ストレッチはスムーズな血流を促すため胸が垂れるのを防ぐことに期待が持てます


血流が良くなければ胸を発達、維持するための女性ホルモンや栄養分が運ばれづらくなると言われています。

スムーズな血流を促進するためにはストレッチが良いと言われているのです。

エクササイズやハードなトレーニングよりも手軽にできるので、負担も軽く運動不足解消も期待できます。

姿勢が悪い人には特におすすめです。

例えば肋間筋ストレッチや、座った状態で背中を伸ばすようなストレッチがあります。

エクササイズと組み合わせることで相乗効果が期待できますが、基本的に継続することが大切です。

ストレッチでスムーズな血流を促すことが期待できます

胸が垂れる予防をしたいなら日常的にストレッチを行うのも良いでしょう。

ストレッチが良い理由の1つに、血流を促すことがあります。

スムーズな血流は、垂れない豊かな胸を作るために重要なポイントの1つと言われています。

血行が悪くなれば、美しく豊かな胸を維持するために必要な女性ホルモンや栄養素が運ばれづらくなる場合があるからです。

また、胸が垂れる予防の1つに大胸筋などを鍛える方法が挙げられます。

しかし大胸筋を鍛えようとしても、手軽なエクササイズでもきついという人もいるでしょう。

そこでストレッチがちょうど良い対策となるのです。

ストレッチはトレーニングより負担が軽いので日常的に続けやすいと言えます。

特に姿勢が悪い人は仕事の合間にストレッチを行うことをおすすめします。

猫背になると大胸筋などもあまり使われず、血流も悪化し、胸が衰える原因の1つになると言われているのです。

このような理由から、ストレッチは胸に良いと言えます。

さらにストレッチとエクササイズやトレーニングを合わせることでより良い効果も期待できるでしょう。

気楽にできるストレッチで無理なく対策をしましょう


ストレッチでも運動不足対策となりますから実践してみましょう。

バストアップにつながるストレッチは色々あるのですが、例えば肋間筋ストレッチがおすすめです。

まず両腕を前に伸びして手を組み、息を吸いつつ頭上に上げましょう。

両手を握って頭上に上げた形のままキープします。

その時のポイントは耳の横あたりでキープすること、そして腰を反らさないこと、骨盤を立てた状態を意識することです。

息を吐きながら左へ体を傾けましょう。

この時のポイントは、左手で右手を斜めに引っ張ることへの意識です。

また、脇の下からウエストが伸びているかどうかも意識しましょう。

3回ほどゆっくり呼吸をした後、今度は中央に姿勢を戻します。

この時、息を吸いながら戻るようにするのもポイントです。

次は、息を吐きながら同じように右へ体を傾けます。

同じように3回ほど呼吸をキープしましょう。

このストレッチは仕事や家事の合間でも簡単にできるストレッチなので、負担は少ないのでやりやすいのです。

ストレッチやエクササイズは継続することが大切です

他にも、座った状態で行えるストレッチもあります。

床や椅子に座って、両手を膝の上に置きましょう。

息を吸いながら、胸やあごを天井に上げるようにし、体の前面を反り上げます。

次は、息を吐きつつお腹を丸め、へそを覗き込むようにします。

その時、体の裏である背中側が伸びるのを意識しましょう。

このストレッチは30回程度を目安にして行います。

素早くやるのではなく、丁寧に時間をかけてゆっくりと行うのがコツです。

このストレッチで胸や背中をほぐす助けになります。

日常的に猫背となっているような人におすすめのストレッチです。

血流へのアプローチだけではなく、背中や首の凝りをほぐす助けとなります。

このようなストレッチをした後、エクササイズやトレーニングをすると、相乗効果も期待できます。

ストレッチ以外の対策として、血流にアプローチしたいならバストマッサージも良いでしょう。

バストマッサージは血流だけではなくリンパの流れにも良い影響を与えることが期待できます。

ただ、ストレッチもバストマッサージも三日坊主で終わらないようにしましょう。

自分の手でやると続かないという方は、バストアップの専門サロンを利用してみてはいかがでしょうか。

自らやるよりも効率的で、自宅でできるケア方法をアドバイスしてくれるサロンもあります。

胸が垂れるのを予防する対策はありますが、どれも劇的に改善することは困難です。

継続的に行うことで徐々に結果が出ることを意識して行いましょう。

(まとめ)胸が垂れるのを防ぐにはストレッチが対策となる?

1.ストレッチはスムーズな血流を促すため胸が垂れるのを防ぐことに期待が持てます

ストレッチは運動不足やスムーズな血流対策として期待できます。

姿勢が悪い人などは、肋間筋ストレッチなどで対策をしましょう。

また、エクササイズと組み合わせることもおすすめです。

2.ストレッチでスムーズな血流を促すことが期待できます

血流が良くなければ胸に必要な女性ホルモンや栄養は運ばれづらくなります。

ただ、激しいトレーニングは難しいという人は、ストレッチなどで対策をしましょう。

姿勢が悪い人などもおすすめできます。

3.気楽にできるストレッチで無理なく対策をしましょう

気楽にできるストレッチとして、肋間筋ストレッチがあります。

仕事や家事の合間でも気楽にできますし、そこまで激しいものではありません。

筋肉が伸びていることを意識してゆっくり行いましょう。

4.ストレッチやエクササイズは継続することが大切です

座ったままのエクササイズなどもあり、背中や首の凝り解消も期待できます。

ただし、どんなに良い胸の垂れ予防対策も、1回で効果は得られません。

どんな方法も継続しなければ効果はなかなか出ないでしょう。