妊娠すると女性ホルモンが増えるため胸の形は変わりますがムリな対策は禁物です


妊娠をすると女性ホルモンの分泌が活性化するため、乳腺も大きくなります。

こうして乳腺が発達することによって、母乳が作られ、赤ちゃんを育てる体になっていくのです。
そのため胸の形が変わること自体はいたって自然なことだと言ます。

もしそれでも対策をするならマタニティブラなど、妊娠用のブラジャーを着用する程度にとどめておきましょう。
ムリなエクササイズやマッサージは大きな負担となるため、妊娠中は避けた方が賢明です。

妊娠して胸の形が大きくなるのは自然なことです

妊娠すると胸の形が大きく変わりますが、珍しい現象ではありません。

一般的には妊娠をして2ヶ月ぐらい経過する頃になると乳腺の発達がはじまります。
これには女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが関係しています。

エストロゲンは母乳を運ぶための乳管を、プロゲステロンは母乳を作る乳腺葉を発達させるのです。
こうして乳腺を大きくして、赤ちゃんを育てる準備が始まります。

そして大きくなった乳腺を守るため脂肪が厚く増えていき、妊娠前よりも胸が大きくなると考えられているのです。

どれほど大きくなるのかは個人差があるものの、妊娠前より大きくなるのは通常のことだと考えた方がよいでしょう。
また初妊婦や出産の経験がすでにある人でも胸の形は違うと言われています。

たとえばはじめて妊娠した人の場合は半球のような形となり、経験がある人だと胸が垂れ下がる傾向にあるのです。

マタニティブラジャーなど妊娠中に合わせたブラジャーをしましょう


胸が大きくなることを考えれば、それまでしていたブラジャーでは小さくなるでしょう。

この時、妊婦用のマタニティブラジャーなどを使用することで、胸への負担に関する対策が期待できます。

妊婦用のマタニティブラジャーは、通常のブラジャーより伸縮性が高く、ゆったりしているためムダに胸を締めつけることを回避できるものが多いです。

ただしマタニティブラジャーでも胸の締めつけを感じるなら、マタニティハーフトップブラジャーなどを検討してもよいでしょう。

また胸が大きくなるのではなく張る場合もあります。
胸の張りについても女性ホルモンが大きく関係しているのです。

これは女性ホルモンによって授乳の準備が進み、胸の張りが生じると考えられます。
このような胸の張りについても、妊娠に合わせた専用のブラジャーが対策の1つになるのです。

さらに妊娠中は通常よりも睡眠と栄養バランスが重要視されます。
胸よりも赤ちゃんへの影響をきちんと考え、規則正しい生活を心がけることが大切です。

胸の形が変わるのが不安でムリな対策をし、赤ちゃんと母体に負担をかけるようなことだけは回避したほうがよいのです。

妊娠中に胸の形への対策で負担がかかる場合は止めたほうがよいです

妊娠中は、お腹が大きくなる以外にも、胸が大きくなるなどといったさまざまな体の変化があります。

しかしこのような体の変化は妊娠すれば自然な現象ですから、そこまで気にする必要はないでしょう。
そのため胸の形を整える対策はしなくてもよいと言ます。
基本的には出産に向けてムリをしない生活をすることを心がけましょう。

胸の形を整えるエクササイズやマッサージなどの場合、母体への負担が大きくなってしまうものもあります。
たとえば腕立て伏せなどの場合は、お腹を地面にぶつけてしまう可能性もあるため、絶対に避けたい運動として挙げられることもあるのです。

また産後すぐであっても注意は必要です。
産後は体力が消耗ぎみになっています。
胸の形を整えるためであったとしても、身体へ負担のかける対策はしない方がよいと言えるでしょう。

どうしても行いたいならば、産後、十分な期間を休んでから対策を行うようにしてください。
たとえばバストマッサージなどは形を整えるのに役立つと考えられています。

しかしそのタイミングも産婦人科の専門医にきちんと相談することをおすすめします。
まずは赤ちゃんとご自分の体のことをきちんと守るという考えが大切なのです。

(まとめ)妊娠すると胸の形が変わるって本当?

1.妊娠すると女性ホルモンが増えるため胸の形は変わりますがムリな対策は禁物です

妊娠をすれば女性ホルモンが増加するため胸も大きくなります。

ただ産後に胸の形が変わるからとムリにエクササイズなどで対策を行うと、負担がかかるため注意が必要です。
妊娠中に胸の形が変わるのは自然なことなため、とくに対策は必要ないでしょう。

2.妊娠して胸の形が大きくなるのは自然なことです

妊娠をすると女性ホルモンが変化して乳腺が発達しやすくなり、3倍から4倍ほども胸は大きくなると言われています。

また一度出産した人とはじめての人でも胸の形は変わってきます。
基本的に妊娠をすることで胸の形が変わるのは自然なことなのです。

3.マタニティブラジャーなど妊娠中に合わせたブラジャーをしましょう

妊娠中は妊娠に合わせたマタニティブラジャーの着用をおすすめします。

また妊娠中は栄養にも気をつけて、規則正しい生活を心がけることが大切です。
これは赤ちゃんのためだけでなく、胸の形を崩さないためにも重要なことだからです。

4.妊娠中に胸の形への対策で負担がかかる場合は止めたほうがよいです

妊娠中、胸が大きくなるは自然なことなので、ムリに形を戻そうとする必要はありません。

また産後、胸の形が変わる不安があったとしても、デリケートな時期にムリをすると思わぬトラブルを招く可能性があるため注意しましょう。