垂れる胸にならないためには、運動中スポーツブラを着用することが大切です


運動中、バストが揺れることでクーパー靭帯が伸びてしまったり、切れたりすることがあります。

クーパー靭帯はバストを支える役割があるため、損傷してしまうとバストを支えられず、垂れる胸になってしまうのです。

一度損傷したクーパー靭帯は元に戻らないため、運動中にスポーツブラを装着することが大切になってきます。
バストをしっかり固定することでクーパー靭帯が傷つくことを予防しましょう。

バストの揺れを防止することに特化したスポーツブラを着用しましょう

運動をすることでバストが激しく揺れ、クーパー靭帯を伸ばし傷つける可能性があります。

クーパー靭帯とは、コラーゲンが束となった繊維組織のことで、乳腺を皮膚や筋肉につないでいる部分です。
例えるならば、ワイヤーのような役割をしていると言えるでしょう。

クーパー靭帯が損傷すると、乳腺や脂肪を正しい位置に保持することが困難となり、バストが垂れてきたり、形が崩れたりするなどの状態になると言われています。

このクーパー靭帯は、一度損傷してしまうと元に戻らないと言われているため、靭帯を保護することが大切になってきます。

クーパー靭帯を保護するためには、バストの揺れを防ぐことが大切です。
とくに運動中はバストが激しく揺れるため、バストを固定することに特化したスポーツブラの着用が重要になってきます。

普通のブラとは支える構造や素材など、さまざまな違いがあり、運動時の激しいバストの揺れを防ぐためには普通のブラでは難しくなります。

間違ったブラを装着すると垂れる胸になる原因になります


自分に合っていないスポーツブラを着用すると、しっかり固定ができずクーパー靭帯を保護することができない可能性もあります。
また皮膚を傷つけるほか、体調不良の原因になることもあるため注意してください。

スポーツブラを選ぶときは以下のポイントをチェックしましょう。

身体に合ったサイズかどうか

スポーツブラを購入する際、試着して確認することがベストです。

サイズが大きい場合、ブラと胸の間にすき間ができてしまいます。
反対に小さいとバストがつぶれてしまい、圧迫感の原因になることがあります。

身体の動きにあっているかどうか

運動時にバストをしっかりサポートしてくれることが重要になってきます。

スポーツブラは身体の動かし方によって、さまざまなシーンに合わせたタイプのブラが販売されています。

「ランニング用」「ジムトレーニング用」「テニス用」など自分が行う運動によって選ぶようにしましょう。

吸水性があるかどうか

運動時に着用するため、しっかり汗を吸収し快適に運動が行えるかどうかも大切になってきます。

自分に合った素材かどうかもチェックしてください。
自分にあったスポーツブラを着用することで、運動のパフォーマンスも向上する効果も期待できます。

また着替えることでオンオフが切り替えられ、運動の集中力がアップしやすくなるとも言われています。

垂れる胸を予防するためには、大胸筋を鍛えることも重要です

激しい運動を行うと胸が垂れやすくなると言われています。

垂れる胸を作らないためにはスポーツブラで固定するだけでなく、大胸筋を鍛えることも大切です。
またバストマッサージを行うことで血行を良くすることもバストアップ効果が期待できます。

大胸筋のエクササイズのやり方
  1. 背筋を伸ばしましょう
  2. 手の平を胸の前で合掌するように合わせます
  3. 肘は真横に開くようにしてください
  4. 手の平を強く押し合わせ、10秒程度力を入れ続けます
    大胸筋はバストを支えるベースの役割があるため、継続的に鍛えるように心がけてください。
バストマッサージのやり方

自分でバストマッサージをする場合、やり方によってはクーパー靭帯を傷つける可能性もあります。

そのためバスト専用のサロンなどでバストアップマッサージ施術を受けることがおすすめです。
バストアップ効果だけでなく、育乳のアドバイスをもらえるところもあります。

(まとめ)運動しても垂れる胸にならない方法とは?

1.垂れる胸にならないためには、運動中スポーツブラを着用することが大切です

運動中にバストが揺れることで、クーパー靭帯を損傷する恐れがあります。

一度損傷したクーパー靭帯は元に戻らないため、運動中はスポーツブラを装着しましょう。
スポーツブラでバストを固定することで、垂れる胸にならないよう予防する効果が期待できます。

2.バストの揺れを防止することに特化したスポーツブラを着用しましょう

クーパー靭帯とは乳腺を皮膚や筋肉につなぐ役割があり、衰えてしまうと胸が垂れやすくなり、形が崩れてしまう可能性があります。

クーパー靭帯を保護するために、バストの揺れを防止するスポーツブラを着用するようにしましょう。

3.間違ったブラを装着すると垂れる胸になる原因になります

自分に合っていないスポーツブラを着用すると、クーパー靭帯を損傷し、垂れる胸になる可能性もあります。

サイズ感や運動の種類、吸水性などを必ずチェックしてから購入するようにしましょう。

4.垂れる胸を予防するためには、大胸筋を鍛えることも重要です

垂れる胸を予防するためには、大胸筋を鍛え、バストマッサージを行うことが大切です。

バストマッサージは、自分で行うとクーパー靭帯を傷つける可能性があるため注意しましょう。
バスト専門のサロンでマッサージの施術を受けることがおすすめです。