妊娠して母乳が出るようになるとホルモンの影響で胸の形が変わると言われています


妊娠をすると、女性ホルモンの影響によって胸の形が変わると考えられます。

とくに女性ホルモンが活発化して増加すると言われているのです。
ただそればかりではなく授乳をすることで、プロラクチンというホルモンが分泌されます。

結果として授乳をする側の胸だけが大きくなることにつながるのです。
また妊娠・出産・授乳期に胸の形をムリに整えようとすると母体にも負担がかかるため注意が必要です。

妊娠から卒乳にかけて胸の形は変化していきます

女性の体は妊娠すると、赤ちゃんをお腹の中で育てるための準備が始まります。

この準備の中に、胸の形が変わっていくことも含まれます。
胸の形が変化するのは、出産してから赤ちゃんに与える母乳を作る仕組みになっていくためです。
この母乳を作る仕組みになるには、2つの女性ホルモンが関係しています。

プロゲステロン

母乳を作り出すいわば工場の役割を担っている「乳腺葉」を発達させます。
子宮にも影響を与え、妊娠の成立と維持に関する働きも果たしています。

エストロゲン

母乳の通り道になる「乳管」の発達に大きく関係しています。
女性らしい体を作ることや、自律神経を安定させる役割も担っているのです。

このように乳腺が大きく発達するため、胸を守ろうと脂肪も増えてバストそのものが大きくなっていくのです。
では胸の形は、具体的にどのように変化していくのでしょうか。

まず妊娠中は、バストの下半分からワキへと大きくなっていくと言われており、同時に容量も増えて、ずっしりと重くなります。
次に出産直後は、さらに乳腺が拡張されていきボリュームもアップするのです。

この時、一般的に元のサイズから2~3カップほど大きくなると言われています。
しかし卒乳をすると、バストにハリがなくなり、下垂も始まる傾向にあるのです。
このように慌ただしく変化していくため、マタニティ用のブラジャーを着けて形が崩れないように準備しておくことをおすすめします。

授乳によりプロラクチンというホルモンが分泌されて大きくなります


産後、赤ちゃんに授乳をする時に一方の胸ばかりで飲ませてしまうことがあるかもしれません。

ですが一方の胸ばかりでの授乳は、左右の差を生む原因になると言われています。
これは母乳分泌ホルモンであるプロラクチンが関係しています。

赤ちゃんに母乳を与える時の刺激でプロラクチンが分泌されると、母乳を作るように指令を出します。
これにより乳腺が発達するため、片方ばかり飲ませていると一方だけが大きくなり結果的に左右差が出ると考えられているのです。

このように胸の形や大きさはホルモンと大きく関係しています。
この場合、左右差を大きくしたくないのなら、一方だけではなく、両方バランス良く飲ませるとよいでしょう。

基本的に母乳が出るようになった状態で、胸の形を整えるためのムリな対策をすることはおすすめしません。
エクササイズや間違ったマッサージをすることで思わぬトラブルを引き起こしかねないからです。

胸の形を整えるなどの対策を行うのは、授乳期を終えて落ち着いてからの方がよいでしょう。
まず優先されるのは赤ちゃんの健やかな成長と母体の回復です。

妊娠前にも胸の形を変える原因はたくさんあるため注意しましょう

妊娠によって胸の形は変わりますが、妊娠前にも形が崩れる原因は潜んでいます。

その内の1つは、クーパー靭帯が伸びて戻らなくなるケースです。
クーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因は、日常生活の中に潜んでいます。

たとえばうつ伏せや横向きで眠ることなどは、胸が押しつぶされる格好になるため、クーパー靭帯に負荷をかけてしまうのです。
横になる時はできるだけ仰向けになることを心がけましょう。

ただ睡眠中に姿勢を意識することは、なかなか難しいと思います。
その場合はナイトブラを着用しましょう。
ナイトブラは睡眠時、寝返りによる胸の形を保護する設計になっているためおすすめです。

スポーツ時も通常のブラジャーだと胸が大きく揺れ、クーパー靭帯に負担をかけるため注意する必要があります。
スポーツブラなどで胸を固定することができるため着用してみましょう。

こちらは日頃から胸を守るためにできる対策です。
胸の形を維持したいと考えるなら、積極的に取り入れてみましょう。

(まとめ)妊娠して母乳が出ると胸の形も変わる?

1.妊娠して母乳が出るようになるとホルモンの影響で胸の形が変わると言われています

妊娠をすると女性ホルモンの分泌量などが大きく増え、胸が大きくなっていく傾向にあります。

また母乳が出やすい飲ませやすい一方の胸ばかりで飲ましていると、そちらの胸ばかりがプロラクチンというホルモンの影響で大きくなると言われているのです。

2.妊娠から卒乳にかけて胸の形は変化していきます

妊娠によって胸の形は変わるとされています。

母乳を作ろうと、乳腺が発達し脂肪が増えて大きくなっていくのです。
卒乳をするとバストにハリがなくなり下垂も始まると言われています。

3.授乳によりプロラクチンというホルモンが分泌されて大きくなります

母乳を一方の胸ばかりでさせることで、母乳分泌ホルモンと呼ばれるプロラクチンが増加します。

これで乳腺が発達するため、片方ばかりで母乳を飲ませると胸の形が左右対称にならないという問題が生じやすくなるのです。

4.妊娠前にも胸の形を変える原因はたくさんあるため注意しましょう

妊娠前でも胸の形が変わる原因はたくさんあります。

眠っている時の寝返りや、スポーツで激しく動くことなどが挙げられるでしょう。
そのためナイトブラやスポーツブラなど専用のブラジャーを着用することをおすすめします。