ノンワイヤーブラを着用し続けると、胸が垂れる可能性はあります


ノンワイヤーブラは、ワイヤーがないブラのため胸の重みを支える力が弱いとされています。

脂肪が詰まった胸は、クーパー靭帯という繊維状のコラーゲンで支えられていますが、胸に激しい負担がかけると、伸びたり切れたりするのです。
その結果として胸が支えをなくし下へ垂れたり、外へ脂肪が流れたりして形崩れしやすくなります。

たしかにノンワイヤーブラは、締め付け感がなく着けていて楽ですが、長い目で見えると胸の下垂を招きやすいブラだと言えるでしょう。
それでも着けたいという場合は、ホールド力が強くサイズに合ったものを選び、ワイヤーブラと使い分けるのが好ましいです。

ノンワイヤーブラは、一般的に胸をホールドする力が弱いと言われています

胸は、女性ホルモンにより発達した乳腺、乳腺をカバーする脂肪、胸全体を支えるクーパー靭帯などにより構成されています。

しかし加齢とともに、乳腺が退化して脂肪が増えて胸の重みが増すと、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりしてしまうのです。

そのため下着で胸をしっかり支えていないと、胸が垂れたり、バストが脇や背中に流れたり、形が崩れる原因となってしまいます。
胸の下垂を防ぐためには、胸をしっかり支えるブラ選びが大切です。

しかし締め付けが少なく楽だからという理由でノンワイヤーブラを着けている方も多いでしょう。
ノンワイヤーブラというのは、下部にワイヤーが入っていないソフトタイプのブラジャーです。

中でも、胸をしっかり支えるホールド力が弱いタイプだと胸が垂れる可能性があります。
そして胸を支える機能がないカップつきのキャミソールやタンクトップも胸の下垂が加速するリスクがあります。

ただノンワイヤーブラであっても、胸を支えクーパー靭帯を守れる機能のついたタイプを選ぶことで下垂をある程度、防ぐことは可能と言われています。

ノンワイヤーブラの特徴をしっかり把握しておきましょう


ノンワイヤーブラは、胸を締め付けるワイヤーが入っていないため着け心地が良く、圧迫感がありません。

胸にフィットしやすいため、ズレにくい上に伸縮性にも優れており、体への負担も軽くリラックスできるのが特徴です。

ワイヤーブラの場合は洗濯時にワイヤーが歪んだり、生地が薄くなってワイヤーが飛び出たりするなどのトラブルが起こりやすいと言われています。

一方ノンワイヤーブラは、素材も柔らかいため傷みにくいといったメリットもあります。
またワイヤーの跡が残りにくく、肌にも優しいため肌が弱い方でも安心して着用できるのです。

ただノンワイヤーブラは胸を寄せて固定することができないため谷間が作りにくい、ホールド力が弱いために胸の脂肪が脇やお腹、背中に流れてしまうことも考えられます。
さらに服を着た時のシルエットが体のラインがでやすいワンピースなど服のデザインによっては、胸の形があまりきれいに見えない場合もあるでしょう。

胸をしっかり支えるタイプのノンワイヤーブラを選びましょう

見た目や胸の下垂を防ぐには、やはりホールド力が強いワイヤーブラを着用するのが好ましいとも言えます。

ただ、ワイヤーブラは締め付けや肌のかぶれなどストレスになるため、ノンワイヤーブラを選びたいという方も少なくないでしょう。

しかしノンワイヤーブラであっても、ポイントを押さえて上手に選べばデメリットをカバーできる可能性があります。
ノンワイヤーブラは、まず自分の胸のサイズにしっかり合ったものを選ぶことが大事です。

さらにカップが補強されていたり、伸縮性により優れていたりするなど胸が揺れにくいホールド力の強い設計のものがおすすめです。

またカップの大きさも注目しましょう。
フルカップだと隙間が空きやすく、ハーフカップだとホールド力が弱いので4分の3カップ位のものが胸を支えるのには適していると言えます。

そして肩紐の長さが調整できるタイプだと紐を短くして、胸を持ち上げることもできます。
ノンワイヤーブラ選びのポイントを押さえて、胸が垂れにくいブラをきちんと選びましょう。

(まとめ)ノンワイヤーブラを着用すると胸が垂れるの?

1.ノンワイヤーブラを着用し続けると、胸が垂れる可能性はあります

ノンワイヤーブラは、着け心地はよいですが、脂肪で重い胸をしっかり支える力が比較的弱いため胸が垂れやすくなります。

着用する場合は、ホールド力が強クーパー靭帯てサイズにマッチしたタイプを選び、普段使いしないことが大事です。

2.ノンワイヤーブラは、一般的に胸をホールドする力が弱いと言われています

胸は乳腺や脂肪などの重みをクーパー靭帯が下から支えています。

しかしノンワイヤーブラはワイヤーがないためクーパー靭帯をカバーすることができず、胸の下垂を招く可能性があるのです。

3.ノンワイヤーブラの特徴をしっかり把握しておきましょう

ノンワイヤーブラは、胸に圧迫感がなくてフィットしやすく、着け心地がよい上に洗濯が楽というのが魅力です。

ただやはりホールド力はワイヤーブラほど強くないため、お腹や脇などにぜい肉が流れる傾向にあると言います。

4.胸をしっかり支えるタイプのノンワイヤーブラを選びましょう

ノンワイヤーブラを着用するなら、ホールド力があり伸縮性に富んで胸のサイズに合ったもの選ぶことが大事です。

4分の3カップのタイプや肩紐の長さを調整できる機能を持ったものが、下垂などの予防に役立ちます。