大胸筋の衰えで胸の形が下垂や離れていると胸が小さく見えることがあります


胸の形が小さく見える場合、大胸筋が衰えることで下垂や左右離れてしまっている可能性も考えられます。

大胸筋という胸の土台部分となる筋肉が衰えることで、胸を支えるのが困難になります。
そうなると胸の下垂や左右離れることで小さく見えてしまうことがあるのです。
大胸筋を鍛えるようなエクササイズをして、下垂や離れ乳を改善する効果に期待が持てます。

胸は大胸筋が衰えると下垂や離れ乳となり小さく見えやすくなります

形によっては本来の胸のサイズより小さく見えることがあります。

その原因は複数ありますので、実際のカップ数よりも小さく見えると感じる人は当てはまるかチェックしてみましょう。
胸が小さく見える主な原因の1つに大胸筋の衰えが考えられます。

大胸筋とは胸の土台となっている部位であり、そこが衰えてしまうと胸が小さく見えてしまう可能性があるのです。

大胸筋の衰えによる下垂は、胸が小さく見える原因の1つです。
下垂とは胸が垂れ下がってしまうことです。

また胸が左右離れることも大胸筋の衰えによって生じます。
これによって胸が小さく見えるとも言われているのです。

胸の形について小さく見えるのでしたら、このような原因への対策が必要になります。
ただこのような原因が生じるのはなにも特別なことをしているからではありません。

日常で行っているごく普通の習慣が、胸を小さく見えてしまう原因を作っている可能性が高いため注意しましょう。

自分の胸のサイズに合った適切なブラジャーを着用しましょう


適正なサイズではない小さなブラジャーを着用すると、胸への負担が大きくなることが考えられます。

この負担で胸を支えるクーパー靭帯が傷ついてしまう可能性も否定できません。
クーパー靭帯が傷ついて伸びてしまえば、下垂が生じやすくなってしまうのです。

また大胸筋や胸の発達についても悪影響を与えることになります。
それは胸を押しつぶすことにより、血行やリンパが停滞しやすくなることです。

胸の発育を考える上では血行によって栄養素や女性ホルモンを胸に運ばれやすく、また老廃物を流すリンパの流れがスムーズである必要があります。

ブラジャーが小さければ胸周辺にある血管やリンパ管に負担が生じるため、胸や大胸筋の発育に悪影響をもたらしてしまうのです。
これは下垂だけではなく、離れ乳につながる可能性を高めます。

さらに姿勢にも注意しましょう。
猫背でも血行が悪くなりますし、胸にも負担をかけやすくなります。

ほかにも不規則な生活を続けていれば胸を育てるために必要な女性ホルモンの分泌が乱れやすくなります。

胸が小さく見えるなら日常生活における問題点を理解し、当てはまるなら早めの対策を心がけましょう。

エクササイズやバストマッサージで対策をしましょう

胸の下垂や離れ乳を解消するために、エクササイズで鍛えることをおすすめします。

大胸筋のエクササイズは難しいものではありません。
両腕を横に伸ばしてから曲げ、正面で両手を合わせます。
両手を合わせた状態でお互いに10秒ほど押し合う簡単なエクササイズもあります。

だいたい1日10セットを目安に継続して行うとよいでしょう。
これは合掌ポーズと言われるもので、大胸筋を鍛えるエクササイズの代表的なものです。

また胸に負担をかけないように自分の胸のサイズに合ったブラジャーを着用することも重要です。

スポーツをしている人も注意しましょう。
ウォーキングのような軽い運動でも胸が揺れてしまうからです。
そのためスポーツをしている人は胸を安定させるスポーツブラなどを使用するとよいでしょう。

睡眠時も横で眠ったりうつ伏せで眠ったりすることに注意し、ナイトブラを着用して胸への負担を軽減させるとよいです。

またバストマッサージという対策もあります。
バストマッサージは血行やリンパの流れを促進させるだけではなく、背中などに流れた脂肪を胸へ流すサポートをしてくれます。

とくに専門サロンでのバストマッサージは、プロが施術をしてくれるため自分で行うよりも効果が期待できるでしょう。

(まとめ)胸が小さく見えるのは胸の形が関係あるって本当?

1.大胸筋の衰えで胸の形が下垂や離れていると胸が小さく見えることがあります

大胸筋が衰えてしまうと、胸を支えるのが難しくなるため下垂や胸が離れてしまうことにつながりやすいのです。

下垂や胸が離れてしまうことで小さく見えやすくなります。
そのためまずはエクササイズなどで大胸筋を鍛えるのがよいでしょう。

2.胸は大胸筋の衰えると下垂や離れ乳となり小さく見えやすくなります

本来の胸のサイズより小さく見えるのは大胸筋が衰えている可能性も考えましょう。

大胸筋は胸の土台となる重要な部位であり、衰えることで下垂などが生じやすくなるのです。
また日常にある原因によって胸が小さく見える結果につながっている場合もあります。

3.自分の胸のサイズに合った適切なブラジャーを着用しましょう

小さなブラジャーだと胸へ負担をかけてしまい、クーパー靭帯が傷つく可能性もあります。

また血行が悪くなり大胸筋などが発達しづらくなることも考える必要があるでしょう。
ほかに姿勢が悪いことも血行悪化につながり胸の発育に悪影響が出ます。

4.エクササイズやバストマッサージで対策をしましょう

大胸筋を鍛えるためのエクササイズを実践してもよいでしょう。

またスポーツや睡眠などシーンに合わせたブラジャーを活用することも大切です。
直接バストへ働きかけるバストマッサージは、血行を良くするだけでなくさまざまな効果が期待できます。