胸の形に違いが生じる大きな原因は普段の生活習慣の影響と考えられます


胸の形に左右で違いが生じ、バランスが悪くなるのにはいくつかの原因が考えられます。

そしてその原因は姿勢や筋肉の使い方といった生活習慣と深く関係しているのです。
たとえば猫背などの悪い姿勢は骨盤を歪ませます。

体の土台である骨盤の歪みは全身の歪みに繋がり、胸の形にも左右差として現れるでしょう。
さらに骨盤の歪みは女性ホルモンや循環機能にも悪影響を及ぼすことから、胸の成長を阻む原因と言えます。

このように日常生活に置ける何気ない生活習慣が胸の形に影響を与えると考えられているのです。

マッサージでバランスの取れた胸に整えましょう

左右でバランスの悪い胸をバランス良く整えるにはマッサージが効果的です。

まず左右差のある胸の場合、小さい方の胸には循環機能を高めることを目的としたリンパの流れを促すマッサージを行います。

この場合、脇の下にある腋下リンパや首の付け根にある鎖骨リンパの流れを促進することで老廃物を排出し、女性ホルモンや栄養が胸全体に行き届くようにすることでバストアップしやすい環境を作りましょう。

つぎに大きい方の胸には、二の腕や背中に流れた皮下脂肪を胸にバランス良く戻すこと目的としたバストマッサージを施します。
この場合、乳房を柔らかくほぐすマッサージを行うことで豊かな胸を引き締めながらバランス良く整える効果があると言われています。

ただこれらのマッサージはやり方を間違えると逆効果になることから、適切な力加減で行うことが大切です。
マッサージで理想的な胸元に整える場合は、専門的な知識や技術を身に付けたプロによる施術を受けることも1つの方法です。

左右のバストバランスが悪くなる習慣を改めることが大切です


偏った筋肉の使い方や悪い姿勢といった生活習慣を改めることで、バランスのよい美しい胸を育みながら維持できるように心がけましょう。

実は、日常生活には体に歪みを与える習慣であふれているのです。
そしてそれらの習慣の積み重ねは胸の成長を阻害したり、胸の形を崩したりする恐れがあるとも言われています。

例えばスポーツや仕事で偏った筋肉の使い方を続けた結果、よく使う方の筋肉が発達してしまい、胸の形にも左右差が生じやすくなります。
なおこのような胸の変形は足を組む、頬杖をつくといった普段やりがちな何気ない動作によっても起こる可能性があるのです。

しかしこれらの左右差が生じる生活習慣は正しい姿勢を心がけることで改善できると言われています。
なぜなら正しい姿勢をキープするためには筋肉を均等に使う必要があるからです。

また体全体をバランス良く使うように意識することには、足を組むなど骨盤や全身の歪みの原因となりえる習慣を断ち切るように促す効果も期待できるでしょう。

正しい姿勢は循環機能を高めたり、自律神経が整うことで女性ホルモンの分泌を促進したりする効果が望めるため、バストアップしやすい体に促してくれると考えられるのです。
慣れないうちは大変かもしれませんが、普段から意識することで、正しい姿勢を定着させましょう。

ブラジャーのつけ方が胸の形に影響を及ぼします

実は、間違ったブラジャー選びは左右の胸のバランスが悪くなる原因の1つになる可能性があります。

その原因を解消するには大きい方の胸に合わせてブラジャーを選ぶことが大切です。

またその際は小さい方の胸にパッドを入れることで左右差を埋めるようにしましょう。
なぜなら小さい方の胸に合わせたサイズのブラジャーを身につけると、大きい方の胸が圧迫されて左右の胸の形がますますバランス悪くなってしまう恐れがあるからです。

またバランスのよい胸を育む上では、就寝時のブラジャー着用も大切だと言われています。
就寝時には就寝時専用のナイトブラと呼ばれるブラジャーがあり、圧迫感のない適度なホールド力が快適だと愛用する女性もいると言います。

このナイトブラには、胸の脂肪が脇や背中に流れることや就寝時の姿勢により胸の形が崩れてしまうのを防ぐ効果が見込めるのです
せっかく胸の形をバランス良く整えても、キープしてあげなければまた崩れてしまうでしょう。

自分の体型に適したブラジャーを身につけることで、バランスのとれた美しい胸を育みましょう。

(まとめ)左右で胸の形に違いが生じる原因とは?

1.胸の形に違いが生じる大きな原因は普段の生活習慣の影響と考えられます

左右で胸の形に違いが生じるのには猫背などの日常生活に置ける生活習慣が影響していると考えられます。

またそれらの生活習慣は体全体にも悪影響を及ぼすことから、胸の成長を阻む原因になりえると言われています。

2.マッサージでバランスの取れた胸に整えましょう

専用的な知識や技術を必要とするものの、マッサージで左右差のないバランスのとれた美しい胸に整えましょう。

これには循環機能を高める方法や、他の部位に流れた皮下脂肪を胸に戻す方法と、さまざまな方向からアプローチすることが可能です。

3.左右のバストバランスが悪くなる習慣を改めることが大切です

偏った筋肉を使う習慣は胸の形をアンバランスにさせるだけでなく、バストアップしにくい体に促すと言われています。

一方で正しい姿勢を維持することには、バストの左右差の改善やバストアップしやすい体へと促す効果が期待できます。

4.ブラジャーのつけ方が胸の形に影響を及ぼします

左右差のない美しい胸の形を整えるのにはブラジャー選びも大切です。

なぜなら不適切なブラジャーは左右差が生じる原因になる可能性があるからです。
体型に合った適切なブラジャーを着用することで、バランスのよい胸を育みながら維持しましょう。