ヌーブラが直接影響して胸が垂れることはないです


基本的に、ヌーブラが直接影響して胸が垂れる可能性は低いことが考えられます。

たしかに肩紐やアンダーベルトのないヌーブラには通常のブラジャーほどの補正力はないため、通常のブラジャーに比べると胸が垂れるのを予防する効果は期待できません。

しかしヌーブラはバストを持ち上げた状態で固定するため、激しい運動をするなどの刺激が加わらない限り、バストが垂れることは考えにくいと言えます。

ただ使い方によっては、バストが下垂する恐れがあることから、使用する場合、正しく使うことが大切です

ヌーブラの影響で胸が下垂するわけではありません

ヌーブラの影響でバストが垂れることは考えにくいと言えます。

なぜなら胸が垂れる根本原因としては加齢によるクーパー靭帯のゆるみが大きいことが指摘されており、ヌーブラのようなインナーが影響してバストが垂れるわけではないからです。
実のところバストが下垂してしまう理由は加齢と言われています。

そして下垂を誘発する大きな引き金となるのが妊娠、授乳です。
また同じように、ダイエットなどによる急激なバストサイズの変化も垂れる原因になりえます。
つまりバストが垂れるのはクーパー靭帯の状態によるところが大きいというわけです。

いつまでもハリ感のあるバストをキープし続けるためには、胸への負担をできる限り軽減することでクーパー靭帯を守る必要があります。

ただ補正力の弱いブラジャーを使い続けると、バストの下垂が進行する恐れがあるとも言われているのです。
適切なブラジャーでバストが下垂しないように予防することを基本とし、ヌーブラの使用はシーンに合わせて楽しむ程度に抑えておきましょう。

ヌーブラは正しく使うことが大切です


いつまでもハリ感のある美しい形のバストをキープするためにも、ヌーブラはTPOに即して使用することをおすすめします。

たとえばボディラインが強調されるようなドレスを着る際に、インナーに着用することで、アウターに響かずきれいに着こなすことができます。

しかもこのようにドレスを身につけるシーンにおいては、胸に激しい刺激が加わることは考えにくいため、クーパー靭帯に負担をかけることはないでしょう。

対して、激しい運動を行う場面においては、揺れや圧迫などの刺激によりクーパー靭帯に強い負担がかけることが予想されるため、ヌーブラを着けるのに向かない場面と言えます。

夏場に水辺などで、薄めの服を着る際にヌーブラをつけることもあるかもしれません。
しかしその際には、どのような行事で、自分はどれほど運動するのかについても加味しておくことが大切です。

このようにヌーブラはクーパー靭帯への負担を考慮して使い分けることが大切です。
ワイヤー入りのものや通気性が高いものもあり、機能性の高いものを選ぶことでバストへの負担を軽減することもできるでしょう。

下着は、その付け方一つで体への負担や、上に着る服への影響も大きく変わります。
ヌーブラは状況に合わせて選び方に気を配り、正しく使用することで、バストに負担を与えることなく楽しむことができるアイテムだと言えるでしょう。

ブラに左右されないハリ感のある胸を育みましょう

バストへの影響を気にすることなく、ファッション性や快適性の高い様々な種類のブラジャーを楽しみたいという場合であれば、普段から意識してハリ感のあるバストを育んでおくことが大切です。

ただ胸を支えるクーパー靭帯は、一旦伸びたり断裂したりすると、元に戻ることができないという性質がある上、加齢とともに結合部分にゆるみが生じやすくなります。

つまりクーパー靭帯に負担をかけないで済むような胸の構造を作ることが、ハリ感のあるバストをキープする上ではポイントなのです。

胸を支える大胸筋や小胸筋を鍛えるエクササイズや、乳腺の発達を促すバストマッサージなど習慣づけることを心がけましょう。

まず大胸筋をはじめとする胸を支える筋肉の発達は、上向きのハリがあり、美しい谷間を作る胸を育むと言われています。
バランス良く筋肉を鍛えることで正しい姿勢を維持できるようにもなり、ハリ感のあるバストがキープしやすくなるでしょう。

バストマッサージは、乳腺を刺激しながらリンパの流れや血流を促すことでバストアップに必要な女性ホルモンや栄養素が胸に運ばれやすい環境を作ります。

マッサージする際に、筋肉のこりを深部までしっかりほぐすことで、エクササイズやマッサージの効果がより高まることが考えられます。
ただこのようなマッサージには専門的な知識や技術が必要なため、プロによる施術を受けるなどして、正しい方法で行いましょう。

(まとめ)ヌーブラで胸が垂れるって本当?

1.ヌーブラが直接影響して胸が垂れることはないです

一般的に、ヌーブラの影響でバストが下垂する可能性は低いことが考えられます。

しかし通常のブラジャーに比べるとバストを補正する力が弱いため、胸が垂れることを予防する効果が期待できないと言われています。

2.ヌーブラの影響で胸が下垂するわけではありません

胸が垂れるのは加齢によるクーパー靭帯のゆるみによるところが大きいことが指摘されています。

そのためヌーブラが直接影響して胸が下垂することはないと言えるでしょう。
ただ使い方によっては垂れる要因になりえるため、注意が必要です。

3.ヌーブラは正しく使うことが大切です

ヌーブラはシーンに合わせて適切に使い分けることで、快適にファッションを楽しめるアイテムだと言えます。

ただ運動をする際など不向きな場面において使用した場合、クーパー靭帯に負担がかけることが考えられるため、おすすめできません。

4.ヌーブラに左右されないハリ感のある胸を育みましょう

バストを支える筋肉を鍛える運動や乳腺の発達を促すマッサージを習慣づけることで、クーパー靭帯に負担のかけにくい胸の構造を作りましょう。

なおバストマッサージには専門的な知識や技術が必要なため、プロに任せることも検討してみてもよいかもしれません。