授乳期と授乳後で胸の形が変化するのは女性ホルモンが原因と考えられます


授乳期と授乳後で胸の形が変化するのは女性ホルモンの影響が考えられます。

実は、胸の大きさを左右するエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは妊娠を機に増える傾向にあります。
また授乳期には、母乳の分泌を促すプロラクチンと呼ばれる女性ホルモンによる刺激で胸はさらにボリュームアップします。
その後女性ホルモンの減少に伴う胸の組織が衰えて貧相な状態へと変化しやすくなります。

このように女性の胸は女性ホルモンの影響に大きく左右されるのです。

適切なバストケアを施すことで産後の胸に与える影響を防ぎます

授乳期と授乳後で胸の形が変化するのは女性ホルモンの分泌が増えたことが要因と考えられます。

妊娠を機にエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは妊娠を機に通常の約1000倍も分泌量が増えて、胸が大きくなると言われているのです。
中には通常より2カップ以上ボリュームアップする人もいると言います。

産後は母乳の分泌を促すプロラクチンと呼ばれる女性ホルモンによる刺激で胸はさらに変化するのです。
しかし妊娠中から授乳後までの間に大きく変化した胸は、その後、女性ホルモンの減少に伴う胸の組織は衰えて小さくなったり、垂れたりする傾向にあります。

しかし授乳後に胸の形が変わってしまうのは女性ホルモンによる影響だけでなく、ほかの要因も絡んでいると考えられるのです。

まず産後の女性は慣れない育児へのストレスや寝不足などにより自律神経が乱れやすい状態にあります。
また赤ちゃんの世話で前かがみの姿勢をとることが多いことから、筋肉が凝り固まり、血液やリンパの流れが滞りやすくなっています。
これらの状態がバストに悪影響を与え、授乳を終えた後の胸が変化してしまうと考えられるのです。

そこで必要となるのが循環機能を高めながら筋肉の凝りをほぐすケアになります。
時間を見つけて、簡単なエクササイズなどを生活に取り入れてもよいでしょう。

妊娠中から授乳後まで適切なブラジャーで胸を守ることが大切です


妊娠中から授乳後までめまぐるしく変化する女性の胸は適切なブラジャーで守って上げることが大切です。

通常、女性の胸は妊娠3ヶ月辺りから徐々に乳腺の活動が活発になることでボリュームアップしていきます。
その後出産直後をピークに徐々にサイズダウンしていきますが、この期間中ピークに達した胸はサイズや容量、形が妊娠前とは大きく異なります。

そのため妊娠中は、胸の変化に対応することができるブラジャーを身に付ける必要があるのです。
妊娠中の胸はわずかな刺激にも敏感な状態なため、締めつけ過ぎない程度のホールド感が大切です。

一方産後の胸は徐々にサイズダウンしていくことから、その時々のサイズに合ったブラジャーを身に付ける必要があるでしょう。

なお授乳中の胸は母乳が蓄えられるようになっているため、重量が重くなります。
この重量が胸の負担となり、クーパー靭帯が断裂したり伸長したりすることで、授乳後に胸が下垂しやすくなるのです。

このように妊娠中から授乳後までの胸は不安定な状態にあることから、胸の負担を軽減しながら守ってあげましょう。

なお産後・授乳を終えた胸は妊娠前と比べると、形やサイズが変わっているケースが少なくありません。
ブラジャーはその都度体型にフィットするものを選ぶことが大切です。

授乳の仕方に気をつけることで胸の形が崩れるのを防ぎましょう

授乳中は授乳の仕方に気をつけること大切です。

なぜなら授乳後、胸の形が崩れる原因と授乳の仕方が大きく関係していることが考えられるからです。
ではここで、わかりやすいように、授乳期を終えた女性の胸に現れやすい左右差を例にとってみてみましょう。

もともと胸は左右で乳腺の発達具合が違っていたり、乳頭の大きさや形が違っていたりすることから、左右の胸で母乳の出やすさや飲みやすさに差が現れると言われています。

本来なら、左右まんべんなく授乳することが望ましいですが、つい授乳しやすい方の胸で授乳しがちです。
この偏った授乳の仕方が乳腺を左右偏って発達させることで、授乳後の胸が左右で違ってくるというわけです。

また胸の形を崩ず原因になりえる授乳方法はこれだけではありません。
たとえば前かがみの姿勢や夜間寝たままの姿勢での授乳スタイルなども、胸の形を崩す原因になりえます。

このように授乳中の姿勢やクセが胸に関わる組織に悪い影響を及ぼすことで、授乳後の胸の形は大きく変化してしまうのです。

裏を返せば、胸の形に悪い影響を及ぼす授乳方法を控えることで、胸の形は守ることができるということになります。
これらの姿勢やクセは意識して改善することが大切です。

授乳期を終えた胸に愕然とすることがないように、気付いたら直すように日々心がけましょう。

(まとめ)授乳期と授乳後で胸の形が変わる原因とは?

1.授乳期と授乳後で胸の形が変化するのは女性ホルモンが原因と考えられます

授乳期にもっともサイズアップする女性の胸は、授乳後、女性ホルモンの減少に伴いサイズダウンします。

妊娠中から授乳後までの間、負担を強いられた上に、女性ホルモンが減少して乳腺が衰退する影響により、胸の形は崩れると考えられるのです。

2.適切なバストケアを施すことで産後の胸に与える影響を防ぎます

産後の女性は自律神経が乱れやすい上に、循環機能が低下しやすい状態にあるため、胸の成長が阻害されやすい環境にあることが予測されます。

授乳期を終えた後も美しい胸をキープするためには、ムリのない範囲で簡単なエクササイズなどを取り入れるとよいです。

3.妊娠中から授乳後まで適切なブラジャーで胸を守ることが大切です

妊娠中から授乳中にかける期間、胸はサイズや重量、形がめまぐるしく変化します。

そしてこれらの変化が胸の組織に負担を与えることで、授乳期を終えた胸が変化するのです。
この敏感な時期は適切なブラジャーで胸への刺激を軽減しながら守ることが大切です。

4.授乳の仕方に気をつけることで胸の形が崩れるのを防ぎましょう

授乳中の姿勢やクセが胸の形に悪い影響を及ぼすことで、胸の形が崩れてしまう可能性があります。

しかし逆に言えば、それらの姿勢やクセを意識して改善することで、胸の形を崩れないように予防することが可能でしょう。