カップ付きインナーのブラトップはホールド力が弱いので胸が垂れる可能性があります


ブラトップのようなカップ付きインナーは胸が垂れることにつながると言われているのです。

カップ付きインナーとはキャミソールやタンクトップの内にブラと同じ機能がついているもののことを指します。

しめつける感覚がなく、着け心地が良いと言われています。

ただ、通常のブラジャーと違って、ホールド力が弱いと言われているのです。

ホールド力が弱いと、胸が垂れやすくなります。

着用したいなら、シーンごとに他のタイプのブラと使い分けると良いでしょう。

カップ付きインナーは楽ですが胸は垂れやすくなると言われています

胸が垂れるのが気になるなら、ブラトップといったカップ付きインナーの使用には気をつけましょう。

ブラトップのようなカップ付きインナーのメリットは、快適なことが挙げられます。

例えば通常のブラジャーとは異なり、カップのワイヤーがなく、しめつけを感じられないというのが特徴です。

サイドベルトなどもありませんから皮膚に食い込むことでかゆみが生じることがないというのも、選ばれる理由の1つでしょう。

ただし、ブラトップのようなカップ付きインナーはカップがついているものの、ブラジャーと比べるとホールド力が低いので、胸の重みを支えきれない可能性があるのです。

そのためクーパー靭帯への負担も軽減できないと考えられるでしょう。

また、カップサイズも幅が広くないこともあるため、形が崩れる要因の1つになると言われています。

こうした理由からブラトップを始めとするカップ付きインナーなどは、胸が垂れやすいとも言われているのです。

固定されないことで胸への負担が大きくなります


ブラトップのようなカップ付きインナーは、胸が垂れる対策の面で弱いことは無視できません。

基本的に長時間着用し続けることは、徐々に胸への負担が蓄積されてしまうため垂れる可能性が高まると考えられます。

この負担が蓄積されてしまうのは、クーパー靭帯です。

クーパー靭帯とは大胸筋と乳腺をつなぎ、バストを支える役割をしてくれています。

しかし、強固な組織ではないため負荷がかかり続けると伸びたままになるか断裂してしまうのです。

その結果、胸を支える力がなくなり下垂してしまいます。

ブラトップのようなカップ付きインナーはしめつけがない分、ホールド力が弱いため長時間使用することはあまりおすすめできません。

特にスポーツをする時などは、胸が激しく揺れるためクーパー靭帯への負担が大きくなりがちです。

そんな時は、ブラトップではなくスポーツブラのような胸をきちんと固定できるものに変えることが、胸が垂れることへの対策につながるでしょう

ブラトップなどのカップ付きインナーはストレスなく着用できるため愛用しているという人も少なくありません。

その点を考えるなら、ブラトップのようなカップ着きインナーは部屋着として使う、時間を区切って着けるなど限られた場面で使用すると良いでしょう。

クーパー靭帯を守るためにサイズの合った下着を着用すると良いです

通常のブラジャーでも、サイズが合っていないものだと胸が垂れる原因の1つになるので注意が必要です。

それはサイズが小さくても大きくても同じことなので気をつけましょう。

例えば大きければカップから浮いた状態になりホールド力が十分に得られないため、胸の重みや動きによりクーパー靭帯が揺れやすくなってしまうのです。

反対にブラジャーのサイズが小さい場合、胸がしめつけられることにつながります。

胸がしめつけられることでクーパー靭帯への負担が高くなることも考えられます。

他にも、圧迫によって血行の悪化につながる可能性もあります。

血の巡りが良いと、必要な栄養分が胸に運ばれやすくなるので、胸が垂れることへの予防につながります。

長い間、同じサイズの下着を使用しているという人は、サイズの変動が考えられるためまずは正確に計測する所から始めてみてはいかがでしょうか。

これは何も下着だけに限りません。

洋服なども同じく、サイズが小さすぎると血液の循環を悪くしてしまうため長時間着用して過ごすことには注意しましょう。

(まとめ)カップ付きインナーのブラトップは胸が垂れる?

1.カップ付きインナーのブラトップはホールド力が弱いので胸が垂れる可能性があります

ブラトップのようなカップ付きインナーは体への負担が軽いのが特徴です。

ただし、胸へのホールド力が弱いので、揺れやすく負担がかかると言われています。

継続的に着用するのは止めた方が良いでしょう。

2.カップ付きインナーは楽ですが胸は垂れやすくなると言われています

ブラトップのようなカップ付きインナーは快適で、しめつけ感がなくて楽というのが特徴です。

しかしホールド力が弱いので、胸の重みを支えきれない可能性があると言えるでしょう。

そのため胸の重みでクーパー靭帯に負担がかかりやすくなる恐れがあります。

3.固定されないことで胸への負担が大きくなります

ブラトップカップ付きインナーは、毎日着用するのはあまりおすすめできません。

部屋着として、あるいは時間を区切って着用すると良いでしょう。

それ以外の場面では、しっかりとホールド力のある下着を着用すると良いです。

4.クーパー靭帯を守るためにサイズの合った下着を着用すると良いです

ブラトップカップ付きインナーを着用しないだけではなく、他の対策も行った方が良いです。

例えばブラジャーでも、サイズが小さければ血行の悪化にもつながるので注意が必要です。