適切なブラのサイズでなければ負担がかかるため胸の形が変わりやすくなるからです


ブラジャーが実際の胸よりもサイズが小さくても大きくても、胸の形が崩れる原因の1つになるのです。

たとえばブラジャーが小さければ血行不良につながる恐れがあり、逆に大きければ、胸を支えるクーパー靭帯へ負担がかかります。
そのためブラジャーのサイズは適切なものにする必要があると言えるのです。

基本的には自分の胸のサイズを適切な方法で測定しておきましょう。
なぜなら自分の胸に合ったサイズのブラジャーを選べるようになるからです。

サイズが違うブラジャーだと胸の形も変わりやすくなります

胸の形を崩さないためにもブラジャーには気をつかいましょう。

ブラジャーは胸を守るための道具として考えてください。
どんな道具でも自分にしっくりとくるものでなければ、本来の力を発揮できないものです。

ブラジャーの場合、自分の胸のサイズに合っていないことはよくあると言います。
そもそも一般的に販売されているブラジャーの多くは、5センチ刻みのサイズ設定になっていることが多いです。

そのため個人によっては、合う合わないが出てくるのも仕方ないでしょう。

ただし最低限注意しておきたいことがあります。
まず自分の胸のサイズより極端に小さなサイズのものを着用するのは止めた方がよいです。

なぜなら胸のサイズと比べて小さなサイズのブラジャーを着けると過剰に胸を締め付けてしまうからです。
胸が締め付けられて圧迫されると血行が悪くなる可能性があります。
血行が悪くなれば、胸の発育や大きさの維持に関係する女性ホルモンや栄養などが胸に届き辛くなってしまうことが考えられるのです。

そのため胸の形を崩したくないのならば小さなブラジャーは止めておきましょう。
しかし逆に大きすぎるサイズのブラジャーも胸がきちんとホールドされないことで問題が生じるのです。
そうすると胸を支えるクーパー靭帯が伸びることにつながって胸の形が崩れる可能性があります。

適切な着用を心がけましょう


胸の形を維持したいなら最低限注意しておきたいことの1つに、試着をきちんとすることが挙げられます。

なぜなら試着をしなければ自分の胸に合っていないブラジャーを選んでしまい、結果として胸の形が崩れてしまうことがあるからです。
試着した時の注意点として、脇の肉がはみ出ていないかどうか、アンダーに不安定さがないかどうかチェックしましょう。
もちろん着用した時に締め付けている感じがないか、緩すぎないかもチェックした方がよいポイントの1つです。

また適切な着け方を意識するのも重要な対策となります。
ブラジャーの正しい着用方法ですが、まず、上半身を軽く前に倒してバストをブラジャーのカップにきちんと収めてホックを留めてください。

つぎにブラジャーのワイヤーの下部を押さえながら手を入れ、胸の脇から肉を寄せます。
そして両側それぞれ同じようにカップの中へ収め、最後に上体を起こしたらストラップの長さ調整します。

基本的にブラジャーの中に胸が収まりさえすればよいというわけではありません。
胸を上げてブラジャーのカップの中にはみ出た肉も入れることを意識してみてください。

胸のサイズは正しい方法で測りましょう

自分の胸のサイズに合った適切なブラジャーを選びたいなら、適切な方法で胸のサイズを測る意識が大切となります。

胸の正しい測り方でポイントになるのはトップバストとアンダーバストです。
トップバストは、胸のふくらみの一番高い部分で、測定方法のポイントはバストを持ち上げて測ることです。

しかし大きなバストで持ち上げるのが大変という場合は、着け心地のよいブラジャーを着用して測ってもよいでしょう。
こうすれば胸を持ち上げた時と似たような状態で測ることができるからです。

そしてアンダーバストも重要なポイントです。
アンダーバストは胸のふくらみの下にある部分でありメジャーを水平にして測るのがポイントなため、鏡を見てチェックしてみてください。
そしてトップバストとアンダーバストの結果の差によってカップ数が決まってきます。

しかし1人ではなかなか上手く測定できない人もいるでしょう。
そんな人はブラジャーなどの下着専門店の店員に相談してみてください。
店員に測定してもらうことでより確実に正しい自分のカップ数がわかるからです。

(まとめ)胸の形を崩さないためにはなぜブラのサイズが重要?

1.適切なブラのサイズでなければ負担がかかるため胸の形が変わりやすくなるからです

ブラジャーは自分の胸のサイズにぴったりとしたものを選んだ方がよいでしょう。

ぴったりではないサイズのブラジャーは胸の形を崩す原因の1つになるからです。
そのためには適切な方法で胸を測っておきましょう。

2.サイズが違うブラジャーだと胸の形も変わりやすくなります

胸の形を崩したくないなら、ブラジャーのサイズには注意が必要です。

なぜなら自分の胸のサイズに合っていないサイズのブラジャーを使うことで胸に負担を与えてしまうからです。
とくに血行不良につながり、胸の形が崩れやすくなるため注意しましょう。

3.適切な着用を心がけましょう

適切なサイズのブラジャーを選ぶためには、試着が重要です。

脇の肉がはみ出ていたり、胸の収まりが悪く、不安定になったりしないように注意しましょう。
そして適切な方法で着用することが大切です。

4.胸のサイズは正しい方法で測りましょう

自分の胸のサイズは適切な測定方法で測る必要があります。

その時のポイントはトップバストとアンダーバストです。

不安なら、下着専門店の店員に相談して測ってもらうのもよいでしょう。