加齢で胸が垂れるのは女性ホルモン分泌量の減少が考えられます


加齢によって胸が垂れるのは女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。

年齢が高くなるほど、豊かで形の良い胸を維持するために必要な女性ホルモンの分泌量が減っていくのです。

ただ、胸が垂れるのは加齢だけが関係しているわけではありません。

若くても、ストレスや不規則な生活によって女性ホルモンの分泌が乱れると、胸が垂れることにつながります。

そのため女性ホルモンの分泌が乱れないよう、規則正しい生活を心がける、スムーズな血行を維持するなどの対策をしましょう。

加齢による胸の垂れは女性ホルモンが関係しています

加齢は胸が垂れる原因の1つにつながるのです。

どうして加齢によって胸が垂れてしまうのか、その原因の1つにホルモンバランスの変化があります。

24歳から26歳頃になると、ホルモンバランスの分泌がピークになり、以降は徐々に減っていくと言われているのです。

女性ホルモンは乳腺を刺激して発達または維持されています。

乳腺が発達するとその周囲に脂肪が集まって胸が大きくなるというメカニズムが働いているのです。

しかし加齢などによって女性ホルモンが徐々に減っていくと、乳腺が衰えて胸がしぼむまたや垂れやすくなります。

ただし、加齢だけが女性ホルモンの乱れを引き起こすとは限りません。

睡眠不足などの不規則な生活を続けることも、女性ホルモンの乱れを引き起こす原因の1つと言われています。

20代半ばになると分泌量が減少するので、特に女性ホルモンについては乱さないような対策を心がけましょう。

また、女性ホルモンが正常だとしても、胸を支えるクーパー靭帯の損傷、大胸筋が衰えることも、胸が垂れる原因の1つになるので、こちらも注意が必要です。

女性ホルモンの乱れは生活習慣の見直しで改善が期待できます


女性ホルモンの乱れを整えることで、胸の垂れ予防が期待できます。

まず、不規則な生活を止めて、安定した生活リズムと睡眠時間を確保しましょう。

食事も好きなものばかり食べる、あるいは体型を気にして極端に少なくすることも良くありません。

栄養が偏ることや不足することは、新しい細胞や女性ホルモンを作ることに悪影響を与える可能性があるからです。

バストのことを考えるなら大豆を積極的に摂取しても良いでしょう。

大豆には「大豆イソフラボン」が含まれており、女性ホルモンの働きを助けてくれると言います。

ただし、大豆イソフラボンが含まれた食品を食べ続けるのではなく、栄養バランスを心がけた食生活をしましょう。

また、ストレスの要因を避けることも大切な対策となります。

ただ、仕事や家庭のことについては、簡単に避けるのは難しいです。

その場合、ストレスがかかっても発散するような対策をしましょう。

ストレス発散として、運動も良いですが胸が垂れるのを防ぐには、注意が必要です。

運動などでは、スポーツブラなど、胸が揺れることへの対策ができるブラジャーを着用することが大切です。

胸が固定されなければ激しく揺れてクーパー靭帯を傷つける原因の1つになるからです。

クーパー靭帯は一度傷つくと元に戻らず、そのまま胸を下垂させてしまいます。

血行などへのアプローチで胸へ女性ホルモンが運ばれやすくなるでしょう

血流からバストアップや形の位置などにアプローチしてみましょう。

全身の循環が停滞すると、胸を発達させる女性ホルモンや栄養素が必要な場所へ運ばれにくくなることが考えられるのです。

血流へのアプローチをするなら、冷え性につながるのを食べすぎないように気をつけることも大切です。

また、体を温めるしょうがやネギなどの食品の摂取も良いと言われています。

リンパなども、老廃物を流さなければ胸に悪影響を与えると言われているのです。

悪影響として、バストの肌からハリが失われる、バスト自体が硬くなってしまうなどが挙げられます。

これらの体の循環を良くするためにバストマッサージが効果的なのです。

バストマッサージは自分でも行うことができますが、ただ、上手に行わないとクーパー靭帯や大胸筋にダメージを与える可能性もあるので注意しましょう。

バストアップ専門のサロンもあり、プロによる施術を受けることができます。

また血行やリンパの流れだけではなく、脇や二の腕に流れた脂肪を胸の方へ流すことで、サイズアップも期待できるのです。

形を整える助けにもなるので、プロの施術を受けてはいかがでしょうか。

(まとめ)加齢で胸が垂れるのはどうして?

1.加齢で胸が垂れるのは女性ホルモン分泌量の減少が考えられます

加齢によって胸が垂れやすくなるのは女性ホルモンの分泌が関係すると言われています。

また、不規則な生活など女性ホルモンが乱れることをすれば、年齢に関係なく、胸が垂れ始めることもあります。

2.加齢による胸の垂れは女性ホルモンが関係しています

加齢によって女性ホルモンの分泌量が減ると、胸も大きさや形を維持するのが難しくなります。

また年齢や女性ホルモンにも関係がない原因もあるので注意しましょう。

規則正しい生活や大胸筋を鍛えることが対策の1つになるのです。

3.女性ホルモンの乱れは生活習慣の見直しで改善が期待できます

不規則な生活などを止めて女性ホルモンの乱れ対策をするだけではなく、ストレス対策や、スポーツ時はスポーツブラを着用するなどの対策が必要です。

また、女性ホルモンに働きが似た大豆イソフラボンの摂取もおすすめです。

4.血行などへのアプローチで胸へ女性ホルモンが運ばれやすくなるでしょう

血流が悪ければ、胸に必要な栄養素や女性ホルモンが届きづらくなります。

冷え性対策をし、バストマッサージなどをして、スムーズな血流を維持しましょう。

また、リンパの流れを停滞させないことも対策の1つになります。