産後に胸が垂れるのを予防するのには適切なブラジャーが必要です


普段から、体型にあった適切なブラジャーで胸を揺れなどの刺激から守る習慣をつけておきましょう。

産後に胸が垂れるかどうかは、成長期に胸が大きくなりはじめた頃から出産するまでの間、いかに胸を揺れなどの刺激から守れたかが重要なポイントになると言われています。

胸を支える役割を持つクーパー靭帯には、損傷すると元には戻ることができないといった性質があります。
ダメージが加わらないようにすることで、下垂しにくいバストになると言えるでしょう。
胸を下垂させないために適切なブラジャーを身に着けることが大切です。

TPOに即して適切なブラジャーを身に着けましょう

普段から適切なブラジャーを身に着ける習慣を付けておきましょう。

サイズの合っていない下着を着けたままだと、妊娠する以前に蓄積されたクーパー靭帯へのダメージが、妊娠を機に限界を超えてしまうことで胸が垂れることが考えられるからです。
この適切なブラジャーとは、体型に合ったブラジャーだけを意味しているわけではありません。

つまりクーパー靭帯をあらゆる刺激から守るためには、妊娠中であればマタニティブラを、就寝時にはナイトブラを、スポーツする際はスポーツブラを身に着けるといった形で、TPOに即して適切なブラジャーを使い分けることが大切です。

加えて普段から身に着けているブラジャーが体型に合っているかどうかを確認しましょう。
なぜなら女性の身体は加齢とともに変化しやすいからです。
ブラジャーが適切かどうかを判断する際は、カップやストラップの状態で確認することができます。

ただ一見フィットしているようでも、実は合っていないブラジャーを身に着けているケースがあると言います。
自分に適したブラジャーを身に着けることは、将来ハリ感のある美しい胸でいられるかどうかに関わります。

自分では判断しづらい場合、店頭でアドバイザーに見てもらうなどして、しっかり身体にフィットしたブラジャーを選ぶように心がけましょう。

バストマッサージで胸に柔軟性や弾力性を与えましょう


胸に柔軟性や弾力性があることで、胸を支えるクーパー靭帯への負担が軽減される可能性があることをご存知でしょうか。

乳房内を張り巡らされるように伸びたクーパー靭帯には伸縮性がないため、胸の組織や皮膚の状態により、クーパー靭帯に加わるダメージが増減することが考えられるからです。

たとえば加齢により胸の皮膚が弾力性を失っていたとします。
そこに揺れなどの刺激が加わると、クーパー靭帯がその刺激を一手に担うことで伸びたまま戻らなくなってしまう恐れがあります。

対して、胸の組織に弾力性や柔軟性があった場合、刺激が分散されることによりクーパー靭帯への負担が軽減される可能性が高いことが考えられるのです。
つまり普段からマッサージでケアをして胸の組織の柔軟性や弾力性を保つことで、胸が揺れなどの刺激から守られやすくなるというわけです。

マッサージする際にリンパの流れや血流を促すと、より効果が高まると言われています。
ただこのようなマッサージを専門的な知識や技術なしで行うのには胸の組織を傷つけてしまう恐れがあります。

安全で効果的なマッサージを望むのであれば、プロの施術を受けるという方法もおすすめです。

胸を支える筋肉を鍛えることも下垂の予防に役立ちます

日常生活に、胸を支える大胸筋をはじめとする筋肉を鍛えるエクササイズや筋トレなどの運動を取り入れることで、ハリ感のある上向きの胸を育みましょう。

このような運動にはバストアップ効果が期待できると言われています。
さらに筋肉がバランスよく発達させれば、ハリ感のある胸を維持する上で大切な正しい姿勢が定着しやすくなります。

たとえば合掌ポーズのエクササイズや腕立て伏せなどの運動であれば、場所も取らず短時間で行えるため継続して行いやすいでしょう。

ただ大胸筋の下に位置する小胸筋は、普段からよく使われる筋肉なため、凝り固まりやすい傾向があります。
筋肉の凝りはリンパの流れや血流を滞らせる恐れがあることから、胸の成長が妨げられる可能性があるのです。

その上骨格のズレや骨盤の歪みを招く恐れがあり、胸が下垂するなどの変化が現れる原因にもなりえます。
普段からよく使う筋肉の凝りをほぐしておかなければ筋肉はバランスよく発達しないため、筋トレなどの運動が逆効果になる恐れがあります。

運動で上向きの美しい胸を育みたいのであれば、筋肉の凝りをほぐす効果の期待できるマッサージやストレッチとあわせて行うことをおすすめします。

(まとめ)産後に胸が垂れるのを予防するために必要なこととは?

1.産後に胸が垂れるのを予防するのには適切なブラジャーが必要です

産後、胸が垂れるなどの変化を回避するために必要なのは、適切なブラジャーを身に着ける習慣です。

なぜなら胸を支えるクーパー靭帯は性質上、損傷を受けると元に戻りません。
刺激から守ることで胸の変化を予防しましょう。

2.TPOに即して適切なブラジャーを身に着けましょう

産後に胸が下垂しないように、普段から適切なブラジャーを身に着けるように心がけましょう。

なお適切なブラジャーとは、体型にフィットするだけでなく、就寝時にはナイトブラを着用するなど、TPOに即して適切なブラジャーを使い分けることを意味します。

3.バストマッサージで胸に柔軟性や弾力性を与えましょう

胸を下垂させないためには、胸を支えるクーパー靭帯の負担を軽減させることが大切です。

そこで胸の皮膚や組織に柔軟性や弾力性のケアのためマッサージを習慣づけることで、クーパー靭帯に加わる刺激を分散されやすいようにしておきましょう。

4.胸を支える筋肉を鍛えることも下垂の予防に役立ちます

普段から筋トレなどの運動を習慣づけることで、上向きの美しい胸を育みましょう。

ただ筋トレなどの運動を行う場合、偏った筋肉の凝りは解消しておく必要があります。
なぜなら筋肉の凝りは、筋肉がバランスよく発達させることを妨げる恐れがあるからです。