胸が垂れる変化を判断する基準となるのはバストの黄金比です


一般的に、胸が垂れているかどうかの基準はバストの黄金比で判断するのが分かりやすいと言われています。

垂れ乳の判断基準となる弾力性や柔軟性、年齢といった目安は生活環境や体質などにより個人差があることが考えられるため、なかなか判断しづらいからです。

この黄金比率はバストアップする上での指標にもなると言われています。

いつまでもハリ感のある美しい胸を維持するためにも、普段から黄金比を意識して胸が垂れるのを予防するように心がけましょう。

垂れ乳の判断基準は黄金比率が目安になります

通常、胸の垂れ始めには、乳房が柔らかくなる、乳頭が下向きになる、あるいは、デコルテ部分がそげるといった変化が現れると言われています。

このような変化は徐々に現れるため、自分では判断するのが難しいでしょう。

そこで、胸が垂れ始めているかどうかの確認はバストの黄金比率に当てはめてみるのが分かりやすいです。

まず、バストの黄金比率には3つのポイントがあります。

デコルテの中心と左右のバストトップを結んだ線が正三角形を描いているかどうかという点は、バストの黄金比率において重要なポイントです。

なお、結んだ線が正三角形をなしておらず、三角形が縦に伸びている場合、胸が垂れている状態にあることが考えられます。

この他にも、バストトップが肩から肘の中間に位置しているかどうかという点や、左右のバストトップの延長線上に顔のサイドがくるかどうかという点でも胸の垂れ始めを判断することが可能です。

胸の組織には性質上、下垂などの変化が現れ始めると以前のような状態に戻すのが難しいという問題があるため、胸の形が変化する前に予防することが大切なのです。

だからこそ、普段から胸の状態を確認し、適切なバストケアで垂れないように予防することが大切です。

胸が垂れるのを防ぐために適切なブラジャーを身に着けましょう


胸が垂れる要因の1つに適切なブラジャーを身につける習慣が定着していないことが挙げられるのをご存知でしょうか。

基本的に女性の身体は成熟期を迎える20代後半以降から徐々に皮下脂肪が沈着しやすくなることでたるみやすくなる傾向にあります。

このような変化は胸においても下垂という形で現れるのです。

しかし、普段から適切なブラジャーを身につける習慣が定着している女性は、このような胸の変化が現れにくいと言われています。

適切なブラジャーとは、体型に合っているだけでなく、加齢とともに変化する胸の変化に対応したブラジャーのことを指します。

さらに、運動する際はスポーツブラを、就寝時にはナイトブラを着用するなどして、TPOに即した適切なブラジャーを身につけることも大切です。

胸の形は微妙なバランスの上で成り立っています。

だからこそ、あらゆる刺激から守り、形を維持する習慣を付けることが大切なのです。

適切なバストケアで胸が垂れるのを予防しましょう

胸の組織はとてもデリケートなため、日常の些細な刺激でも負担になり、垂れる原因になりえると言われています。

さらに、胸を支える上で重要な役割を担うクーパー靭帯は一旦ダメージを受けると修復することができない性質を持つため、ダメージが蓄積されないように守る必要があるのです。

普段から胸の皮膚に弾力性や柔軟性を与え、胸を支える筋肉の凝りをほぐすなどのバストケアを行うことで、クーパー靭帯に与えられる負担が軽減される見込みがあります。

例えば、バストマッサージであれば、胸に弾力性や柔軟性を与えながら、ハリ感のある胸を育めるのに効果的です。

しかも、乳腺を刺激するマッサージでは、乳腺の発達を促しながら、胸の発育には欠かせない女性ホルモンの分泌も促すことが望めます。

つまり、マッサージには胸の組織をダメージから守りながら、ハリ感のある美しい胸を育む効果も期待できると言うわけです。

ただ、バストマッサージはやり方を誤ると逆効果になる恐れがあります。

安全で効果的なマッサージを望むのであれば、プロによる施術も1つの方法です。

(まとめ)胸が垂れる変化を判断する基準とは?

1.胸が垂れる変化を判断する基準となるのはバストの黄金比です

胸が垂れる基準となる弾力性や柔軟性、年齢などは個人差があるため、判断するのが難しいです。

そこで、胸が垂れているかどうかの判断は、バストの黄金比率を満たしているかどうかで判断するのが分かりやすいと言われています。

2.垂れ乳の判断基準は黄金比率が目安になります

胸の垂れ始めのサインは徐々に現れるため、見極めるのが難しいと言います。

そのため、胸の状態はバストの黄金比率に当てはめてチェックすると分かりやすいです。

胸の下垂は改善が難しいため、普段から胸の状態を確認し予防することが大切です。

3.胸が垂れるのを防ぐために適切なブラジャーを身に着けましょう

胸が垂れるのを予防し、ハリ感のある胸を維持するためには適切なブラジャーを身につけることが大切です。

適切なブラジャーとは体型に合ったものという意味だけでなく、運動する際や就寝時などTPOに即したブラジャーを身につけることも指します。

4.適切なバストケアで胸が垂れるのを予防しましょう

適切なバストケアを施すとで、胸の組織を刺激から守る効果が期待できます。

バストマッサージであれば胸の発達を促しながら、胸の組織に柔軟性や弾力性を与えるのに効果的だと言われており、ハリ感のある胸を守るだけでなく育む効果も望めるのです。