垂れた胸を戻すのに効果的な方法は適切なバストケアです


一度垂れてしまった胸を完全に元の状態に戻すことは難しいと言われています。

なぜなら胸を構成する組織はデリケートだったり、性質上、一旦損傷すると元に戻ることができなかったりするからです。
しかも下垂の原因が加齢による胸の組織の変化にある場合、改善するのはなかなか難しいでしょう。

ただ適切なバストケアを施すことで、胸が垂れ下がるのを予防しながらハリ感のある胸を育める可能性はあるのです。
胸が垂れ下がり始めたと感じたら、すぐにでもハリ感のある胸を育むために必要なバストケアを行うことをおすすめします。

体型に合ったブラジャーを身に着ける習慣をつけましょう

胸を構成する組織はとてもデリケートなため、ちょっとした刺激でも胸が垂れ下がる原因になる恐れがあります。

とくに胸を支える役割を持つクーパー靭帯は、揺れなどの刺激に弱く、一旦伸びたり、断裂したりすると元には戻らないという性質があります。
このクーパー靭帯は加齢によりゆるみが生じやすくなると言われているため、原因となるダメージを蓄積させないことが大切です。

つまり胸を下垂させないためには、クーパー靭帯を刺激から守ってあげることが何よりも大切だと言えます。

そこで必要になるのが適切なブラジャーを身に着ける習慣です。
このことは胸が垂れ始めていた場合においても同様のことが言えます。
なぜならハリ感のある胸を育む上で、揺れなどの刺激が妨げになる恐れが大きいと考えられるからです。

胸が下垂する要因には、睡眠時の圧迫や運動する際の揺れも大きく関係していると考えられます。
効率よくハリ感のある胸を育むためにも、TPOに即してナイトブラやスポーツブラも使い分けるように心がけましょう。

マッサージでハリ感のある胸を育みましょう


胸や胸周辺をマッサージすることでハリ感のある胸を育みましょう。

下垂する原因として考えられることには、クーパー靭帯の損傷の他に、さまざまな要因が考えられます。

猫背など姿勢が悪い

猫背などの姿勢をしていると、胸を支える筋肉が凝り固まることから、血流やリンパの流れが滞ります。
すると胸へ十分な栄養素が運ばれにくくなってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ、

加齢により女性ホルモンの分泌が徐々に減少していくことで、乳腺が衰退して脂肪に変わり、胸が下垂しやすくなります。

これらの原因に対して、バストマッサージが効果的です。
マッサージには胸の発育に必要な女性ホルモンや、栄養素を胸に運ばれやすくする効果が期待できると言われているからです。

実践する際に、凝り固まった筋肉を深部までしっかりほぐすことで、循環機能が高まりハリ感のある胸を育みやすくなることも見込めます。

このようにマッサージはハリ感のある胸を育む上で必要な機能を高めることを望めるのです。
ただこのようなマッサージを行う際には専門的な知識や技術がなければ、逆効果になる恐れがあります。

マッサージで効果的にハリ感のある胸を育みたいと考えるのであれば、プロの施術を受けるのも選択肢の1つです。

胸を支える筋肉をバランス良く鍛えましょう

ハリ感のある胸を育むためにも普段から胸を支える筋肉を意識してバランス良く鍛えましょう。

鍛える方法としてはエクササイズや筋トレなどがあり、ムリのない範囲で継続して行うことが大切です。
そもそもなぜこのように筋肉を鍛える必要があるのでしょうか。

実は、胸を支える筋肉は普段の生活習慣の影響を受けやすく、足を組む、頬杖をつくなどのささいなくせでさえも筋肉バランスを崩す原因になる恐れがあるのです。
裏を返せば、胸を支える筋肉のバランスを整えながら鍛えることで、上向きで左右のバランスの取れた胸が育めると言えます。

たとえば姿勢を正した状態で胸の前で合掌ポーズをとるエクササイズや肩甲骨を引き寄せるように両手を背中で組むエクササイズなど、日常生活で気軽に行えるエクササイズはさまざまなものがあります。

また姿勢を正すことも手軽で生活に取り入れやすい対策の1つです。
正しい姿勢を意識して定着させるだけでも、ハリ感のある胸は育めると言われています。

いつまでもハリ感のある美しい胸をキープし続けるためには、日常生活にこのような習慣を取り入れることが大切です。

(まとめ)垂れた胸を戻す方法とは?

1.垂れた胸を戻すのに効果的な方法は適切なバストケアです

一旦垂れた胸を完全に元の状態に戻すことは難しいと言われています。

ただ胸の下垂が始まってからでも適切なバストケアを施すことで、ハリ感のある胸を育める可能性はあります。
胸が垂れ始めたと感じたら、早めに適切なケアを行うことが大切です。

2.体型に合ったブラジャーを身に着ける習慣をつけましょう

垂れ下がった胸をハリ感のある胸へと戻すためには、適切なブラジャーで揺れや圧迫などの刺激からクーパー靭帯を守る必要があります。

なぜなら揺れなどの刺激がハリ感のある胸を育む上で妨げとなる可能性が高いことが考えられるからです。

3.マッサージでハリ感のある胸を育みましょう

マッサージには胸が下垂する原因を改善しながら、ハリ感のある胸を育む上で必要な機能を高める効果が期待できます。

ただバストマッサージには、専門的な知識や技術が必要なため、効果的に理想的な胸を育みたい場合、プロによる施術という選択もあります。

4.胸を支える筋肉をバランス良く鍛えましょう

ハリ感のある胸を育み、維持するためにも普段から胸を支える筋肉を鍛える習慣を取り入れましょう。

たとえば胸の前で行う合掌ポーズのエクササイズや、背中で肩甲骨を合わせるように両手を組むエクササイズなど手軽な方法を継続して行うことが大切です。