スポーツブラなら胸が揺れず固定できるので垂れるのを予防できるでしょう


スポーツブラは運動の激しい動きからバストを守るために作られた下着です。

これによってバストを揺れによるダメージから保護できるでしょう。

逆に普段使いのブラのまま運動をしてしまうとクーパー靭帯に負担がかかり伸びる、あるいは切れることがあるのです。

一度損傷してしまったクーパー靭帯は元に戻らないと言います。

その結果胸が垂れてしまうのです。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりすることで胸は垂れます

胸が垂れる大きな原因の1つに、クーパー靭帯が関係しています。

クーパー靭帯とは、乳腺と皮膚、筋肉をつないでいるコラーゲン繊維のことです。

このクーパー靭帯は、バストが垂れないように支える働きを持っています。

しかし、クーパー靭帯が伸びることがあります。

少々伸びるぐらいなら、戻ることもあるのですが、完全に伸びてしまうと戻らなくなると言われているのです。

また、伸びるだけではなく、切れてしまえば元に戻らず胸が垂れた状態になると言われています。

では、なぜクーパー靭帯が伸びたり切れたりするのでしょうか。

その理由として胸が激しく揺れることが挙げられるのです。

例えばスポーツをすると胸が激しく揺れます。

上下左右に激しく揺れれば、クーパー靭帯への負担が大きくなることで耐えきれなくなり伸びたまま、あるいは切れたままになってしまうのです。

そのため、スポーツをする時は胸が揺れない対策をした方が良いでしょう。

対策として、スポーツブラの着用が挙げられます。

スポーツブラにはさまざまなデザインや素材のものがあります


スポーツブラは、通常のブラジャーとは異なり、胸の揺れを防ぐことが期待できます。

ストレッチ素材で作られているものもあり、汗で濡れても乾きやすい素材で作られているものも多いです。

中には、ランニング用など特定の運動のために設計されたものも販売されています。

そのため、スポーツブラを選ぶ時には素材や用途についても考えて選ぶことが大切でしょう。

また、スポーツブラを選ぶ時は、実際に試着することをおすすめします。

試着した時に、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 腕を上げてもスポーツブラの中に胸がきちんと収まるか
  • 両手を曲げた時や、左右にひねった時など、浮いたりしないか
  • 着けていて胸が苦しくならないか
  • 屈伸しても、胸が揺れないかどうか

サイズが大きいと、摩擦によって肌が赤く腫れることもあると言われています。

逆にサイズが小さいと、胸がつぶれることになります。

仮にそのまま使い続けてしまうと、胸の形が崩れる恐れがあるのです。

スポーツブラも、普段使うブラジャーと同じで、使い続けると伸縮性や速乾性など機能が低下してくることも考えられます。

よく運動をされるという方は、複数購入しておくと長持ちして経済的でしょう。

スポーツの時以外にも胸の垂れる原因は潜んでいます

バストが垂れて形が悪くなってしまう原因はスポーツによる揺れだけではありません。

例えば、姿勢が悪いことも血行に悪影響を与えると言われています。

猫背など丸まった状態になると、大胸筋周辺の血行が悪くなると言われています。

大胸筋もクーパー靭帯とともに胸を支える部位の1つです。

バスト周りの血行が悪くなると、筋肉が衰え胸を支える力が弱まり垂れやすくなってしまうでしょう。

また、胸自体を圧迫してしまうために必要な栄養が運ばれにくくなることも考えられます。

常に姿勢を正すことで、これらは改善できると言われていますが、なかなか常に意識できないという人もいるでしょう。

姿勢矯正のためのアイテムが多く販売されているので、そういったものを利用してみてはいかがでしょうか。

胸周辺の血行対策を考えるなら、バストマッサージが良いとされています。

バストマッサージは血行やリンパの流れへのアプローチし、巡りを良くする効果があると言われているのです。

バストマッサージは自分でも行えますが、専門サロンで施術を受けることもおすすめです。

下垂したバストの形を整えるだけでなく、バストアップや背中や二の腕周りをすっきりさせることも期待できます。

(まとめ)スポーツブラで胸が垂れるのを予防できるの?

1.スポーツブラなら胸が揺れず固定できるので垂れるのを予防できるでしょう

スポーツ時はどうしても胸が激しく揺れます。

その激しい揺れが胸を支えているクーパー靭帯などにダメージを与えます。

伸びる、切れるなどがあれば、胸が垂れることにつながるのです。

スポーツブラはスポーツ時でも胸が激しく揺れることへの対策となります。

2.クーパー靭帯が伸びたり切れたりすることで胸は垂れます

胸が垂れる大きな原因の1つにクーパー靭帯があります。

クーパー靭帯は強靭ではありませんから、伸びたり切れたりすることがあります。

特にスポーツなどでは、激しく胸が揺れるので、クーパー靭帯に負担がかかりやすいと言われているのです。

3.スポーツブラにはさまざまなデザインや素材のものがあります

スポーツブラは、通常のブラジャーと違って胸の揺れを予防するのに役立つと言われています。

ただ、スポーツブラはどんなものでも良いわけではなく、素材や、つけ心地もチェックしましょう。

また、サイズも自分の胸に合ったものを選ぶのがポイントです。

4.スポーツの時以外にも胸の垂れる原因は潜んでいます

スポーツ以外にも胸を下垂させてしまう要因は隠れています。

姿勢が悪いだけでも、胸が垂れることにつながるので、普段から気をつけましょう。

より直接的にバストへ働きかけたいという人は、専門サロンのバストアップマッサージを利用しても良いです。