産後垂れる胸は、生活習慣の見直しや補正ブラの着用などである程度は戻すことができます


産後の胸はホルモンバランスの乱れや、乳腺の退化など垂れやすいとされています。

下垂を防ぐには、バストアップに効果的な栄養素を含む食事、質のよい睡眠、大胸筋を鍛える運動などを生活に取り入れることが大事です。
さらに育乳ブラとも呼ばれる補正力の高いサイズにあったブラを選んで正しく着けたり、育乳マッサージを受けたりするのも効果的です。

産後下垂した胸を戻すには、生活習慣を改善することから始めてみましょう

妊娠中から産後にかけては、乳腺が急激に発達するため胸のボリュームが一気に増していきます。

ところが授乳期間を経て卒乳すると、急速に胸がしぼんで垂れてくるという方も多いでしょう。
それは乳腺組織が萎縮してどんどん衰え、ハリを失うからです。

さらに加齢とともに乳腺より脂肪の割合が多くなると、胸が重くなり重力に負けて胸が下垂したり、外へ広がったりしてしまうことの要因とされています。

胸を支えるクーパー靭帯も妊娠、出産後はバストアップとともに伸びますが、胸がしぼんでも縮まないため、伸びっぱなしになって胸を支えることができなくなるのです。

産後に下垂し始めた胸をできる限り元の状態に戻すには、まず生活習慣の改善が必要です。
睡眠中は、肌細胞が生まれ変わるターンオーバーが盛んになります。
バストにハリをもたらすためには、しっかり睡眠を取ることも大事です。

また胸を支えるためには胸の土台となる大胸筋を強化するための適度な運動も必要になります。
大胸筋によいとされるストレッチや筋トレなども、ムリのない程度から生活に取り入れていきましょう。

そして食生活も見直し栄養バランスのとれた食事を3食きちんと摂れるように工夫してみてください。
中でも、バストのハリに作用するコラーゲンを含んだ手羽先や牛筋、鮭やアジ、エビなども取り入れてみるとよいでしょう。

胸のサイズに合った補正力のあるブラを選びましょう


産後の垂れた胸を元に戻すには、ブラ選びもポイントとなります。

垂れた胸をきゅっと引き上げ、しっかり支えるホールド力があるブラは、胸の下垂を食い止めるのに効果的です。
ブラを選ぶ際は、着用して鎖骨と左右の胸を線で結び、ちょうど正三角形になるものが適しています。

逆に二等辺三角形のように、縦長になってしまうようなブラは胸には合っておらず、ゆるすぎると言えます。

さらに胸を下からしっかり支え、お腹や背中、脇の肉までしっかりカバーできるように、サイドベルトがやや幅広なタイプが安心です。
サイドベルトが細いと脂肪がベルトからはみ出てカバー力が低い上に、アウターにも響いてしまうことが考えられるでしょう。

カップの大きさもフルカップだと少し動いただけでも隙間ができやすく、逆にハーフカップだと支える力が弱くなります。
4分の3カップ位のものを選びましょう。

たるんでしまったバストをしっかり下から支えるには、カップの下半分位までにクッションとなるパットが入っているタイプがおすすめです。

産後はとくにバストサイズも変化しやすいため、以前と同じものではなく、新たに胸に合ったブラを着用することがポイントになります。

産後のバストケアは、育乳マッサージが効果的です

ボリュームやハリを失った胸を少しでも前の状態に戻すには、育乳マッサージも効果的だとされています。

育乳マッサージなら、自分でもできそうだと思われる方もいるでしょう。
しかしネットなどでも紹介されている方法は力の入れ方や、やり方によってクーパー靭帯を傷める可能性があります。
そのため専門知識と技術が備わったプロの任せたほうが安心です。

ハンドマッサージにより、背中からバストに向かってリンパの流れをスムーズにし、萎縮してしまった乳腺の活性化させる作用があると言われています。

さらに自分では手が届きにくい背中や脇、二の腕などに流れてしまった脂肪を、胸の方へと引き寄せることでバストにボリュームをもたせ、二の腕や背中もすっきりさせるといった効果も期待できるのです。

バストアップの他にも、血流の流れや良くなることで肩や背中のこりもほぐれ、肌の調子を整えるのにも有効だと言われています。
胸の下垂にお悩みの方、一度育乳マッサージも検討してみるとよいでしょう。

(まとめ)産後垂れる胸を戻すにはどうしたらいいの?

1.産後垂れる胸は、生活習慣の見直しや補正ブラの着用などである程度は戻すことができます

産後の垂れやすい胸を戻すには、食生活を改善し、運動を取り入れてしっかり眠ることが大事です。

さらに産後専用のホールド力が強いブラを選んで身に着けたり、育乳マッサージを受けたりしてみましょう。

2.産後下垂した胸を戻すには、生活習慣を改善することから始めてみましょう

産後の胸の下垂対策としては、まず食生活を見直しバストアップによいとされる食品を始め、栄養バランスのよい食事を摂ることが大事です。

さらに十分な睡眠を取り、胸の土台となる大胸筋を鍛えるエクササイズや運動なども取り入れるようにしましょう。

3.胸のサイズに合った補正力のあるブラを選びましょう

産後垂れた胸を引き上げるためには、胸をしっかり支える設計のサイズにあったブラを選びましょう。

さらにサイドベルトの幅が広くてカップの下半分にパットが入っているタイプなら、ホールド力もあるのでおすすめです。

4.産後のバストケアは、育乳マッサージが効果的です

育乳マッサージは、背中から胸へのリンパの流れを良くして、乳腺を活発化させることでバストアップを目指すハンドマッサージです。

自分では手が届かない背中のケアも可能な上に、技術力のあるプロによるケアなので安心して任せられます。