胸の形を維持するには胸に良い日常生活と定期的なケアが必要といえます


胸はほとんどが脂肪で構成されているため形を保つことが難しく、日々の生活で常に気をつけていないと下垂するなどのように形が変わりやすい場所といえます。

いつまでも美しい胸でいられるようにするには、大胸筋を鍛えるストレッチやバストアップマッサージでケアしていくとよいです。
バストアップマッサージに関しては、専門のサロンでプロの手を借りるという選択肢もあります。

胸の形は主にクーパー靭帯で支えられています

胸は母乳を作り出す乳腺が10%とその乳腺の周囲についている脂肪が90%、それから乳腺や脂肪を周りの皮膚や大胸筋などにつないでいるクーパー靭帯から作られています。

胸の形が美しく保たれているのは主にクーパー靭帯の働きがあるためです。
クーパー靭帯は、運動をしたときの胸の揺れや胸そのものの重さ、そして加齢などによって伸びると考えられているのです。

ただクーパー靭帯はコラーゲンの繊維でできた組織のため、一度伸びてしまうともうもとに戻らないといわれています。

バストの形を維持するためのクーパー靭帯が伸びると胸のハリがなくなり胸が徐々に下垂していくでしょう。
クーパー靭帯による下垂を防ぐためにも胸にぴったりとフィットするブラジャーをつけることが大切です。

きついブラジャーで胸を締めつけることも胸とって良くないため、胸の揺れを抑えるために胸上部に隙間があるようなブラジャーはつけないようにするといいでしょう。

スポーツをするときにはサポート力の強いスポーツブラが胸の揺れを抑えてくれます。
また寝るときにはナイトブラをつけることで横になっているときに胸が左右に流れて形が崩れるのを防ぎ、胸の形の崩れを防ぐことが期待できます。

胸は年々段階を追って変化していきます


胸の理想的な形はゴールデン・トライアングルができているかどうかでわかるといわれています。

鎖骨の中心と左右の胸のトップを結んだ線が正三角形になっている状態になっていれば美しい胸の形になり、正三角形が崩れている場合には胸の形も崩れているといえるのです。

鏡の前で三角形の形を確認することで現在の胸の状態を確認することができます。
胸の形は20代で丸みのある形になってからは以下のように段階を追って変わっていくのです。

  1. デコルテから胸の上部分の脂肪が落ちて丸みを帯びた胸から三角型の胸に変化します
  2. 胸のハリが減少して下部分がたわみ、バストトップが下を向きます
  3. さらに胸全体のハリが失われ、胸がしぼんで下垂した状態になります

この3段階に分類される胸のエイジングの状態は年齢だけでは決まっていません。
20代では多くの女性が理想的な胸を維持していますが、中にはすでに胸が1や2の段階になっている女性もいるといいます。
30代の場合にはほとんどの女性の胸が1から3の状態になるといわれていますが、50代でもまだ下垂が進んでいない1段階に留まっている方も10%ほどいるというデータもあります。

胸によい生活を送っていると、50代でもエイジングを進めることなく胸の形を維持することが可能といえるでしょう。

胸の形を維持するにはマッサージなどのケアが大切です

胸の形をエイジングに負けずにきれいな形で維持するためには、胸に負担をかけないような日常生活を送りながら正しいバストケアを行うことが重要になります。

バストケアにはストレッチや育乳マッサージなどがあり、ケアにより放っておくと徐々に下垂してしぼんでしまう胸のハリを保つことが期待できるでしょう。
胸の底部分にある大胸筋は胸を土台から支えている筋肉です。

この大胸筋をストレッチで鍛えていると左右の胸が離れることや、胸の下垂を防ぐことができるといわれています。

女性ホルモンのエストロゲンには、乳腺に刺激を与えて胸のハリを保つという働きがあります。
そのため女性ホルモンの分泌が減少する年代では胸がしぼみ下垂しやすくなる傾向にあるのです。

女性ホルモンの分泌量は20代がピークですが、20代後半からすでに分泌量は減り始めている言われています。
対策として胸に女性ホルモンが多く届くように新陳代謝を高めたり、リラックス効果から女性ホルモンの分泌を促したりできるマッサージでのケアをするとよいです。

またマッサージで乳腺に刺激を与えることでも乳腺の発達が促されて胸のハリを維持することが期待できます。
ただし育乳マッサージは正しく行わないとクーパー靭帯を痛める場合も考えられます。

不安が残る方は、育乳専門のサロンを利用して施術をしてもらった方が安心です。

(まとめ)きれいな胸の形を維持するためにはどうすればいい?

1.胸の形を維持するには胸によい日常生活と定期的なケアが必要といえます

胸はそのほとんどが脂肪でできているため日常生活で気をつけていないと下垂しやすい場所といえます。

いつまでも形が変わらないように維持するためには、加齢などでたるみが生じないように胸の形に気をつけながら生活することが大切です。

2.胸の形は主にクーパー靭帯で支えられています

胸は乳腺と脂肪からできていますが、その乳腺と脂肪を周りの皮膚や大胸筋などに固定しているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯が日常生活からくる負担で伸びてしまうと胸のハリがなくなり徐々に下垂するといわれています。

3.胸は年々段階を追って変化していきます

胸の形は20代で丸みのある形になってから、徐々に脂肪が落ちてハリがなくなるなど段階を追ってエイジングが進みます。

ただ20代で胸の下垂が進んでいる場合も50代であまり胸の下垂が進んでいない場合もあり、胸のエイジングは個人差が大きいといえます。

4.胸の形を維持するにはマッサージなどのケアが大切です

胸の形をエイジングで崩さないように維持するためにはストレッチで大胸筋を鍛えたり、育乳マッサージで女性ホルモンの分泌を促したりすることが挙げられます。

バストマッサージを正しく行うことに不安がある場合は専門のサロンを利用することもおすすめです。