加齢により胸が垂れる時期は大人の身体が完成した20代半ばぐらいからです


一般的に、加齢による胸の変化はいったん現れ始めると、以前のようなハリ感のある胸に完全に戻すことが難しいと言われています。

そしてこのような胸の変化は20代半ばから徐々に始まっているのです。
この変化を加速させるのが女性ホルモンの乱れやクーパー靭帯のたるみ、胸の皮膚の弾力性や柔軟性が低下するなど加齢により起こる現象です。

加齢により女性ホルモンの分泌が低下すると、乳房内の乳腺と脂肪の比率が変わり、胸はハリ感を失い柔らかくなります。

胸の形は年齢とともに変化していきます

基本的に、女性の身体には3回に分けて大きな変化が訪れると言われています。

1度目の変化は10代後半から20代前半にかけて起こり、徐々に女性らしい身体つきへと成長するのです。

次に訪れるのが、20代半ばぐらいで、完成された身体に皮下脂肪がつきやすくなります。
この時期から、胸の形が垂れるなどの変化が現れ始めるのです。
とくに30代後半になると、その変化は加速すると言われています。

この変化とは、乳房内の乳腺と脂肪の比率が変わることです。
女性ホルモンの分泌が減り、徐々に乳腺が衰えて脂肪の割合が多くなり、ハリ感を失って柔らかくなっていきます。

残念ながら、乳房内には筋肉がないため鍛えるなどしてハリ感を取り戻すことはできません。
また胸を支える大切な役割を持つクーパー靭帯も外部の刺激により、伸びるなどの変化が起こると元に戻すことができないのです。

このような加齢による変化は、抵抗することができないため普段から予防することで、加齢による変化を遅らせることが大切になります。

適切なバストケアで胸のエイジングを予防しましょう


加齢により起こる胸の変化は、適切なバストケアを施すことで予防することが大切です。

ここでいうバストケアには、以下のようなものなどが挙げられます。

  • マッサージ
  • エクササイズ
  • 適切なブラジャーを身に着ける
  • 胸を支える筋肉を鍛える筋トレ
  • 正しい姿勢をキープすること

これらのケアに共通しているのは「クーパー靭帯をいかに守るか」という部分です。
加齢により組織のたるみは生じますが、クーパー靭帯に損傷があるのとないのとでは、変化の現れ方が違うと言われています。

一度伸びたり、断裂したりすると元には戻らない性質を持つクーパー靭帯は、外部の刺激から守ってあげる必要があります。

ここで必要になるのが、適切なブラジャーを身に着ける習慣です。
フィット感や年齢に合ったものなど、自分に適したブラジャーを身に着けることではじめてクーパー靭帯は守られます。

さらにナイトブラやスポーツブラなどもTPOに即したものを装着することが大切です。
このように加齢により起こりえる変化を予想しながら予防することで、美しい胸は育めると言えるでしょう。

バストマッサージやツボ押しも取り入れてみましょう

バストマッサージにはハリ感のある胸を育むのによい効果を望むことができることをご存知でしょうか。

乳房内の乳腺を刺激するマッサージがあります。
乳腺が刺激されると、女性ホルモンの分泌が促され、豊かでハリ感のある胸を育む効果が期待できるのです。

さらにバスト周辺には胸によい効果をもたらすと言われるツボが点在しています。
例を挙げるとすれば、天渓(てんけい)や渕腋(えんえき)などです。

天渓は左右のバストトップをラインで結んだ延長上、左右両端の骨と骨の間に存在し、押すと痛みを感じます。
この天渓には乳腺を発達させる効果があると言われているのです。

渕腋はワキの下を垂直に下りたラインとバージスラインとが交わる辺りに位置し、こちらも押すと痛みを感じます。

なおこの渕腋には肌にハリを与え、乳房を引き締める効果があると言われています。
このようなツボ押しを合わせて行うのも方法の1つです。

ただ加齢によって変化する胸には、適切なマッサージが必要だと言われています。
胸の変化に気づいた場合、急激な変化が現れる前にプロによるアドバイスを受けてみるのもよいでしょう。

(まとめ)加齢により胸の形が垂れるのはいつから?

1.加齢により胸が垂れる時期は大人の身体が完成した20代半ばぐらいからです

20代半ば辺りから、胸の形にも垂れるなどの変化が現れると言われています。

なおこのような加齢にともなう胸の変化はいったん現れ始めると、元には戻ることができない性質があります。

2.胸の形は年齢とともに変化していきます

加齢により胸に起こる変化は、いったん現れ始めると元に戻すことができないことが指摘されています。

胸の形が垂れるなどの変化は、女性ホルモンの低下やクーパー靭帯の緩みなど加齢により起こる現象が関係しており、抵抗することが難しいです。

3.適切なバストケアで胸のエイジングを予防しましょう

加齢により起こりえる胸の変化は普段から適切なバストケアを施して予防する必要があります。

たとえばマッサージや適切なブラジャーを身に着ける習慣などを取り入れることで、加齢による変化が抑えられるでしょう。

4.バストマッサージやツボ押しも取り入れてみましょう

加齢による胸の変化を予防するのにはマッサージが効果的だと考えられます。

またマッサージする際に、ツボ押しを合わせ行うのもよい方法です。
ただ加齢による胸の変化は適切なケアを怠ると、急激に現れることがあるため注意しましょう。