胸が垂れるとはバストトップが下がって正面を向いていない状態を指します


胸が垂れるとはバストトップが下がってしまい、正面を向いていない状態です。

自分の胸が今垂れてしまっているのか確かめる方法もあります。

基準とは鎖骨の中心、左右のバストトップや乳頭を結んだ三角形の形を見ることです。

この三角形が、正三角形ではなく二等辺三角形になっていると胸が垂れている可能性が考えられます。

胸が垂れているか確かめる方法があります

胸が垂れるとはどういう状態か、自分で確認することができます。

上半身の映せる鏡の前に立ち、鎖骨の中心、左右のバストトップの3点を結んで三角形をイメージしてください。

垂れていない胸は鎖骨の中心を起点にして、バストトップ、乳頭を結んだ線が正三角形になる状態と言われています。

他にも乳頭も上に向いているのが特徴です。

反対に垂れている状態というのは左右のバストトップを結んだ線の長さが、鎖骨とバストトップを結んだ線より短い状態になります。

胸が垂れていると、二等辺三角形を描くのです。

垂れていると、乳頭は徐々に下向きになることが多いです。

また、完全に下がってしまうと胸が左右に流れ、離れ乳の状態と言えます。

胸が垂れている初期状態に関して言えば、デコルテ部分のボリュームが少なくなったり、できていた谷間が消えてしまっていたりすると言います。

まずは自分のバストの状態を確かめ、胸が垂れていると感じたら、対策をきちんと始めることが大切と言えるでしょう。

クーパー靭帯に負担がかかり続けると胸が垂れることにつながります


胸が垂れてしまわないよう対策はきちんと行うことが大切です。

そのためには、胸が垂れる原因を、日常生活からしっかりと改善していくことが大切でしょう。

特に胸が垂れてしまう原因として考えられるのは、クーパー靭帯が伸びる、あるいは切れることです。

クーパー靭帯は胸にある乳腺と、胸の土台となっている大胸筋を結ぶコラーゲン繊維の束です。

クーパー靭帯は少々伸びたぐらいなら、元に戻ると考えられています。

しかし継続的に負担をかけていると、伸びたまま戻ることはなく、最悪の場合、断裂してしまうこともあるのです。

そうなると胸を支えている力が弱まり、胸が垂れてしまいます。

ではクーパー靭帯を揺れなどの衝撃から守るにはどうしたら良いのでしょうか。

それは自分のバストサイズにあった下着を着用することです。

自分の本来のサイズよりも小さいと、胸を圧迫しバストを構成する組織にダメージを与える恐れや、脂肪が他の部位に流れるなどの可能性が考えられます。

反対に大きいと、常にバストがカップから浮いている状態になるため胸が揺れやすくなりクーパー靭帯を傷つけるのです。

年齢によって体型が変化するように、バストのサイズも変わっていきます。

何年も同じサイズのブラを使い続けているという人は正確なサイズを測り直し、自分に合った下着に替えることをおすすめします。

バストアップマッサージは胸の下垂を改善に期待が持てます

バストアップや形の維持には乳腺の発達もしくは衰えさせないことが大切です。

乳腺を発達させる女性ホルモンの分泌は、不規則な生活や、ストレスなどが悪影響を受けやすいと言われています。

女性ホルモンの分泌が乱れないよう、規則正しい生活リズムを身につけ、ストレスが溜まったら発散するようにしましょう。

ただ、女性ホルモンの分泌がスムーズだとしても、胸に上手く運ばれなければあまり意味はないと言えます。

女性ホルモンや栄養素が運搬されやすくするには、スムーズな血行が必要不可欠です。

バストマッサージは血行の促進に効果的です。

ただ、力加減などが難しく、力を入れすぎるとクーパー靭帯などを傷つける恐れがあります。

バストアップの専門サロンであれば、プロによる施術を受けられるためバストを傷つけることはないでしょう。

バストアップマッサージは乳腺を促すマッサージの他にリンパの流れを促進させる効果も期待できます。

リンパの流れが良くなることで、肌のハリも保たれやすくなり下垂の予防や改善に役立つのです。

(まとめ)胸が垂れるとはどういうこと?

1.胸が垂れるとはバストトップが下がって正面を向いていない状態を指します

胸が垂れるのは鎖骨の中心やバストトップ、乳頭を結んだ線がどんな三角形かによって垂れているのか判断できます。

二等辺三角形となり、乳頭が下向きになっていると胸が垂れている可能性が高いでしょう。

2.胸が垂れているか確かめる方法があります

胸が垂れるかどうかには基準があります。

ポイントは鎖骨の中心、バストトップ、乳頭を結んだ線が三角形になることが良いと言われています。

他にも乳頭が上向きかどうかもチェックポイントの1つです。

3.クーパー靭帯に負担がかかり続けると胸が垂れることにつながります

胸が垂れるのを防ぎたいなら、日常的にクーパー靭帯への負担を避けるようにしましょう。

また、正しいサイズのブラジャーを着けることも対策につながります。

サイズのずれをなくすため、専門店などで計測してから購入しても良いです。

4.バストアップマッサージは胸の下垂を改善に期待が持てます

ストレス発散や規則正しい生活を送ることで、女性ホルモンの分泌の乱れを予防することが期待できます。

また、バストアップマッサージはサイズを大きくするだけでなく肌のハリを良くし、下垂の改善に役立つのです。