うつぶせ寝は胸の形が悪くなる原因の1つといわれています


うつぶせ寝をすると、寝ている間に胸に自分の体重がかかった体勢がずっと続くために胸がつぶれて形が崩れるといわれています。

また胸がずっと圧迫され続けることで血行不良になりやすいです。
血行不良で胸に十分な栄養が届かない状態では、胸のサイズが小さくなる可能性や、胸のハリが失われて胸の形が崩れるなどの可能性があります。

うつぶせ寝などで胸に負担をかけていると胸の形が崩れる恐れがあります

うつぶせ寝は睡眠中に舌が気道を圧迫しない寝相として睡眠時無呼吸症候群の予防などに向いているといわれ、ほかにも呼吸器系によいというメリットがある寝相です。

ただし胸を下にして寝ていることなどから胸の形を崩す寝相ともいわれています。

胸は組織のうち10%が母乳を作りだす乳腺で、残りの90%は脂肪で占められているのです。
ほぼ脂肪から作られている胸は、ハリのある乳腺と、皮膚や脂肪をつなぐクーパー靭帯によって支えられて丸みのある形になっています。

このクーパー靭帯は年齢や日常的に負担がかかることで伸びる可能性が高く、クーパー靭帯に問題が生じると胸の形も崩れると考えられているのです。
うつぶせ寝をして胸を圧迫してしまうとクーパー靭帯に負担を毎日何時間もかけ続けることになります。

すると上向きに膨らんでいた胸の形は、クーパー靭帯が徐々に伸びるのと同時に支える力をなくして下がってしまう可能性があります。
また胸に合わない小さいブラジャーでいつも胸を圧迫することでも、血行不良を起こして胸の形が崩れやすくなるでしょう。

胸の形をいつまでもきれいな状態で保つためには、胸を締め付けたり圧迫したりすることがないように気をつけることが大切です。

ナイトブラをつけることなどで睡眠時に胸の形を保護しましょう


うつぶせ寝は胸の形を崩す原因になるため、胸の形を維持するためには胸がつぶれないように仰向けや横向きに寝る方がよいといえます。

また眠っている間もバストの形を保護するためにブラジャーを着用した方がよいでしょう。
しかし胸を支えるためとはいっても、昼用のブラジャーは起き上がって動いている時の胸をサポートするように設計されているため、胸が締め付けられて逆効果になる可能性があるのです。

そのため夜眠るとき用のナイトブラを使うことをおすすめします。
ナイトブラは寝ている間に胸を締め付けることがなく、胸の形が崩れないように形をキープしてくれるノンワイヤーのブラジャーです。
種類によっては、寝る向きに関わらず胸が邪魔にならないで安心して眠ることができるものもあります。

どうしてもうつ伏せで寝てしまうという方でも、ナイトブラをつけていると寝返りをするときやうつぶせ寝のときに胸の形をある程度保護することができるでしょう。

そしてもしうつぶせ寝をするという場合には、お腹のあたりや脇の下などにクッションを入れるなどムリな姿勢にならない程度に体と布団の間に隙間を空けるように気をつけることで胸の圧迫を減らすことができるといわれています。

美しい胸の形をキープするためには定期的にケアを行うことが大切です

うつぶせ寝を行っている場合には、日常的に圧迫されているために胸の血行やリンパの流れが悪くなっている可能性が高いといえます。

血流やリンパの流れが悪い状態を放っておくと、胸への栄養と女性ホルモンが十分に届かない状態や不要な老廃物の流れが滞ってしまう状態を引き起こす恐れがあるのです。

女性ホルモンは閉経になるまで生理の周期に合わせて分泌され続けます。
とくに生理後に分泌されるエストロゲンが乳腺を刺激して発達させ、胸に脂肪がつきやすい状態を作りだすと考えられています。
胸が小さくしぼむことがないようにハリを保って形を維持するためには、乳腺の発達に関係している女性ホルモンを乳腺に届くようにすることが大切です。

しっかり栄養を摂ってこの女性ホルモンの分泌を促すことはもちろん、美しい胸を維持するためには胸のコリをほぐし血流やリンパの流れを改善するための正しい育乳マッサージをするとよいです。

ただマッサージをやりすぎたりマッサージのときに力を入れすぎたりすると、胸のクーパー靭帯へ負担がかかりクーパー靭帯が伸びてしまう場合もあります。
自分で間違ったケアをしないように専門の育乳マッサージを受けるなどの、正しいケアを定期的に行うことで美しい胸の形を長い期間維持することにつながるでしょう。

(まとめ)うつぶせ寝は胸の形を悪くする?

1.うつぶせ寝は胸の形が悪くなる原因の1つといわれています

うつぶせ寝は、寝ている間に自分の体重がずっと胸にかかり続けるため胸の形がつぶれやすくなります。

また圧迫による血行不良などの影響で胸が小さくなるなどの可能性があるといえるでしょう。

2.うつぶせ寝などで胸に負担をかけていると胸の形が崩れる恐れがあります

うつぶせ寝では寝ている間胸に体重がかかり続けます。

すると胸が圧迫されることで胸の形を支えているクーパー靭帯に負担がかかり、徐々にクーパー靭帯が伸びて胸を支える力がなくなり胸の形が崩れるといわれているのです。

3.ナイトブラをつけることなどで睡眠時に胸の形を保護しましょう

胸を圧迫しないためにはうつぶせ寝よりも仰向けや横向きに寝ることがよいといわれています。

またどのような寝方でも寝ている間の胸の形をサポートするナイトブラをつけることで胸の形を維持しやすくなるでしょう。

4.美しい胸の形をキープするためには定期的にケアを行うことが大切です

うつぶせ寝では血流やリンパの流れを滞らせることがあります。

血行不良などの状態は胸へ栄養や女性ホルモンなどが届かなくなる可能性があるため、定期的に育乳マッサージを受けるなどのケアで胸の状態を改善するといいでしょう。