ストレッチで血行が改善されると胸の形が美しくなるといわれています


ストレッチを行うことで血行が促進されると胸に栄養が届きやすくなります。

血行不良では冷え症になりやすく胸の周りの筋肉が凝り固まる可能性があり、そのこりがストレッチでほぐされることが胸によいといわれているのです。

また胸を奥から支えている大胸筋をストレッチで鍛えることで、健康的なハリのある美しい胸の形へ改善することが期待できます。

ストレッチで姿勢が改善されて胸の形が良くなるといわれています

パソコンやスマートフォンを使うことが多いため姿勢が悪くなりやすいです。

背中を丸めた猫背の姿勢になっていると肩甲骨が開いて肩が前に出てくるため、胸が狭く閉じた状態になります。
そして猫背の姿勢では大胸筋が使われないため、徐々に大胸筋の筋肉が落ちていき胸の形が悪くなりやすいといえます。

肩甲骨は背中にある右左の羽のように見える骨のことです。
肩甲骨の周辺には首や肩、腕など上半身の筋肉が集まっているため、肩甲骨の周りをストレッチすると肩こりの改善や正しい姿勢になるなどの効果が期待できるといわれています。

胸は大胸筋の上に乳腺や脂肪がついているという構造です。
バストのほとんどの部分は脂肪でできているためバスト自体を鍛えることはできないのですが、ストレッチで胸の周りの筋肉をほぐしたり鍛えたりすることで胸の形が良くなるといわれます。

これにより血流が良くなって冷えやむくみがとれることで、女性ホルモンの分泌が促されるため、女性ホルモンの働きで乳腺が発達して胸のハリの改善も期待できるでしょう。

自分の胸の形が理想的かどうかチェックしましょう


たるみのない理想的な胸の形では、鎖骨の中心とバストトップの3か所を結んだ線で正三角形ができるといわれています。

運動不足やエイジングなどの理由から胸が下に垂れている場合には正三角形が崩れて、鎖骨からバストトップまでの距離が長くなり縦長な三角形に、胸が外側を向いていると三角形の底辺が長くなります。

鏡を見ながらきれいな正三角形ができているか確認してみると、現在の自分の胸がどのようになっているのかがわかるでしょう。

胸の形はその特徴から主に、さら型・円錐型・おわん型・半球型・ピラミッド型・ヤギ型の6種類に分けられます。
その中でも脂肪の少ないさら型や乳腺が発達していてハリのある円錐型が日本人に多いといわれる形です。

ほかのタイプには以下のような特徴が存在します。

  • 丸みのあるおわん型
  • 全体的に大きい半球型
  • 胸の上部の肉が少ないピラミッド型
  • 胸が下垂しているヤギ型

この中でも、ピラミッド型やヤギ型は胸のハリがなくなってきた形ともいえます。

胸の形には個人差があるため胸が、どの形になっているかはそれぞれ異なりますが、きれいな正三角形ができるかどうかが大切といえるのです。

ストレッチだけではきれいな胸の形を維持することが難しいでしょう

ストレッチは大胸筋などの筋肉を鍛えることで胸の形の維持に役立つといわれていますが、それでも胸の形は年々エイジングのために崩れやすくなります。

ストレッチ以外にもマッサージや食事、下着に気をつけるなどの、日常的なバストケアを行うことで美しい胸の形を維持することが期待できるでしょう。

また美しい胸の形を保つためには胸を支えているクーパー靭帯の働きが大切といえます。
クーパー靭帯は胸を構成している乳腺と脂肪、それから皮膚などをつなぐ靭帯のことです。

胸の形を維持するようにそれぞれをつないで支える役わりをしているのですが、コラーゲンでできているクーパー靭帯は弱く、胸そのものの重さや胸の揺れなどでも徐々に伸びてしまいます。

このクーパー靭帯に負担をかけないように胸にフィットするブラジャーをつけることや、正しい育乳マッサージを行うことでより胸のアンチエイジングが望めるのです。

またストレッチや育乳マッサージを行うことで、胸にハリを持たせるといわれる女性ホルモンの分泌を促すこともおすすめします。

そして食事面でも女性ホルモンの材料となるたんぱく質を意識して摂取するとよいでしょう。

(まとめ)ストレッチでたるんだ胸の形がきれいになる?

1.ストレッチで血行が改善されると胸の形が美しくなるといわれています

ストレッチは凝り固まった胸の周りの筋肉をほぐすといわれています。

こりがほぐれて血行が促進されると胸に栄養が届きやすくなり、同時に鍛えられた大胸筋が胸にハリを与えることが期待できます。

2.ストレッチで姿勢が改善されて胸の形が良くなるといわれています

パソコンやスマートフォンをよく使うことで姿勢が悪くなると肩甲骨が開いて大胸筋の筋肉が落ち、胸の形が悪くなりやすいです。

ストレッチで筋肉を鍛えて姿勢を改善することで胸の形も良くなるでしょう。

3.自分の胸の形が理想的かどうかチェックしましょう

理想的な胸の形は鎖骨の中心とバストトップの3か所を結んだ形が正三角形になるといわれています。

胸の形は円錐型やおわん型など6種類の形があるといわれていますが、どの胸の形に限らず正三角形が作られている形が理想といえます。

4.ストレッチだけではきれいな胸の形を維持することが難しいでしょう

胸の形は年々エイジングのために崩れていくでしょう。

ストレッチ以外にも正しい育乳マッサージで血行を良くし女性ホルモンの分泌を促すバストケアを行うとよいです。

また食事や下着などに気をつけるとより胸の形が維持が望めます。