胸の形を良くするために腕立て伏せが効果的と言われています


胸の形を整えるならエクササイズがよいと言われています。

その中でも腕立て伏せが効果的です。
なぜなら胸を支える土台となる大胸筋や小胸筋を鍛えることができるからです。

大胸筋を鍛えることで胸の形が崩れにくくなることが期待できます。
また胸を支えるクーパー靭帯という組織への負担を軽減することにも役立つのです。

腕立て伏せはさまざまな効果を望むことができます

胸の形を整えたり、維持したりすることに効果的な立て伏せですが、行うことでさまざまな効果を得られる可能性があるのです。

胸は90%の脂肪と10%の乳腺という構成になっています。
その胸を支えるのがクーパー靭帯や大胸筋に小胸筋です。
腕立て伏せは、大胸筋などの筋肉を発達させるため、胸を支える土台作りになると言ます。

またクーパー靭帯を守るためにも重要と言えるでしょう。
クーパー靭帯に負担がかかりすぎて、伸びたり切れたりすれば下垂や離れ乳などの胸の形が悪くなる原因の1つになってしまいます。

大胸筋などがしっかり鍛えられていると、クーパー靭帯の負担が軽減されて、下垂や離れ乳が起きにくくなるのです。

ほかにも胸の筋肉が発達すると、バスト周辺の血流が良くすることを期待できます。

胸の筋肉を鍛えることで、よい血行状態を保てれば栄養や乳腺の発達に大きく関係する女性ホルモンが、胸に運ばれやすくなると考えられるのです。

このような理由から、胸を鍛えることは重要であり、その1つである腕立て伏せがよいと言われています。

膝を床につけたままの腕立て伏せで大胸筋を鍛えましょう


前述の通り、腕立て伏せで大胸筋を鍛えることは、バストにとってさまざまなよい効果を望むことができます。

ただしあまりにハードな腕立て伏せをすると、胸の脂肪が燃焼してしまいしぼんでしまう可能性も否定できません。

またあまり運動をしてこなかった人が急にハードな運動をすると、疲れてしまい三日坊主で終わることも考えられるでしょう。

そうならないよう、簡単な膝をついた腕立て伏せをご紹介します。

  1. 肩幅よりも少し腕を広げて、四つん這いになります
  2. 両膝を床にくっつけた状態で、スネから足先まで上げてください
  3. 足に力を入れず、腕と胸の力だけで腕立て伏せをします

この時肩から骨盤にかけてまっすぐにして行うことを心がけましょう。
このトレーニングは大胸筋だけではなく三角筋などにも刺激を与えることが期待できます。

最初から50回などを目標にするのではなく10回程度から始めるとよいでしょう。

ゆっくりと自分のペースで行うのもよいです。
慣れてくれば回数を増やしてみてもよいかもしれません。
このように腕立て伏せで大胸筋を鍛えて、形が崩れない胸を目指しましょう。

腕立て伏せ以外の対策も併用して行いましょう

胸の形を整えるには、腕立て伏せだけでなくほかにもさまざまな要素が関係しています。

筋肉を鍛える以外のことも知って、理想のバストを目指していきましょう。
たとえば女性ホルモンの分泌です。

女性ホルモンの分泌がスムーズでなければ、乳腺が発達しないため、なかなか大きくならないことに加え、形を維持するのが難しくなります。

そのため女性ホルモンのバランスが乱れないよう、規則正しい生活を心がけましょう。
とくに睡眠不足には注意したいポイントです。

睡眠が安定しないと、自律神経の乱れにつながり、女性ホルモンの分泌量が減る原因の1つになってしまうのです。

また食生活が乱れると女性ホルモンを作るための材料が不足することにつながります。
栄養バランスのよい食事を摂ることを意識するようにしましょう。

これに合わせてバストマッサージを試してみましょう。
バストマッサージは胸への血行によいアプローチができるだけではなく、形を整える助けになるからです。

また専門店でプロに任せることで、自分で行うよりも高い効果が期待できるためおすすめできます。

(まとめ)胸の形を整えるのに腕立て伏せがよいって本当?

1.胸の形を良くするために腕立て伏せが効果的と言われています

胸の形を整えたり維持したりするには、大胸筋を鍛えることをおすすめします。

大胸筋は胸の土台部分で、ここが衰えると下垂などの原因の1つになるからです。
また胸を支える重要な部位の1つであるクーパー靭帯への負担を軽くすることが期待できます。

2.腕立て伏せはさまざまな効果を望むことができます

胸の形を維持したいなら、エクササイズが有効とされており、その中でも腕立て伏せがよいと言われています。

これは腕立て伏せで大胸筋を鍛えられることが理由の1つです。
大胸筋を鍛えることでバストにとってうれしい効果が見込めます。

3.膝を床につけたままの腕立て伏せで大胸筋を鍛えましょう

通常の腕立て伏せがきつい場合、膝をついた腕立て伏せが有効と言われています。

ただし通常の腕立て伏せより楽とはいえ、やりすぎると疲れて3日と経たずやめる可能性もあります。
やり過ぎは脂肪が燃焼して胸がしぼんでしまう可能性もあるため注意が必要です。

4.腕立て伏せ以外の対策も併用して行いましょう

腕立て伏せだけではなく、女性ホルモンの分泌バランスが乱れないような生活を送りましょう。

また生活リズムや食生活にも注意が必要です。
腕立て伏せとともに、バストマッサージをすることも方法として挙げられます。