バストにできてしまった肉割れは、ケアすることで目立ちにくくなると期待されます


急にバストサイズが変化すると肉割れが起きやすく、もしできてしまうと以前の状態に戻すことは難しくなります。

しかし、ケアの方法によって目立ちにくくできる可能性はあるため、肉割れができてしまった場合は、ケアグッズやマッサージを受けてみましょう。

中でもオールハンド育乳マッサージはプロによる確かなケアで、セルフケアよりも積極的に肉割れのケアが行えます。

肉割れは皮膚の組織に傷がつくため治りにくくなっています

肉割れはただ皮膚が伸びて縮んだ時に残った跡、というわけではなく、実は皮膚組織の中でも真皮の部分に傷がついて残っているのです。

しかし細胞は毎日生まれ変わるので、時間が経てば傷が治ると思う方もいるでしょう。

ですが肌の中でも一番奥にある真皮層の断裂が肉割れなので、擦り傷が何もしなくても治っていくようには改善していきにくくなっています。

それから肌の表面にある表皮は弾力があるので、伸び縮みがしやすく傷も治りやすいですが、真皮は伸縮しないため何かしら傷のケアをすることがおすすめです。

またバストに肉割れができる時は、バストアップした時よりもサイズが小さくなってしまった時なので、バストアップをすることで目立ちにくくするという方法もあります。

その場合もさらに、肉割れが増えてしまわないように肌に弾力を持たせつつバストアップを目指すことをおすすめします。

早めに肉割れのセルフケアを始めることがおすすめです


肉割れのケアはクリニックでも行われていますが、医療器具などを使った施術は怖いと感じることも少なくありません。

そのような場合は、まずはセルフケアを試してみましょう。

セルフケアを始める時のポイントは、肉割れに気づいたら早めに行うことや継続して行うことが大切です。

より早く肉割れに気づくには、バストアップしたと感じた時に赤い線がありその部分にかゆみがないかチェックしてみましょう。

もし赤くなっておりかゆみがある場合肉割れができている可能性が高いので、早めに保湿をして悪化しないようにすることです。

そこで肉割れ初期のお手入れは、浸透しやすい保湿クリームをお風呂上がりに肉割れが気になる部分へ塗りましょう。

肉割れはストレッチマークや妊娠線とも言いますが、それらの専用クリームを使うこともおすすめです。

ただし保湿クリームによるセルフケアは数日で改善が期待できるものではなく、長い目で見る必要があります。

半年以上は、根気よくお手入れを続けるようにしましょう。

保湿クリームと言うとドラッグストアやスーパー・コンビニなどでも手軽に購入できますが、価格差はとても大きくその分質の差もあります。

中でも肉割れケア向けのクリームはやや高めの価格になっていますが、浸透力や成分の違いなどからも専用のケア用品を選ぶことをおすすめします。

より本格的に肉割れケアをお考えの場合はプロにお任せしましょう

バストアップしたあとでバストが小さくなってしまうと肉割れが目立ちやすくなることから、バストの下垂やサイズダウンを防ぎ改善することでバストの肉割れを目立たなくするにはプロによる育乳マッサージもおすすめの方法です。

オールハンド育乳マッサージは人の手で丁寧にお手入れしてもらえるため、肉割れが気になるバストもいたわりつつ優しい施術が受けられます。

カウンセリングが行われるので、その中でバストの肉割れについてのお悩みを相談しておくと改善を目指した方法を提案してもらえます。

しかもオールハンド育乳マッサージでは、バストのお手入れだけでなく背中・脇の下・二の腕のお肉を柔らかくして流していくため無理のないバストアップが期待できるので、自然な肉割れケアにつながります。

合わせて肩周りがほぐされたことで肩こり改善にも役立ち、動かしやすくなることでストレス解消にもつながることから、大きくなったバストの維持も期待できます。

(まとめ)バストにできた肉割れを改善するには?

1.バストにできてしまった肉割れは、ケアすることで目立ちにくくなると期待されます

バストサイズの急な変化によって肉割れを起こすことがありますが、肉割れをきれいに消してしまうことは難しいです。

ただ、ケアグッズを使って跡を薄くする方法や、プロの手でマッサージをしてもらうことで目立ちにくくなる効果が期待できます。

2.肉割れは皮膚の組織に傷がつくため治りにくくなっています

皮膚が伸びて縮んだ時にできやすい肉割れですが、一時的な物ではなく跡が残りやすい物です。

これは皮膚の奥にある真皮に傷がつくためでそのままでは改善が難しく、何かしらのお手入れをすることがおすすめです。

3.早めに肉割れのセルフケアを始めることがおすすめです

医療器具などを使う肉割れケアは怖いと思う場合も少なくないので、まずはセルフケアでバストの肉割れを改善しましょう。

そのためには肉割れケア用のクリームで保湿を続けていくことで、根気よく半年は塗り続けることがおすすめです。

4.より本格的に肉割れケアをお考えの場合はプロにお任せしましょう

育乳マッサージでバストアップし肉割れを目立ちにくくする方法もあります。

背中や脇の下、二の腕のお肉をほぐして流すという自然な方法がとられています。

まずは事前のカウンセリングで肉割れのお悩みを相談してみましょう。