肩こりで胸が垂れるのは背中の凝り固まった筋肉が胸を支える筋肉に悪い影響を及ぼすからです


肩こりによって胸が垂れるのは、背中の筋肉が凝り固まってしまうことによる影響だと言われています。

なぜなら、肩こりの原因になる背中の筋肉は胸を支える大胸筋をはじめとする胸筋とつながっているからです。

さらに、背中の筋肉の凝りは血流やリンパの流れを妨げる可能性が高いため、胸の成長も妨げる恐れがあります。

つまり、ハリ感のある胸を維持する上で、肩こりは解消しておくことが大切だと言えるのです。

肩こりが胸に及ぼす影響についてみてみましょう

胸を支える筋肉と肩こりの原因となる背中の筋肉とは相反する動きをする対をなす筋肉のため、肩こりにより背中の筋肉が凝り固まると胸筋にも悪い影響が及ぶ恐れがあります。

ここで、肩こりの原因になると言われる僧帽筋を例にとってみてみましょう。

僧帽筋は首から肩甲骨の上部まで広がる大きな筋肉で、肩や腕の動きに関係しており、日常生活でもよく使う筋肉です。

そのため、普段の姿勢や何気なく行っている動作でも凝りが生じる恐れがあります。

僧帽筋が凝り固まると、僧帽筋の拮抗筋である小胸筋や前鋸筋も影響を受ける可能性が高まるのです。

胸を支える小胸筋は胸の成長に必要な女性ホルモンや栄養を胸に届ける大切な役割を担っているため、小胸筋が萎縮すると胸の成長が妨げられやすくなります。

さらに、前鋸筋の萎縮は猫背の姿勢を作ると言いわれています。

猫背のような前かがみの姿勢は大胸筋をはじめとする胸筋を衰退させるだけでなく、胸の成長までも阻害する恐れが大きいため、胸が垂れる要因の1つになるのです。

このことから分かるように、肩こりが胸に及ぼす影響は大きいことが考えられます。

生活の中には肩こりになりやすい要因があふれています


実は、肩こりの原因となる背中の筋肉の凝りをほぐすことは、胸筋にも良いと言われています。

例えば、僧帽筋をはじめとする肩甲骨周辺の筋肉をほぐす効果のある運動には、胸の発育に欠かせない血流れやリンパの流れを促す効果が期待できるのです。

正しい姿勢を意識して定着させることでも、ある程度筋肉の凝りを解消できる上、胸が垂れるのを予防できる見込みがあります。

このように、筋肉の凝りを解消できる方法には取り入れやすい手軽な方法がさまざまあります。

ただ、現代人を取り巻く環境には、ストレスや不規則な生活習慣、パソコンやスマートフォンの定着など肩こりの原因になりえる要因があふれているのが現状です。

だからこそ、普段から筋肉の凝りをほぐすことを意識付けることが大切なのです。

自分のやりやすい方法で構いませんので、筋肉をほぐす習慣を付けるように心がけましょう。

マッサージでハリ感のある胸を育みましょう

マッサージには、さまざまな効果が期待できると言われています。

胸や胸周辺のマッサージで大胸筋をはじめとする胸筋の凝りをほぐすことができれば、対となる背中の筋肉の凝りも解消できると考えられるのです。

さらに肩こりを軽減しながらハリ感のある胸を育める可能性があります。

他にも血流やリンパの流れを促すマッサージで肩こりにより滞りがちだった循環機能を高めることにも効果が期待できるのです。

このマッサージは、胸が垂れ始めている場合にも効果が期待できると言われています。

マッサージは胸が垂れる要因を取り除くだけでなく、胸の組織に弾力性や柔軟性を与え、ハリ感のある胸へと促せる可能性があるのです。

ただ、マッサージはやり方を間違えると、逆効果になる恐れが大きいと言われています。

胸の組織はデリケートな性質を持ち、ハリ感のある胸の形も、胸筋や胸の皮膚、乳房内の組織の構造などさまざまな要素があることで成り立っているのです。

そのため、バストマッサージはプロの施術を受けるなどして、適切な方法で行う必要があります。

(まとめ)肩こりで胸が垂れる原因とは?

1.肩こりで胸が垂れるのは背中の凝り固まった筋肉が胸を支える筋肉に悪い影響を及ぼすからです

背中の筋肉が肩こりで萎縮することも胸が垂れる要因の1つとして考えられます。

しかも、背中の筋肉の凝りは血行やリンパの流れを阻害する恐れがあることから、胸の成長までも阻害しかねません。

ハリ感のある胸を育むためには肩こりを解消する必要があります。

2.肩こりが胸に及ぼす影響についてみてみましょう

肩こりの原因となる背中の筋肉の凝りは、胸を支える筋肉の動きも悪くする恐れが大きいため、胸が垂れる要因になりえます。

なぜなら、背中の筋肉が萎縮することで、胸を成長させるなど大切な役割を担っている筋肉の働きが衰える可能性が高いからです。

3.生活の中には肩こりになりやすい要因があふれています

肩こりは背中の筋肉の凝りに効果的な運動など、簡単な方法で解消できる見込みがあります。

肩こりとなる要因があふれている現代において胸の下垂を予防するには、普段から肩こりに着目し、筋肉の凝りを解消できる習慣を付けることが大切です。

4.マッサージでハリ感のある胸を育みましょう

胸や胸周辺のマッサージには、胸が垂れる要因になりえる胸筋の凝りなどを解消しながら、ハリ感のある胸を育む効果が期待できます。

ただ、胸の組織はデリケートで微妙なバランスの上で成り立っているため、マッサージする際は適切な方法で行う必要があります。