胸が垂れるとバストトップの位置が下がり、鎖骨の中心との距離が遠くなります


胸が垂れたかどうか判断する基準の位置に胸がある場所をチェックしましょう。

基本的に鎖骨の中心のくぼみと、左右のバストトップを線で結んだ時、正三角形になるのが理想的です。

しかし、これが二等辺三角形になると胸が垂れている可能性が高いと言えます。

鎖骨とバストトップをつなぐ線が長い場合、注意した方が良いでしょう。

また、肩から肘までの中間より、胸の位置が下にある時も下垂の目安です。

胸が垂れているかどうかはバストトップの位置でチェックできます

胸が垂れたかどうか判断するためには、バストトップの位置が重要となります。

自分では垂れていると感じていても、実際には問題がない場合もあります。

では、胸がどのような位置にあると垂れていると言えるのでしょうか。

まず、鎖骨の中心にあるくぼみと、左右のバストトップの3点をつながいだ時、正三角形になると理想の位置にあると考えられています。

詳細に確かめたいのでしたら、鏡できちんと見てみましょう。

また、メジャーで正三角形の辺が同じ長さになるかどうかで確かめる方法もあります。

もし先ほどの3点を結んだ時、二等辺三角形になるのでしたら、これは胸が垂れている可能性が高いのです。

左右のバストトップをつながいだ線より、鎖骨の中心とバストをつなぐ線の方が長い場合これに当てはまります。

他にもチェック方法があります。

肩から肘の関節にかけての長さと比べるという方法です。

まず、肩から肘までの長さを見ます。

次はバストトップの位置を確認してください。

結果、肩から肘までの長さ1/2程度の中にバストトップがあるなら胸が垂れている可能性は低いです。

しかし、肩から肘までの中間より下にあるなら、胸が垂れている可能性が考えられます。

姿勢の悪さも胸が垂れる原因となるので注意が必要です


胸の位置関係を線で結び、正三角形になっておらず、二等辺三角形だとしても、生まれつき、胸の位置が通常より下がっている人もいます。

そのため、定期的に胸の三角形が崩れていないかどうかチェックすることが大切です。

もし、測るたびに長さなど変化が生じているなら、対策を考えるようにしましょう。

例えば姿勢について注意をすることも対策の1つになります。

特にパソコンを使って仕事をしている人は、自然と、背中が丸まり猫背の姿勢となりやすいです。

猫背になると、自然に胸が張るのとは逆に押し込められたような形になります。

この姿勢だと、下向きの胸になりがちなので注意が必要です。

さらに胸を圧迫するため血行やリンパの流れも悪くなると言われています。

血行やリンパの流れが悪くなると、美しい胸を保つための栄養分や、特に女性ホルモンが十分に胸へ運ばれなくなることが考えられるでしょう。

また、ストレスや冷えなども胸の垂れにつながると言われています。

ストレスにより自律神経が悪くなることで、女性ホルモンの分泌にも悪影響を与えると言われているのです。

睡眠不足や食欲もなくなることも、同様に女性ホルモンのバランスを崩す恐れがあります。

生活のちょっとしたことから改善していきましょう。

バストアップマッサージは下垂した胸を改善させることが期待できます

日頃から、バストが垂れないようにすることも大切ですが、加齢による下垂を止められるわけではありません。

バストそのものを、若々しくするには、バストアップマッサージをすると良いでしょう。

バストアップマッサージとは、胸周辺にある血流やリンパの流れを促して、胸を整えるという方法です。

ただ、バスト周りのマッサージはやり方を間違えると胸の組織を傷つけてしまう恐れがあります。

しかし、バストアップ専門のサロンなら、プロによる施術が行われるため、バストを不用意に傷つけることはないでしょう。

また、セルフでできるものよりも、効率的でうれしい効果も期待できます。

施術の中には背中や二の腕周りのお肉を胸へと流すことが含まれています。

これによって、バストアップだけでなく、ボディラインを整えることも望めるのです。

さらにリンパの流れが良くなり、肩こりなどの悩みも解消できる可能性があります。

自分でやってみることに自信がないという人は、検討してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)胸が垂れるのとどう位置が変わるの?

1.胸が垂れるとバストトップの位置が下がり、鎖骨の中心との距離が遠くなります

胸が垂れているかどうかチェックしたいなら、その位置を確かめましょう。

鎖骨とバストトップなどを結んだ線が正三角形だと下垂していないと言えます。

もし二等辺三角形になっている場合は下垂しているというサインです。

2.胸が垂れているかどうかはバストトップの位置でチェックできます

胸が垂れたかどうかチェックするには胸の位置がポイントです。

基準として、鎖骨の中心のくぼみ、バストップなどを結んだ線が三角形になることが理想的です。

また、肩から肘を使って確認するという別の方法もあります。

3.姿勢の悪さも胸が垂れる原因となるので注意が必要です

胸が垂れないようにするためには、定期的に胸の三角形が崩れていないかチェックしましょう。

他にも普段から、正しい姿勢を心がけることが大切です。

また血行やリンパの流れにも気をつけましょう。

4.バストアップマッサージは下垂した胸を改善させることが期待できます

胸の下垂を止めるにはバストアップマッサージがおすすめです。

背中や二の腕のお肉を胸へと流すため、バストアップの他にも体型の改善にも役立ちます。

さらにリンパの老廃物を流すため、肩こりなどの身体症状の改善も期待できるのです。