出産後は女性ホルモンが減りクーパー靭帯が伸びたままになるため胸が垂れるのです


女性ホルモンの影響により妊娠中は乳腺が発達して胸が大きくなります。

そして出産後は、授乳期を経て徐々に胸の大きさが元に戻り始めます。

このようにバストサイズが大きく変わることでクーパー靭帯や皮膚が伸びることがあるのです。

しかし、クーパー靭帯は一度伸び切れば元に戻ることはありません。

また胸が垂れるのを嫌がり、出産直後すぐに大胸筋を鍛えるなどのトレーニングをすると、トラブルにつながる可能性があります。

卒乳して落ち着いた後であればバストマッサージによるケアも期待できます。

胸が垂れるのは女性ホルモンの分泌が大きく影響しています

出産して胸が垂れる原因の1つに、女性ホルモン分泌による胸の大きさの変化があります。

妊娠をすると女性の体は女性ホルモンの影響を受けて出産のための体つきに変わります。

赤ちゃんを育てるための変化の1つとして女性ホルモンの影響で乳腺が発達するのです。

出産後も女性ホルモンの分泌は活発化しており、その影響で乳腺も発達して、胸が大きくなっていきます。

しかし、授乳期が終わりに近づくと女性ホルモンの分泌が減り、徐々に胸が小さくなっていきます。

やがて妊娠前の大きさに戻るという流れなのです。

胸の大きさが元に戻ったとしても、妊娠前と大きく変化していることが多いです。

クーパー靭帯という、胸を支える組織があります。

授乳期まで胸が大きくなるのですが、同時にクーパー靭帯も伸びてしまうのです。

伸び切ったクーパー靭帯は出産を経て授乳期が終わっても戻ることはありません。

また、皮膚についても断裂が起きていることも多いです。

加えて脂肪も減るので、胸が垂れることにつながるのです。

出産後は無理な対策は控えた方が良いです


胸を支えるクーパー靭帯は一度伸びると元に戻らない性質があります。

また、伸びるだけではなく、切れてしまっても修復はされません。

胸が垂れてしまうのを予防したいなら大胸筋などを鍛える方法は期待できます。

ただ、出産後、ハードトレーニングを行うのは止めた方が良いでしょう。

しかし出産後の体は変化している最中でデリケートなため、思わぬトラブルにつながる恐れがあります。

授乳期にもできる対策として、ブラジャー選びがあります。

妊娠前と出産後は胸の大きさも大きく変わるので、その時のサイズに合ったブラジャーなどを着用するのが良いでしょう。

また、出産後は皮膚からハリが失われていることが多いのも注意が必要です。

家にいる時、ブラジャーを着用しない人もいるかもしれません。

しかしブラジャーをしなければ、胸の重みに耐えられず余計にクーパー靭帯への負担が大きくなる可能性もあります。

そのため、出産後もバストを守るブラジャーを着用することを意識しましょう。

卒乳後ならバストマッサージなどの対策をしても良いでしょう

卒乳後で体の落ち着いた状態なら、トレーニングやバストマッサージをしても大丈夫です。

特にバストマッサージは垂れた胸を整える効果が期待できます。

バストマッサージのメリットは、血流やリンパの流れへのサポートができる所です。

胸の形を美しく維持したいなら、血流やリンパの流れがスムーズであることが好ましいと言われています。

それは血流が栄養分などを身体中へ送り届けやすくする働きを持っているからです。

もちろん胸へも栄養が運ばれやすくなるでしょう。

加えてリンパも流れが良くなれば、ハリのあるバストを取り戻せると言います。

そのためバストマッサージは有効な対策の1つとして期待できるのです。

バストマッサージを行うタイミングは、入浴中やお風呂上がりなど、血流がスムーズな時が良いと言われています。

しかし、出産したばかりなら育児に追われて自分1人では十分なマッサージができない場合もあるでしょう。

そんな時は、バストマッサージの専門サロンがおすすめです。

先ほど挙げた血行やリンパの流れへのアプローチだけでなく背中や脇に流れている脂肪を胸の方へ流す施術も含まれています。

これによってボディラインをすっきりさせることが期待できるのです。

(まとめ)出産後に胸が垂れるのはどうして?

1.出産後は女性ホルモンが減りクーパー靭帯が伸びたままになるため胸が垂れるのです

女性ホルモンの分泌が減ることで胸が小さくなります。

クーパー靭帯なども伸びているので、胸が垂れてしまうのです。

卒乳後のケアとして、バストマッサージなどを行っても良いでしょう。

2.胸が垂れるのは女性ホルモンの分泌が大きく影響しています

出産前には女性ホルモンの分泌も活発化していますが、授乳期も含めて徐々に減少していきます。

それに連れて胸も小さくなっていきますが、胸を支えているクーパー靭帯は伸びたままになっていることが多いです。

これが胸の垂れにつながります。

3.出産後は無理な対策は控えた方が良いです

出産後、トレーニングなどで胸の垂れを防ぐような対策は控えた方が良いでしょう。

体が安定していない時期に、大胸筋などを鍛えるトレーニングをすると思わぬトラブルにつながる恐れがあるからです。

対策として出産後に合わせたブラジャーを着用しましょう。

4.卒乳後ならバストマッサージなどの対策をしても良いでしょう

卒乳してから安定した時期にケアをはじめるのもおすすめです。

胸の形を維持したいなら血流やリンパからのアプローチも良いでしょう。

栄養分を十分に運ばれやすくするために必要な対策です。

そのためにはバストアップマッサージが良いと言われています。