過剰なダイエットは脂肪が減り、乳腺も衰えるので胸が垂れることにつながります


健康的で美しい胸を保つには栄養が必要です。

断食のような過剰なダイエットをすると、どうしても栄養不足につながります。

栄養不足になると胸の発達や維持のために必要な女性ホルモンなどの材料が減ることにもつながります。

他にも胸を支えるクーパー靭帯や大胸筋の衰えにもつながってしまうのです。

そのため胸が垂れるのを防ぎたいなら断食のような過激なダイエットはやめましょう。

ダイエットによる栄養不足は胸の垂れにつながります

ダイエットは胸が垂れる原因の1つになるので注意が必要です。

胸は乳腺と脂肪で構成されています。

乳腺が発達することで脂肪が増え、胸が大きくなると言われています。

ただ、乳腺の発達には女性ホルモンや栄養分が必要不可欠です。

そこでダイエットの方法が問題になってきます。

ダイエットの方法も、運動をしたり、食事制限をしたりなど、複数あります。

食事制限の場合、過剰になればなるほど新しく取り入れられる栄養素が不足することになります。

栄養不足になれば、胸を構成する細胞が作れなくなるのは必然でしょう。

さらに、胸を支えているクーパー靭帯という組織や大胸筋を維持することも難しくなります。

また、血液に関しても栄養不足となれば作れなくなります。

血液は栄養素を胸も含め、生命維持のために体のあらゆる所に運ぶ重要なものです。

それが栄養不足によって作られなくなれば、胸が衰えることにつながります。

そのため、ダイエットで美しい胸の形や大きさを維持できなくなり、垂れることが考えられるのです。

また、ダイエットをすることで女性ホルモンの分泌に悪影響が出るのも無視できないでしょう。

女性ホルモンの乱れにも注意しましょう


胸が垂れる原因の1つに女性ホルモンも大きく関係しています。

女性ホルモンはダイエットをすることでも分泌量が減るとも言われています。

これは女性ホルモンを作るための栄養素が足りないことと、卵巣の機能が低下してしまうことが原因と考えられるのです。

女性ホルモンの分泌量が十分でなければ、乳腺自体もしぼむことにつながります。

結果として、胸全体のハリがなくなり垂れてしまうことがあるのです。

女性ホルモンの分泌の乱れは、ダイエットだけで起きるとは限りません。

睡眠不足などの不規則な生活を送ることでも、分泌量が乱れると言われているのです。

また、ストレスが過剰にかかっている時も乱れると考えられています。

ホルモンバランスの乱れはバストだけでなく体の不調にもつながるため栄養バランスの整った食事と規則正しい生活を心がけましょう。

食事に関しても、取り入れると良い栄養素があります。

女性ホルモンの働きを助ける栄養素である、大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに働きが似ていると言われています。

大豆や大豆製品の中に含まれており、食生活に取り入れることで胸が垂れることへの対策が期待できるでしょう。

大胸筋のトレーニングは胸の下垂を防ぐことに役立ちます

ダイエットをしても胸が垂れないための対策として、大胸筋を鍛えることが挙げられます。

大胸筋はバストを支える土台部分です。

大胸筋が衰えると、土台が不安定になり、胸を支えることが難しくなります。

胸の大半は脂肪なので、その重みによって垂れ下がることが考えられるのです。

また、胸が垂れる原因の1つにクーパー靭帯の衰えも挙げられるでしょう。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりすれば、つりあげる組織の力が弱まるため、胸が垂れることにもつながります。

大胸筋を鍛えることで、クーパー靭帯への負担が少なくなることに加えて、ダイエットにもつながるでしょう。

ただし大胸筋を鍛えるため運動をしすぎると脂肪が減り、サイズダウンにつながります。

そうならないよう、適度に鍛えることが重要です。

もし、脂肪が減ってボリュームが落ちてしまったという人は、専門サロンのバストアップマッサージがおすすめです。

バストアップマッサージは血行やリンパの流れを良くして、乳腺の発達を促すものです。

しかし、背中や二の腕、背中などに流れたお肉を戻すという施術も含まれています。

そうすることで、バストアップだけでなく、背中周りをすっきりさせる効果が望めるのです。

(まとめ)ダイエットは胸が垂れることにつながるって本当?

1.過剰なダイエットは脂肪が減り、乳腺も衰えるので胸が垂れることにつながります

栄養不足になると、胸を支える組織も衰えることになります。

そのため健康的な胸を維持する力も衰えてしまうのです。

また、女性ホルモンの分泌にも悪影響を与えてしまいます。

2.ダイエットによる栄養不足は胸の垂れにつながります

胸が垂れる原因の1つにダイエットがあります。

特に過剰な食事制限のような過激なダイエットは、胸を支える大胸筋やクーパー靭帯が衰えることにもつながります。

また、血液も作れなくなり栄養が運ばれにくくなることも問題と言えるでしょう。

3.女性ホルモンの乱れにも注意しましょう

ダイエットは、女性ホルモンの減少や乱れにもつながります。

この女性ホルモンの乱れはダイエットだけではなく、不規則な生活習慣からも起きると言われています。

まずは栄養バランス良い食事と規則正しい生活リズムを心がけましょう。

4.大胸筋のトレーニングは胸の下垂を防ぐことに役立ちます

大胸筋を鍛えることも胸が垂れることへの対策につながります。

大胸筋を鍛えることでクーパー靭帯への負担を少なくすることにもつながるのです。

また、バストマッサージなどで血流へのアプローチも対策の1つとして期待できるでしょう。