモンには生理の後から増えるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、生理前から増加するプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

胸が大きくなることに関係しているのがプロゲステロンです。
プロゲステロンは女性を妊娠しやすい身体にする作用があり、乳腺の発達を促します。
プロゲステロンの分泌が増えた結果として、乳腺が発達して胸が大きくなりやすくなるのです。

胸が大きくなるだけではなく痛みや肌にピリピリとした刺激を感じる人もいるでしょう。

一般的には生理が始まればプロゲステロンの分泌量が減って胸の張りも収まります。
ただし睡眠不足やストレスでホルモンバランスが崩れれば胸の張りも影響を受けてしまうでしょう。

胸の張りは月経前症候群の症状の1つにも数えられています。
症状が強くて不快感がある場合には医師の診察を受けるようにしましょう。

胸の張りや大きさの変化は月経前症候群のほか、別の病気が隠れている可能性もあります


生理前に胸が張ったり、大きくなったりすることは珍しい症状ではありません。

月経前症候群は、多く場合生理2週間くらい前から始まります。
生理が近づくにつれてイライラしたり、甘いものが食べたくなったりする症状は覚えがある人もいるでしょう。

生理前の女性はプロゲステロンの分泌が増え妊娠しやすい身体に変化します。
このプロゲステロンの影響によってイライラしたり心身が不安定になったり、だるさや頭痛が現れたりすることがあります。

胸の大きさが変わり、張って痛みを感じるのも月経前症候群の症状です。
通常であれば、生理が始まってプロゲステロンの分泌が少なくなれば症状が落ち着いてくるといいます。

ただし胸の張りや痛み、サイズの変化は月経前症候群以外の理由から起こることもあります。
胸にしこりや形の変化が現れた時には乳がんの恐れもあるでしょう。

また乳腺内の細胞が増殖することで起こる乳腺症や、良性の腫瘍である乳腺線維腺腫などの可能性もあります。
とくに乳がんは早期の発見が大切です。

胸の張りや大きさの変化が一時的な場合は過剰に心配する必要はありません。
しかし不調がない場合であっても定期検診を必ず受けるようにおすすめします。

月経前症候群を緩和するにはマッサージやバランスがよい食事が効果的です

月経前症候群は早い人で生理の2週間前から、人によっては生理の数日前に集中して起きる症状です。

胸が張って痛みを感じる、乳首付近がチクチクするという人もいれば、頭痛やめまいに苦しむ人もいます。
イライラや情緒不安といった精神面に影響が出る人も多いでしょう。

月経前症候群を軽減するには、ストレスや緊張を避けることが大切です。
ムリをせず自宅でゆっくり過ごしたり、お風呂でゆっくりと身体をリラックスさせたりしましょう。

またビタミンやミネラル不足も症状を悪化させると言われています。
精神を安定させるビタミンB6を中心に積極的に栄養を摂取してください。

女性ホルモンを安定させるには大豆イソフラボン、さらに乳腺に関する不快な症状にはカルシウムも有効と言われています。
これが含まれている鰹や鮭などの魚類やチーズなどをバランス良く摂取しましょう。

身体の不調は血行が影響している可能性もあります。
ストレス解消やリラクゼーションを兼ねて、プロからマッサージを受けてもいいでしょう。

月経前症候群を緩和するには自分の身体の状態やリズムを把握することが大切です。
毎日忙しく過ごす中でも、自分の身体の調子やバイオリズムを見直す時間を確保するようにしましょう。

(まとめ)生理中は胸の大きさも変わる?

1.生理中は女性ホルモンの影響で胸の大きさが変わることがあります

生理前は妊娠しやすくするための女性ホルモンプロゲステロンの分泌が活発化します。

胸の大きさが変わったり、張りを感じたりするのもその影響と言われています。多くの場合は生理が始まれば症状が落ち着きますが、症状が続く場合は他の原因を考えましょう。

2.生理中に胸の大きさが変わるのは女性ホルモンの影響と考えられます

プロゲステロンは女性を妊娠しやすい身体にする作用がある女性ホルモンです。

このプロゲステロンが生理前に分泌が増えることにより、乳腺が発達し、胸が大きくなりやすくなるのです。
このような胸の張りは月経前症候群の症状の1つとも言えます。

3.胸の張りや大きさの変化は月経前症候群のほか、別の病気が隠れている可能性もあります

月経前症候群の症状として胸が張ったり、サイズアップしたりすることがあります。
イライラしたり、頭痛になったりするという症状に悩む人もいるでしょう。

胸の張りが一時的であれば心配ありませんが、生理が来ても続く場合は他の原因があるかもしれません。

4.月経前症候群を緩和するにはマッサージやバランスがよい食事が効果的です

月経前症候群は多くの女性が悩まされる病気です。

緩和するにはストレスを避けて休養をしっかりとりましょう。
血行を良くするマッサージやバランスがよい食事で身体をいたわってください。
自分の体調やリズムを把握して最適な方法を見つけましょう。