胸が垂れる原因は、加齢やホルモンバランスの変化などさまざまなものがあります


胸が垂れるのは、加齢により女性ホルモン量が減り、乳腺が退化して脂肪量が増え、ハリがなくなり重みで下がることが要因の1つです。

さらに体重の変化などによりバストサイズが急激に代わることで、胸を支えるクーパー靭帯がダメージを受け、胸を支えきれなくなることも原因とされています。
他にも、サイズの合わないブラの着用や姿勢の悪さなども胸の下垂につながります。

年齢を重ね、バストサイズが変化することで女性の胸は垂れてしまいます

胸は大胸筋を土台とし、発達した母乳を生成する乳腺や皮下脂肪、胸の重みを支えるクーパー靭帯などから構成されています。

10代後半から20代にかけて、胸がふくらみを増しハリと弾力もでてきます。

しかし加齢により徐々にハリがなくなり、ふくらみも小さくなって下に垂れてきてしまうのです。

女性ホルモンであるエストロゲンは乳腺を発達させ、バストにハリをもたらす働きを担っています。

胸が垂れる理由としては、年齢を重ねるごとにエストロゲンの分泌量が減り、ハリが失われることが挙げられます。

さらに乳腺が退化して皮下脂肪の割合が増えるため胸が重くなり、クーパー靭帯が伸びたままになったり、切れてしまったりして胸が支えを失うことも下垂につながるのです。

そしてライフワークの中でバストサイズが急に変化することも、クーパー靭帯にダメージを与え、胸の皮膚が伸びきり、胸が垂れる要因となります。

妊娠出産を経ると、胸は急激に大きくなりますが、授乳期間を終えると急速にしぼんでしまいます。

また太ったり、ダイエットで痩せたりすることもバストサイズが変化しやすくなります。

合わない下着の着用、姿勢の悪さなども胸が垂れる要因となります


サイズの合っていない下着を長年着用していたことも、胸が垂れる一要因となります。

本来のサイズよりも大きめの下着を着けていると、カップに空間ができて胸の脂肪が背中やお腹へと流れてしまう可能性があります
逆に小さめの下着は胸を締め付けるため、胸の脂肪組織を潰してしまい胸の形が崩れ、外に向かって脂肪が流れてしまう場合もあるのです。

そして胸が垂れ始める頃から胸を支えるサポート力の低い下着を身に着けることも、胸の脂肪が外へ流れやすくなります。

他にも、下着が本来の位置からズレているなど着け方が間違ったまま1日過ごしてしまうと、下着から胸がはみ出していきます。

下着が胸を圧迫し、脂肪や皮膚組織などにダメージを与え、胸が垂れる原因になるのです。

また長年に亘る姿勢の乱れも胸の下垂につながります。

背中が丸まった猫背の姿勢が続くと、大胸筋周辺の血流が悪くなり乳腺や脂肪などの組織に十分な栄養素が運ばれにくくなり、胸のハリを失いやすくなるのです。

胸が垂れないように、早めの対策が大事です

胸が垂れないようにするには、まずサイズに合った下着を選び、正しく着用することが大事です。

妊娠時や出産後、卒乳後などは急激にバストサイズが変わる上に、年齢によっても変わってきます。

その時々に合わせた、サポート力のある下着を選び、お腹や背中に流れがちな脂肪もしっかりカップに入れることを心がけましょう。

加齢に伴い乳腺が退化しやすく、胸が脂肪だけで重たくなり、クーパー靭帯にも負担がかけるのです。

そのため大胸筋を鍛えるエクササイズやヨガなどを生活に取り入れ筋肉を鍛えることで、胸の重みを支えることができます。

専用サロンで育乳ハンドマッサージを受けるのも効果的です。

また胸周りの血流を促すために、背中が丸まらないように背筋を伸ばす姿勢を心がけましょう。

さらに食生活も見直しましょう。

女性ホルモンの分泌は年齢とともに減少しますが、大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような作用があると言われています。

そしてビタミンB6やEは女性ホルモンの分泌や代謝を促す役割を担っているのです。

大豆製品やビタミンB6を含むマグロやカツオ、ビタミンEを含むナッツ類やごま、かぼちゃを食事で摂取しましょう。

(まとめ)胸が垂れる原因とは?

1.胸が垂れる原因は、加齢やホルモンバランスの変化などさまざまなものがあります

胸の下垂は、加齢によるホルモンバランスの乱れで乳腺が退化して弾力がなくなることや、クーパー靭帯の衰えにより胸が支えを失うことが要因です。

さらに胸の大きさに合わないブラの着用や猫背なども原因と考えられています。

2.年齢を重ね、バストサイズが変化することで女性の胸は垂れてしまいます

年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌量が減り乳腺が退化して胸のハリが失われ、胸が垂れる傾向にあります。

さらに急激なバストサイズの変化により胸を支えるクーパー靭帯が伸びることや、切れることも胸の下垂につながります。

3.合わない下着の着用、姿勢の悪さなども胸が垂れる要因となります

胸のサイズに合わないブラの着用や間違った着け方を続けることも胸が垂れる原因となります。

さらに猫背は胸の血流が滞り乳腺の発達に必要な栄養素が運ばれないため、長年に亘る姿勢の悪さも要因と考えられるでしょう。

4.胸が垂れないように、早めの対策が大事です

胸の下垂を防ぐには、今の胸のサイズにあったホールド力の強いブラを着用する必要があります。

さらに大胸筋を鍛える運動やバストアップによいとされる食事を生活に取り入れることや、育乳マッサージを受けることなども効果的です。