垂れる胸を矯正する方法には正しいブラジャーを装着することなどが挙げられます


年齢とともにバストはハリがなくなり、垂れやすくなります。

さらに年齢だけでなく、自分に合っていないブラジャーの使用も垂れる胸になる原因の1つです。
サイズや年齢に合っていないブラジャーを使用することでクーパー靭帯を損傷しやすくなります。

そのため垂れる胸を矯正するためには、自分に合ったブラジャーを装着し、クーパー靭帯を傷つけないことが大切になってきます。
またバストを綺麗に保つ方法として、バストアップマッサージも効果的です。

自分のサイズに合ったブラジャーを装着しましょう

垂れる胸の進行を防ぎ、綺麗なバストに矯正するためには自分の身体にあったブラジャーを装着することが大切です。

下垂した胸を矯正するためのブラジャーを使用する3つのポイントを紹介します。

正しいサイズのものを選ぶ

ブラジャーは小さすぎても大きすぎてもクーパー靭帯を傷つけてしまいます。

購入するときには、必ずサイズを計測してもらうようにしましょう。

ストラップやベルト幅が広めのものを選ぶ

幅が広めのブラジャーを選ぶことで、バストをしっかり支えることができます。

さらにバストを下から持ち上げるパッドが入っているブラジャーを選ぶことで、綺麗なシルエットを作ることができるでしょう。

スポーツブラやナイトブラを使用する

シーンによってブラジャーの目的が変わってきます。

運動をする場合は、バストをしっかりホールドてくれるスポーツブラを使用することで、クーパー靭帯を保護しましょう。

また就寝時には、胸が横に流れやすいため、優しく包むタイプのナイトブラを使用することが大切になってきます。

胸の下垂は加齢によるものやクーパー靭帯への負荷などが原因となります


個人差があるものの、バストの形が年齢ととともに変化していきます。

バストを変化させる要因は2つ考えられます。

ホルモンバランスの変化

年齢とともに、ホルモンバランスの変化が起こります。
バランスの変化によってバスト全体が柔らかくなり、バストが垂れる状態になりやすくなると言われています。

クーパー靭帯への負荷

バストには筋肉がないため、クーパー靭帯が内部から支えています。
重力や運動などにより刺激を長時間与えることで、クーパー靭帯が伸びるなど損傷しやすいです。
その結果として垂れる胸になってしまいます。

バストの変化とは

バストの変化は大きく分けて以下の4段階に分けることができます。

  1. 丸みのある理想的なバスト
  2. デコルテのボリュームが落ちた状態
  3. 乳頭が下向きになり、下部がたわんでいる状態
  4. バスト自体が下に垂れ、外に流れている状態

一度変化の段階を進んでしまうと、前の状態には戻らないと言われています。
そのため垂れる胸は早めに矯正することが大切です。
自分がどの状態のバストか、まずは鏡などでチェックしてみてください。

美しい胸の形を保つためにはバストアップマッサージの利用もおすすめです

バストアップマッサージを行うことで、胸が垂れることを遅らせる効果が期待できます。

ほかにも美しいバストを作るための嬉しい効果につながるでしょう。

  • 女性ホルモンが活性化する
  • 柔らかいバストになる
  • 血行を改善する
  • バストアップ効果

より効果を得るためには、バスト専門のサロンなどで施術を受けることをおすすめします。

サロンによっては、自宅でできるバストケアの正しいやり方や育乳のアドバイスを受けることもできます。
自分にあったマッサージを行うことで、バストが垂れることを効果的に矯正することにつながります。

どうしてもセルフマッサージを行いたい場合は、クーパー靭帯に負担をかけないためにも、優しくリラックスした状態で行うように心がけてください。
自分でマッサージを行うと、効果を出そうと余計な力が入りやすくなるため注意が必要です。

(まとめ)垂れる胸を矯正する方法とは?

1.垂れる胸を矯正する方法には正しいブラジャーを装着することなどが挙げられます

年齢以外にも自分に合っていないブラジャーを使用し、クーパー靭帯を損傷させることが垂れる胸になる原因です。

サイズや年齢などに合わせたブラジャーを選ぶことが大切になってきます。
またバストを綺麗に保つためには、バストアップマッサージも効果的です。

2.自分のサイズに合ったブラジャーを装着しましょう

垂れる胸を矯正するためには、ブラジャーの選び方が大切になってきます。

使用する上でのポイントは、正しいサイズのブラジャーを着ける・ストラップなどの幅が広いブラジャーを選ぶ・シーンに合わせてスポーツブラやナイトブラを使い分けることです。

3.胸の下垂は加齢によるものやクーパー靭帯への負荷などが原因となります

バストの形を変化させる要因として、加齢によるホルモンバランスの変化やクーパー靭帯への負荷が考えられます。

自分のバストの変化が、どの状態か一度チェックするようにしましょう。
変化が進むと元に戻らないため、早期に矯正することがおすすめです。

4.美しい胸の形を保つためにはバストアップマッサージの利用もおすすめです

バストを矯正し美しい形をキープするために、バストアップマッサージが効果的です。

バスト専門のサロンで、自分に合ったマッサージを行うことで効果アップが期待できます。
ご自身でマッサージする場合は、優しくリラックスして行うように心がけてください。