胸が垂れるのは授乳期から乳腺が元に戻りクーパー靭帯が伸びたままになるからです


妊娠している時は女性ホルモンが活発化しているので、胸が大きくなるのです。

この時クーパー靭帯や皮膚も伸びると言われています。

そして授乳を開始するとバストの大きさが元に戻り始めるのです。

これは個人差があるのですが、女性ホルモンも徐々に減少していくので胸が小さくなっていくと考えられています。

ただ、授乳期が終わってもクーパー靭帯や皮膚が戻ることはありません。

このようなメカニズムがあるため、バストは授乳期を経ると下垂してしまうのです。

胸が発達しクーパー靭帯が伸びることで胸が垂れます

出産後、授乳期に入ると、胸が垂れはじめことが多いと言われています。

個人差はありますが、そこには理由があるのです。

まず妊娠をすれば女性ホルモンのバランスが変化すると言われています。

女性ホルモンの分泌が活発化すると乳腺の発達につながります。

授乳期も女性ホルモンは分泌されているのですが、乳腺は徐々にこの頃から元の大きさに戻ろうとすると言われています。

バストサイズの変化に合わせて同時にクーパー靭帯も伸びるのです。

クーパー靭帯は胸を支えている組織です。

このクーパー靭帯がなければ胸の重みを支えることは難しくなります。

しかしクーパー靭帯は強固なものではありません。

妊娠から出産にかけ、急激にバストサイズが変動するため靭帯が伸びてしまうのです。

クーパー靭帯は元に戻らない性質のため、胸が垂れてしまうことが考えられます。

また、クーパー靭帯だけではなく皮膚も伸びると考えられているのです。

この、皮膚の伸びについても、胸が垂れる原因の1つと言われています。

そのような理由があるため、卒乳したとしてもクーパー靭帯は元に戻らず、バストは垂れてしまうことになるのです。

授乳中は負担がかからないよう無理な対策は控えましょう


授乳を行う時、胸を垂れさせない方法は限られています。

なにより母体へ負担がかかるような対策は止めた方が良いでしょう。

出産は大きなエネルギーを消費するため、出産してから授乳期に入ったとしても体力が完全に回復しているとは言えません。

その状態で無理な対策を行うと、思わぬトラブルにつながることも考えられるのです。

ただ、その中でも、安全に胸の垂れ予防につながる対策はあります。

授乳を行う時、一方の胸ばかりで行わないことです。

つい出やすい方ばかり、あるいは挙げやすい方で授乳を行う人もいます。

しかし授乳をよく行っている方の乳腺が刺激され、大きくなりやすいと言われています。

一方、母乳を出さない方は小さくなってしまうのです。

結果、授乳が終わった後、胸の大きさや形のバランスが崩れてしまうことにつながるのです。

もちろん大きい方は、授乳後、胸が垂れやすくなるでしょう。

そのため、授乳をする時、胸の形を左右で違う状態にしたくないならどちらともバランス良く授乳をした方が対策の1つになると言われているのです。

授乳期に合わせた適正サイズの専用ブラジャーを着用しましょう

授乳中に胸が垂れるのを防ぎたいなら、授乳中に合わせた専用のブラジャーをサイズに注意しながら着用することが、対策の1つになるでしょう。

授乳期に合わせた専用のノンワイヤーのブラなどもあります。

このようなタイプは着心地が楽なのですが、胸を支える力が弱いと言われています。

そのため胸を持ち上げたり支えたりするのが難しいため、クーパー靭帯への負担も大きくなることが考えられるのです。

ただ、ワイヤーがあるブラジャーも体に食い込んで痛みがあるケースもあります。

その場合、サイズ選びを失敗している可能性が考えられるでしょう。

しめつけすぎず、しっかりとホールド力のあるマタニティ専用の下着を選ぶと良いです。

他にも授乳期にエクササイズなどは控えた方が良いです。

大胸筋を鍛えることは、胸が垂れるのを防ぐと言われています。

しかしどんなに良い対策でも時と場合を考えなければなりません。

体が安定していない状態ではやはりトラブルにつながるからです。

また、一般的にバストマッサージも胸を垂れさせないための対策として良いと言われています。

もし行いたいのでしたら授乳期が終わってから行うようにしてください。

(まとめ)授乳期間中に胸が垂れる原因って何?

1.胸が垂れるのは授乳期から乳腺が元に戻りクーパー靭帯が伸びたままになるからです

妊娠中は、女性ホルモンが活発化して胸も大きくなります。

ただ、授乳期に入り、終わり頃になると徐々に胸が小さくなります。

その時、胸の大きさに合わせて伸びたクーパー靭帯は戻らないので、胸が垂れてしまうのです。

2.胸が発達しクーパー靭帯が伸びることで胸が垂れます

授乳期から発達していた乳腺が元に戻り始めると言われています。

妊娠中は胸が大きくなるため、同時にクーパー靭帯も伸びています。

胸が妊娠前と同じ大きさに戻ってもクーパー靭帯は伸びたままなので胸が垂れるのです。

3.授乳中は負担がかからないよう無理な対策は控えましょう

授乳中は胸が垂れると言っても、無理な対策は控えた方が良いでしょう。

それは、出産で大きなエネルギーを使っているからです。

できる対策としては、一方の胸ばかりで授乳しないことです。

4.授乳期に合わせた適正サイズの専用ブラジャーを着用しましょう

授乳期に合わせた専用ブラジャーを着用するのも対策の1つです。

胸の変化に合わせたサイズのブラジャーを着用が良いでしょう。

またバストマッサージもトラブルを避けるため授乳期が終わってから行うことをおすすめします。